投資の発想法

リスクの大きさ(標準偏差)は、振り子時計でイメージ&学習しましょう

2021年6月30日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

リスクは定量化することが大切。
できれば客観的な数字で把握したほうがよいと、

昨日の記事でお話しました。

リスクとは一見大きな塊ですから、
一人ひとりの『直感』に従うと、

「嗚呼イヤだ、とっても怖いよ!!」という心持ちになり、

合理的に見えるリスクの取り方が
「いや、でも違う。ホントは危ないでしょ!」と思えてしまうのです。

 

 

たとえば
投資信託を自分で買ったことがない人は
自身の直感(リスクイメージ)が優先して、

「それってもしかすると、
わたしのお金がゼロになっちゃうんでしょ!」という言い方をされます。

 

しかし実際は、
インデックスファンドを保有すれば、
背中に引き受けるのは『市場リスク』のみです。

 

・株式市場がマイナス28%になれば、
・その株式インデックスファンドもマイナス28%程度になる。

おわり。)

 

人類が完全原始社会に回帰して、
株式市場の価値がゼロにならない限り、
株式インデックスファンドの価格がゼロになることもありません。

もしかすると、
自分のお金がゼロになっちゃうのは「個別株」への投資です。

 

背中に背負うリスクを正しく計量できれば、
・自社株(個別株)を購入することと
・先進国株式ファンドを保有することが、
まったく異なるタイプの投資であることが実感できるはずです。

 

 

さて、昨日はこちらの図表で『リスク17.8%』を、

 

画像元:アセットマネジメントOne

 

損益の『ブレ幅の大きさ』を示し、
「1標準偏差」のことなのです・・とお話しました。

 

でも、
リターンのブレ幅の大きさ、と言われてピンと来ますか?

 

ちょっと寄り道をしてみましょう。

(突然ですが、)
あなたは『振り子時計』って見たことがありますか?

 

 

今、この時計の「振り子」は真下で止まっていますが、

この真下あたりを、
あなたのポートフォリオの「リターン」としましょう(図表では7.9%でしたね)

これはあくまで『期待リターン』ですから、

今後起こるであろうリターンの期待値、
その『平均』に過ぎません。

 

今、
ポートフォリオの『期待リターン』がプラス7.9%です。

 

   (これが ↑ 今の振り子の位置、
    「真下」です・・)

 

ここから、
『振り子』が振れるその「振れ幅」そのものを、
【リスクの大きさ】とイメージしてみてください。

 

 

画像元:アセットマネジメントOne

 

上記図表が示す『期待リターン』7.9%
『リスク』17.8%とは、

ちょうど真下に位置する期待リターン「プラス7.9%」から、
良いほうに、

つまり、
振り子時計でいうところの『右側』→ のほうに、
17.8%ブレるかもしれないし、

 

      (プラス7.9%)

 

悪いほうに、

すなわち、
振り子時計でいうところの ←『左側』
17.8%ブレるかもしれない、という「意味」なのです。

伝わっていますか?)

 

 期待リターン:プラス7.9%
マイナス側へ ← → プラス側へ
17.8%ブレる     17.8%ブレる
マイナス9.9%     プラス25.7%

 

このようにリスクを数値化する試みが
資産運用の世界で始まって(実は)まだ70年も経っていません。

 

「数字」でリスクを把握したほうが、
ほんとうは安全なのですが、

たとえば2020年3月の『暴落時』のように、
マーケットがいたずらに動揺すると、

 

これはどんどん下がり続けるかもしれない。
いったん安全な場所に資産を避難させるべき!

 

というあなたの『直感』がアラートを発し、

ほんとうは「Stay at Market」が合理的なのに、
『安心できない!』と、心の叫びが打ち勝ったりします。

 

 

投資はいつも、
「直感」と「理性」のシーソーゲームなのです。
そしてその手綱をさばくのは、他ならぬ『あなた自身』。

 

 

さて、もとに戻りましょうw

さっきの、
期待リターンからのブレ幅の大きさ「17.8%」は、

 期待リターン:プラス7.9%

マイナス側へ ← → プラス側へ
17.8%ブレる     17.8%ブレる

マイナス9.9%     プラス25.7%

 

実は「おおよそ68%の確率で!」
という条件付です。

 

これが『1標準偏差』なのです。

 

 

「じゃあ、カンさん。
およそ32%の確率で『1標準偏差』を超えてブレることもあると?」

はい、まさにその通り。

 

あなたがポートフォリオ作成ツールなどを利用して、
「リスク12.4%」と示されたとしましょう。
ああ、リスクの大きさは12.4くらいなのか、
と解釈してしまうのは、とても(とても)危険です。

 

 

つい先日、去年の3月のことですが、

 

画像元:アセットマネジメントOne

 

上記ポートフォリオのリスクの大きさは
ゆうに17.8%(1標準偏差)を超えていました。

 

 

 

また、2008年から2009年にかけては、
「2標準偏差」(35.6%)を
大きく超えるリターンのブレが実際起こっていたのです。

 

資産運用を行う「実際的なアップダウンのイメージ」を養うためには、

リスクの大きさを、
(少なくとも)2標準偏差で捉えるべきだと考えます。

 

たとえばロボアド運用の
「ウェルスナビ」さんのポートフォリオにおいて、

「リスク12.4%」と表示されたら、

これだと背中に背負うリスク量は、
最低 12.4%× 2 = 24.8% くらいになるんだなと合点するべきでしょう・・。

 


カテゴリ:投資の発想法

おすすめの記事