つみたてNISA

素晴らしい『シン・NISA制度』! でも抑えておくべき3つの『注意点』とは?

2022年12月18日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

 

シン・NISA口座の注意点・・ その1)
年間投資枠が360万円あるからといって、頑張り過ぎない!

 

 

『シン・NISA制度』が本決まりとなり、
ツイッターなどではさまざまな反応が出てきています。

 

 

iDeCoの掛金拠出は止めて、
その分を『シン・NISA制度』にすべて回す!

 

これはちょっと極端ですね。

 

 

 

 

そもそも、iDeCoとNISAでは『キャラ立ち』がまったく異なります。

 

iDeCoは60歳までお金が出せない。
つまり『自由』がないわけです。

 

『自由度』がないゆえに、よい意味で「あきらめ」が付く。
結果、iDeCo(積立投資)とは距離が置きやすくなって、「長期投資」が貫きやすくなるというメリットもあるわけで・・。

 

(もちろん毎年の所得控除もモチベーションになります)

 

 

次はこんな「具体例」です。

これまで6年間、
積立投資を続けてきた佐藤さん(仮名)。

 

 

 

 

 

実は特定口座でもすでに500万円ほどファンドを保有しています。

昨日述べた通り、
シン・NISA制度では、
年に最大360万円「入金」することが可能になるため、

 

佐藤さんも
特定口座のファンドを売却して、

 

2024年「360万円」
2025年「140万円」というふうに、
最速で、
まとまった資金を入れて
「シン・NISA」内でファンドを買っていったほうがよい!?

 

 

んー、お気持ちは重々分かるのですが・・。

 

<これは来年以降、
当クリニックで第1位になりそうな『ご相談案件』でもあります。>

 

 

一度深呼吸してみましょう。

 

 

 

 

まずは、
その人の投資の「日常性」を洗い出す必要があります。

 

実は佐藤さんはこれまで、
毎月4万円、ボーナス時 年40万円の「積立投資」を粛々と続けてきました。
まさにコツコツ投資の典型です。

 

その佐藤さんが、

「シン・NISA」に、
年間360万円入金が出来るからといって、

 

360万円分、特定口座のファンドを売却して、24年にドーンと入金し、

次年度には残りの140万円分も売って、
2年で一挙に500万円分の投資を実行することが、
果たして佐藤さんの特性に「マッチ」するのか・・?

 

あなたならどう答えますか?

 

 

 

わたしは、
佐藤さんの投資のリズム、日常性が崩れてしまい、

それに加えて
万一24年、25年の株式マーケットが軟調だったりすると、

佐藤さんの、
長く投資を続ける『マインド』が萎んでしまう恐れが出てくると考えます。

 

無理をする必要はないのです。

 

 

理論的には正しいことでも、
『あなたの』感情的に、正しいこととは限らない。

 

 

 

 

佐藤さんの場合は、
特定口座の500万円分を、

例えば12.5万円×40ヶ月のように、
シン・NISA制度に「拡大つみたて」していくことをお勧めします。

 

 

すなわち、
これまで行ってきた、月4万円の積立投資と合わせて、
24年以降『シン・NISA口座』にて、
当初40ヶ月は16.5万円の積立。
その後、4万円の「通常つみたて」に戻す・・。
という形でよいのではないでしょうか。

 

 

(大局的に見れば、税金を支払ってでも、
『特定口座』のファンドは『シン・NISA口座』に移していったほうがよいと考えます。)

 

 

とにかく、

シン・NISAに「お引っ越し」する際も、
あなたの投資のリズム、日常性を崩さないことがポイントです。

(それが投資を長く続ける秘訣。)

 

ななしさんもツイッターでこう仰っています。

 

 

ココ、大事ですね。

 

 

シン・NISA口座の注意点・・ その1)
年間投資枠が360万円あるからといって、頑張り過ぎない!

