投資信託あれこれ

ちょっと油断すると、ファンド保有者の実質リターンはガクンと下がってしまうことに・・

2021年7月24日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

投資信託の継続コストって
ほんとうに分かりにくいです。

たとえるなら、
摂氏15度くらいで
ほんの少しずつ溶けていく氷(こおり)のようなもの。

少しずつ溶け続ける
(=引かれ続ける)ので実感しにくいのですね

 

ウォール・ストリート・ジャーナルで
以下のような記事を見つけました。
【バロンズ】投資家にとって最高のファンドとは

 

 

〇 投資信託そのものの『名目リターン』と、
〇 ファンドを保有する投資家の『実績リターン』は異なります。

 

私たちファンド保有者は
購入時の手数料を払ったり、
けいぞくコスト(運用管理費用)を払ったりするためです。

おまけに短期で
ムダな売り買いをしてしまう人もいます。

上記記事内では、
米国モーニングスターの【調査】が挙げられています。

 

分散型株式ファンドの
2016年12月31日までの

10年間における年率の『投資家向けリターン』
(=経費など控除後の投資家全体のパフォーマンス)は、

コストが低いほうから上位20%のファンドでは
投資家の『実績リターン』が4.59%だったのに対して

ファンド自体(名目のリターン)は5.83%であり、
1.2%ポイント以上の差があったそうです。

ナント・・。

 

 

諸々のコストが低いファンドですら、
投資信託自体のリターン(名目リターン)に比べて
1%以上劣後していたのですね。

 

けいぞくコストである
投資信託の『運用管理費用』は、
ファンド資産そのものから毎日少しずつ差し引かれます。

上記は日々の微風のように気付きにくく、
かついつの間にか、
自身の背丈が縮んでいくような「恐ろしさ」も孕んでいます。

 

上記記事より引用してみましょう。

 

コストの高いファンドでは、
ファンド自体のリターンが
4.34%だったのに対して
投資家のリターンはわずか1.78%で、約2.6%ポイントの差があった。

 

嗚呼・・。
これでは投資家側の【取り分】が少なすぎますね。

 

 

投資信託の「継続コスト」を視覚的に理解するためには?
継続コスト(運用管理費用)を何パーセントにするのかということは、ファンド運営側と、ファンド保有者の『取り分・境界線』を決めることに他なりません。

 

 

〇 継続コストが大きいと、
ファンド運営側の取り分が大きくなります。

〇 継続コストが小さければ小さいほど、
ファンド保有者の取り分が増すことになります。(所詮、奪い合いなのです)

 

 

(※特に注意すべきは、名目リターンが大きなマイナスになった場合でしょう。
市場が暴落し『名目リターン』がマイナス20%になった際に、
運用管理費用で1.6%コストを払っていると、
ファンド保有者の『実績リターン』はマイナス21.6%にもなってしまいます。
コストが低いことの効用は、
マーケットが暴落した際に
ファンドの名目リターンに近い実績リターンで損失を最小限に留めることができる、ということなのです)

 

 

さて、あなた自身の『実績リターン』を上げるためには?

 

〇 投資信託を保有したら、
意味のない売り買いをしない(=できるだけ長く持ち続ける)
〇 (たとえば)つみたてNISAのような
税制優遇制度を利用する。
〇 購入時の手数料、解約時の手数料がかからず、
運用管理費用ができるだけ低い投資信託を選ぶ。
至極シンプルですが「真実」なのです。

 

最後に一点ご注意を。

けいぞくコストの高さと、
ファンドの名目リターンの高さの間には
なんの「因果関係」もありません。

スタートラインに立つ心構えとして、
コストが低い投資信託を選ぶことが(まずは)正解なのです。


カテゴリ:投資信託あれこれ

おすすめの記事