カウンセリング

相談事例トップ7


相談事例1位

今保有している投資信託、保険商品、個別株(自社株)などを整理して、シンプルな 「運用のしくみ」を作りたい。

解決のポイントはズバリ「お引っ越し」の計画作り。
「今保有している金融商品群」から「これから保有すべきインデックスファンド」への、具体的な「お引っ越しのプラン」を策定します。

相談事例2位

老後に備えて資産運用を始めたいが、どの投資信託を選べばよいか分からない。

投資信託は長期投資のパートナー。したがって「長く存続してくれること」が何より重要です。過去の成績、純資産額の推移など、さまざまな観点から投資信託の「良し悪し」を判断する必要があります。
「マネー全身診断」ののち、資産の配分(ポートフォリオ)を決定し、毎月ベース、まとまった金額からの投資額を定めます(当クリニックは、まとまったお金についても「つみたて投資」をお勧めしています)

相談事例3位

iDeCo、つみたてNISA、確定拠出年金(企業型)の特徴を理解して、自分の投資にうまく取り入れたい。

税制優遇口座を活用し「節税」に努めることは、運用リターンの底上げにつながります。ただし、制度の注意点も十分理解しておく必要があるでしょう。通常の口座(特定口座)と合わせた、複数の窓口の賢い活用法をアドバイスいたします。

相談事例4位

深く考えず投資信託を買い続け、気付けばファンドが10本以上になっている。自分の運用をもっとシンプルにしたい。

リスクの分散は、ファンドの本数で決まるわけではありません。
投資対象の「重なり」がないかをチェックし、資産の分散、国・地域の分散(通貨の分散)を精査します。
自分でファンドを組み合わせるか(DIY型)、バランスファンドを選択するか(おまかせ型)のヒアリングを実施し、投資信託の具体的な「お引っ越しプラン」を策定します。

相談事例5位

よりコストの安い投資信託に上手に移したい!

2017年頃からインデックスファンドの「超低コスト化」が始まっています。つみたて先のファンドを乗り換え、コスト負担を軽減させる具体策をアドバイスいたします。

相談事例6位

外貨建て保険や、個人年金、終身保険、変額保険、変額年金の取り扱いに苦慮している。投資信託のほうが低コストという意見もあるが、どうなのか?

お金を増やすニーズは投資信託に任せ、万一の保障のニーズは保険に任せる。この「分業体制」を確立すれば、ムダな買い物は省かれ、かつコストも削減できます。
自動車保険を思い出してみてください。「保険」に貯蓄や投資の役割を求めるのはそもそも得策ではないのです。

相談事例7位

相続があり、自分ではよく分からない株式、投資信託、不動産等を引き継いだ。このままでよいものか、客観的なアドバイスが欲しい。

相続財産はそのまま放置されると、過剰で偏ったリスクを背負い続けることになります。
自身のリスク許容度、望まれる運用スタイルを明らかにし、「資産のお引っ越し」を行うことが肝要です。すなわち、「今保有する金融商品群」から、「あなたのニーズに合致した投資信託」へのお引っ越しです。

その他、よくある相談

ケース1

インデックスファンドとETFの違い、それぞれのメリット、デメリットについて教えてほしい

ETFは手動で管理する派、インデックスファンドはしくみを利用する派のイメージです。運用上のそれぞれの相違点を、痒いところに手が届くよう説明いたします。

ケース2

株式、投資信託、不動産など「資産運用全般」について、明確なセカンドオピニオンを求む!
銀行、保険、証券会社、FP、金融仲介業者(IFA)、不動産業者などから具体的な投資の提案を受けているが、今ひとつ納得できない。違った角度から客観的な意見が聞きたい。

金融商品を販売する目的がない当クリニックが、第三者の立場から現状の「問題点」について、簡潔にご説明いたします。

ケース3

自分の資産配分(ポートフォリオ)が合っているか自信がない。

自身がどのような価格変動の「波」と付き合うのか。それが資産配分を決めるポイントです。
併せて自分でファンドを組み合わせる(DIY型)、バランスファンドを選択(おまかせ型)のヒアリングも実施します。

ケース4

パートナーに資産運用に興味を持ってもらいたい。そのきっかけ作りについて教えて欲しい。

最初の一歩は、iDeCo(個人型確定拠出年金)を通じて「節税メリット」を説くことでしょう。焦らず、過去の運用実績を継続的に開示することも重要です。

ケース5

まとまった資金で投資信託を購入する際に、もっとも効率的な方法を教えて欲しい。

当クリニックでは、期間を区切って、多めの金額を積み立てる「拡大つみたて」をお勧めしています。リスク許容度のヒアリングを行い、具体的なつみたて計画を決定いたします。

ケース6

間もなく定年(リタイア)です。保有する投資信託を「いつ、どのように」解約していけばよいのか?具体的な方法を教えてほしい。

まずは貯蓄と投資の「割合」をチェックします。
各投資信託の比率を維持しながら、規則的に部分解約するのが基本です。
また、バランスファンドに組み換えることも考慮しましょう。

カウンセリングのご予約

90分のカウンセリングで
夜ぐっすり眠れる資産運用を実現します。

お問い合わせ

ご不明な点がありましたら、
お気軽にお問い合わせください。