 

 

 

 

 

 

シン・NISA口座の注意点・・ その2)
生涯投資枠(1800万円)が復活するからといって、売り買いし過ぎない!
「売りたい病」の発症に注意!

 

 

昨日

 

『シン・NISA制度』の目玉は、
ファンドをいったん売却しても、

その元本部分(簿価)は、
自分の枠(生涯投資枠)として復活出来るという点でしょう。

 

と述べました。

 

 

自分と、
自分の家族の『ライフイベント』に合わせて、

柔軟に「シン・NISA口座」からファンドを部分解約し、

 

売却した元本部分については、
『生涯投資枠』として復活させ、

また「シン・NISA口座」で投資に回す・・というのは、個人のお金の出入りに対応しやすい『画期的なしくみ』でしょう。

 

 

 

 

が、

しかし、

『自由度』が増すがゆえに、
「シン・NISA口座」の管理も難しくなるのです。

 

投資家とは
(特段の目的なしに)
『利益』が出れば売りたくなってしまう「生き物」です。

 

 

〇「シン・NISA」は利益に対して非課税という特典があり、
それに加えて、
〇 たとえファンドを売却しても、その元本部分については「生涯投資枠」が翌年『復活』するために、

 

下手をすると、
2年おきくらいで、

 

「ちょっと利益が出る」→「売却」→「売却の元本部分・生涯投資枠『復活』→「また投資」→「ちょっと利益が出る」→「売却」→「売却の元本部分・生涯投資枠『復活』→「また投資」・・・というふうに、

 

資産形成ではなく、

金融商品の売り買いの「ループ」にハマってしまう可能性があります。

売りたい病、発症!

 

 

 

 

「カンさん。いつ売っても、恒久的に非課税で売却できるんでしょ。それに加えて、いくら売っても元本ベースで『投資枠』が復活するなら、

 

 

効果的に売買して、自分の「生涯投資枠」をなるだけ膨らませたほうがいいじゃない!」

 

ん? えっ?

ホントにそうですか?

 

出来るだけ「売り買い」を繰り返して、
生涯投資枠を(なるだけ)膨らませることに傾倒してしまったら・・?

 

もとい。

 

 

「シン・NISA制度」における私たちの目的は、
できるだけ『生涯の投資枠』を膨らませることではなく、

「生涯の投資枠」を用いて、
あなたの資産全体を効果的に増やすことにあります。

 

『自由度』が高くなるがゆえに、

根底にあるはずの「投資目標」が、
いつの間にか歪んで、疎かになってしまう危険があるのです。

 

 

あなたは「シン・NISA」の中で、投資の『自由度』が増しても、長期・分散・低コストの原則を貫けますか?

 

 

 

 

 

まさにこの点が、
『シン・NISA制度』最大の注意点なのかもしれません。

 

 

シン・NISA口座の注意点・・ その3)
『恒久非課税枠』で資産を増やすことに熱中してしまい、取り崩しの機会を逸してしまう

 

これも危惧しています。

 

恒久的に非課税というのは、
恒久、いや高級羽毛の布団に寝ているような「心地よさ」と「安心感」があります。

 

 

 

 

リタイアが目前になっても、

 

「別に今、ファンドを解約しなくても・・」

 

 

老後の生活に入っても、

 

とりあえず預金から取り崩せばいいや・・。←ココをもっとも危惧。
『シン・NISA』でなるだけ長く
ファンドを持ち続けたほうが、より資産は増えるだろうし・・」

 

というふうに、

 

資産を増やすことが目的化し、
その状態が心地よくなり過ぎると、

投資の『最終目的』である、


リスク資産を規則的に取り崩し、そのお金を有意義に使っていく。この本丸が、忘れ去られてしまうのです・・。

 

「シン・NISA」は素晴らしい制度ですが、
これを使いこなすには、
あなたの手腕が問われるのです。

 

Twitterのスペース(夜と~しラジオ)でもおしゃべりしましたよ。

 

 


カテゴリ:つみたてNISA

おすすめの記事