投資信託あれこれ

投資信託の「分配金」と投資信託の「部分解約」って、どう違うのですか?

2021年7月16日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

原理的にまったく別物と思えてしまうもの。

それは、
投資信託の分配金
投資信託の部分解約です。

ホントにそうなのでしょうか?

 

あなたがファンドを『一部解約する』ケース

 

〇 ファンドの「基準価格」は変わりませんが、
ファンドの「口数」が減ります。

 

あなたがファンドから
『分配金』を受け取るケース

 

〇 ファンドの「基準価格」が下がりますが、
ファンドの「口数」は変わりません。

 

 

つまり?

 

つまり【欠けるところ】が違うだけで
あなたが保有する『ファンド資産』が
・解約した分だけ、
あるいは
・分配金をもらった分だけ、
「減りますよ」という点では同じなのです。

 

ココ、伝わっていますか?

 

 

投資信託の『価値』の出し方は
【計算式】で云いますと、

< 基準価格 × 口数 ÷ 10,000 > です。

 

今、あなたが投資信託を5万円分『解約』すると、

< 基準価格 × 口数 ÷ 10,000 >
  口数が減る ↑ 要因です。

 

一方、あなたが投資信託の分配金を
5万円分『受け取る』ということは、

< 基準価格 × 口数 ÷ 10,000 >
基準価格↑が 下がる要因です。

 

また、
分配金(普通分配金)は『配当所得』であり、

ファンドの解約は『譲渡所得』にあたりますが、
どちらも税率は20.315%です・・。

 

 

では、両者に違う部分はあるのでしょうか?

 

5万円分『解約』するのと
『分配金』を5万円受け取ることの違いは、

「信託財産留保額」の存在でしょう。

 

投資信託を解約する場合、
ファンドによっては「信託財産留保額」を課すケースがあります。
(「信託財産留保額」を課さないファンドもたくさんあります)

 

(分配金には、この種のコストは存在しません)

 

 

次に、運用会社の立場から見てみましょう。

たとえば、です。

運用会社が毎月「分配金」を出すというのは、
果たしてメインの仕事なのでしょうか?

NO、です。

 

「分配金」を頻繁に出すことで
運用チームは決まった額の『キャッシュ』
ファンド資産内に常に準備しておく必要があります。
ファンドにとっては
株式にフルインベストするほうが効率的であるような場合、
これはまさに『機会損失』にあたります。

 

また「分配金」を頻繁に出してもらうことは、
運用会社にプラスアルファの仕事をさせることであり、
結果、あなたが高めの『継続コスト』を支払うことになってしまいます。

 

 

一方、ファンドを「一部解約」するとは?

こちらは運用会社にとってルーチン業務のひとつ。
(もちろん解約に備え『キャッシュ』を準備しておく必要はあります)

わたしは『分配金』と『定期解約』の
本質的な違いは別のところにあると考えています。

 

それはズバリ【主導権】の違いです!

 

ファンドの分配金の『額』は、
あなた自身が決められません。
(運用会社が『主導権』を握ります。またある時突然、分配金の『額』を変えられてしまったりもします)

 

一方、ファンドの『解約』は
あなたに『主導権』があります。

 

〇 自分で「金額」を決め
〇 自分で「金額」を変更できます。

 

この『違い』って大きいと思いませんか?

 

 

投資信託からお金をもらうことは、
ほんらい『個人的なコト』です。

それを自分でコントロールできないより、
コントロール出来たほうが、
シンプルな資産管理につながると思いませんか?

『分配金』で定期的な収入を得るという発想より、
ファンドの『部分解約』を継続するほうがよほど合理的でしょう。


そして、投資信託の定期売却サービスという潮流は(今後)どんどん広がっていくはずです。

SBI証券投資信託定期売却サービス

楽天証券「投信定期売却サービス」

フィデリティ証券「投信自動定期売却」

セゾン投信「定期換金サービス」

 


カテゴリ:投資信託あれこれ

おすすめの記事