投資信託あれこれ, 指数のお話

投資信託っぽくない投資信託が続々登場中なので要注意!(マーケット高騰時にしばしば起きる現象です)

2024年4月1日

 

こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

まずは、
清く正しい「論争」を思い出してみましょう。

 

『S&P500』それとも『オルカン』
あなたはどっちを選ぶ?

 

 

米国株式のみか、
世界株式かという違いはありますが、

 

広範に分散を施すインデックスファンドを比較し、
ディスカッションすること自体、
わたしは意味のある「論争」だと感じます。

 

「いかにも投資信託らしい」議題なのです。

 

 

 

 

 

(ところで)話題は変わりますが、
マーケットは相変わらず好調です。

 

今の株式市場がバブル的傾向にあるのか否かは、
わたし個人には分かりません。

 

ただ、それを占う『指標』はいくつかあります。

 

 

例えば、
投資信託を製造するメーカー(運用会社)が、どんなファンドを設定しているかという傾向を見ることです。

 

ファンド価格が上昇を続け、
あなたの投資成績が良いほうにどんどん塗り替えられると、

 

歴史上、射幸心を煽るような「投資信託」が続々登場してきました。

 

 

つまり?

黄色信号の点滅です。

 

 

 

 

 

大和アセットマネジメントが先月、
「一歩先いくUSテック・トップ20インデックス」を設定しました。

 

当該ファンドは
FactSet US Tech Top 20指数との連動を目指します。
(実際はグローバルXのETFに投資を行っています)

 

FactSet US Tech Top 20指数とは?

FactSet Research Systems Inc.が開発した、
米国を代表するテクノロジー関連上場企業20社で構成される時価総額加重平均型の株価指数です。

 

 

同指数は
半導体、eコマース、クラウドなど5つのサブテーマに分かれ、「一サブテーマ」あたりの比率に25%までという上限を設定しています。

 

ただ、組入れ企業は「20社」のみです。
(テック関連の『セクターファンド』であることに変わりはありません。)

 

 

 

 

 

もっと大胆なのが、
同じ大和アセットマネジメントが運用を行う
「iFreeNEXT FANG+インデックス」

 

当該ファンドは2018年から運用を開始し、
すでに丸6年が経過しています。

しかし、
米国の代表的テック企業「10社」のみの組入れ。

 

 

 

画像元:大和アセットマネジメント

 

もう、
「これくらいかな」と思っていたのですが・・・。

 

 

 

「米国大型テクノロジー株式ファンド」が
3月22日に設定されました。

 

 

当該ファンドは
三井住友トラスト・アセットマネジメントによる運用です。

「マグニフィセント・セブン」と呼ばれる
米国の巨大テック企業「7社」のみに投資を行います。

 

 

これって投資信託?

 

 

わたしはNOだと思います。

 

すでに、
広範に分散を施すファンドではなくなっていますから。

 

 

ギャンブルは投資信託じゃない。
投資信託はギャンブルじゃない。
それは何故?

 

 

深い銘柄の分散、業種の分散を実践して、枕を高くして眠ることを可能にした道具こそが「投資信託」であるためです。

 

 

TOP20も、
FANG+も、
マグニフィセント・セブンも、

 

射幸心を煽って、
「こちらのほうがもっと凄い成績ですよ」と宣伝して、そこそこ高い運用管理費用も徴収しています。

(保有する銘柄数は少ないのに!)

 

 

私見ながら、
このようなファンド群は
投資信託という道具の『特性』をもはや逸脱しているのでは?

 

 

 

 

 

人間は惑わされる生き物です。

 

好調過ぎる市場に長く居ると、

知らず知らずのうちに、
地面から70センチ位浮いてふわふわ歩いているように錯覚します。

 

上昇相場に惑わされ、
知らず知らずのうちに
次の『リスクステージ』に移行してしまいがちなのです。

 

 

 

 

S&P500か、FANG+かの議論は、

S&P500(組入れ500社)か、オルカン(組入れ約2800社)かの議論とは明らかに異なります。

 

 

 

 

以下記事をご覧いただければ、

S&P500指数が、
ルールを重んじる、保守的かつ包括的な「株価指数」であることがご理解いただけるはずです。

いわんやMSCI ACWI指数においてをや。

 

S&P500の銘柄組み入れは(意外と?)厳格に管理されています

 

カテゴリ:投資信託あれこれ, 指数のお話

おすすめの記事