投資信託あれこれ

純資産額に大きな起伏があったら要注意!(ここが投資信託の難しいところ)

2020年10月11日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

今、A社、B社、C社、D社、E社、
「5つの株式」を保有する株式ファンドがあるとしましょう。

ファンドが保有する会社の株価が↑上がれば、
それだけ当該ファンドの「純資産額」も増加します。

(株価上昇分だけ、ファンドの規模が「大きくなる」わけです。)


しかし、投資信託が投資信託として
その規模(=純資産額)を拡大させるためには、
何より『資金流入』が求められます。

具体的には、

―ファンド内から出ていく資金より、
ファンド内に入ってくるお金のほうが「恒常的に」多い状態。―
つまり『純・資金流入』が続くことで、

 

ファンドが保有する株式の価値が変わらなくても、
ファンドの「純資産額」は安定的に増えていくわけです。

ここ、伝わっていますか?)


純資産額が増え続けている状態は
投資信託を保有する『あなた』にとっても心地いいものであるはず。

なぜなら、
ファンドの「純資産額」が大きくなれば、
「安定的な運用」が期待でき、
銘柄の取引コストも「規模の利益」で低くなり、

何より、
「途中で繰上げ償還されるリスク」も小さくなるためです。

 




わたしは2015年頃に、
『三井住友・中小型株ファンド』を知りました。

日本の中小型株に投資を行う
アクティブファンドです。

当時、純資産額が13億円あまりしかありませんでした。
(※ マザーファンド形式ではない)

成績はというと・・すごく良かったのです


当該ファンドは2003年に運用を開始し、
「参考指数」としている
日経ジャスダック平均株価と比較しても、

ファンドの騰落率は
上記指数を『直近1年』、『直近3年』、『設定来』とも
コンスタントに上回っていました(2015年時点。)

控えめに言って「成績バツグン」です。

でも「純資産額」は・・13億円台だったのです。

 




先日、このファンドのことを思い出して、
運用レポート(月次レポート)」を見てみました。

すると、20年8月31日現在で
純資産額は約98億円にまで増えています。

(成績は?
直近1年は参考指数に負けていますが、

『直近3年』、『設定来』では
相変わらず指数をアウトパフォームしています。)


今、純資産額は「98億円」に増えています、
と言いましたが、

その前にこの5年間の「経緯(プロセス)」を
きちんと見ておいたほうがよさそうですね。


「直近5年の純資産総額のチャート」(目盛りは右側)




画像元:三井住友DSアセットマネジメント


ちょっと↑想像と違っていました。

上記、よーく見ていただくと
2018年の8月の終わり頃、
何が「きっかけ」かは分かりませんが、

資金流入の増加によって
当ファンドの「純資産額」(薄いブルーの帯)が急に増え始めます。


そして翌19年の4月16日には、
当ファンドの純資産額は約230億円に!

しかしその後、一転して
ファンドの純資産額は減り始めます。
(今度は資金流出の増加!)





画像元:三井住友DSアセットマネジメント

上記のように
(純資産額が急に)大きく伸び(そして)大きく減って、

今現在の純資産額
およそ100億円になっているのです。


わたしは上記のような
『純資産額』の急激なアップダウンを、
熱しやすくて・冷めやすい現象】と呼んでいます。

 


モーニングスターの「月次資金流出入額グラフ」を見ると、

当該ファンドの純資産額が大きく伸び、そして大きく減った要因が、
急激な「資金流入」と、
急激な「資金流出」であったことがはっきり分かります。

 




画像元:モーニングスター

18年10月の資金流入は30億円近く。
逆に19年11月の資金流出は40億円を超えています。
【まるでジェットコースターのようです・・】


これは何を意味するのか?

『三井住友・中小型株ファンド』の保有者のうち、
熱しやすくて冷めやすい人たちが
相当数いたということ・・。

 



 

このように急激なお金の流出入があると、
ファンドの運用会社は翻弄されます。

〇 急にたくさんの資金が流入
→ その時買いたい銘柄が(相当の金額規模で)あるとは限らない。

現金の比率が増加するだけ?
あるいは無理して銘柄を買い付けてしまう?

〇(多くの解約要請で)急にたくさんの資金が流出
→ 本当は保有しておきたい銘柄を売るはめになることも。



下記、19年8月30日を基準日とする
「直近1年」の当ファンドの騰落率が、
参考指数を下回っている事実からも、

運用チームの人たちが上の、
『熱しやすくて冷めやすい人たち』に翻弄されていたと推察できます。



画像元:三井住友DSアセットマネジメント


熱しやすくて・冷めやすい人たち】は
当該ファンドの基準価格が上昇する中、
何かの媒体で成績優秀ファンドとして取り上げられたのを見、

(あるいは販売会社が販売に力を入れることによって、)
急に当該ファンドに興味を持ち始め、買付け、
(もちろん「スポット買い」でしょう)

そして、しばらく保有して、
当該ファンドを売却してしまった・・

そういう人たちなのです。

 

そして投資信託の真に難しいところは、
そういう人たちを
上手く「締め出す」ことがなかなか出来ない点にあります。

 

いや、逆説的に云いましょう。

あなたがするべきことは明快です。

あなたは興味がある投資信託の「運用レポート(月次レポート)」を必ず見て、
純資産額の大きな波(アップダウン)」がないかどうかを必ずチェックするのです。

ジェットコースターのような起伏を描く投資信託は、
避けたほうが無難であるとわたしは思います。

 


カテゴリ:投資信託あれこれ

おすすめの記事