投資信託あれこれ

「分配金あり」のファンドと、「分配金なし」のファンド、どっちがいいの?

2020年9月4日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

投資信託を購入する際に、
「分配金」を想起するのは自然な現象です。
「分配金」を目当てにファンドを買う人もいまだに多いのです。

この「分配金」のルーツって一体どこにあるのでしょう?

答え)
『個別銘柄』の中にあります。



たとえば個別の債券を買うと「利息」がもらえる。
あるいは個別の株式を買うと「配当金」が期待できる。

こういう学習体験は、
ずいぶん昔から数多の投資家がしています。

(この流れで)投資信託を買うと・・
「分配金」がもらえるよね!となるわけです。


「個別株式」はリスクを負って
会社の所有権を買っていますから、

「決算が発表されて、
仮に100の利益が出ていたら、
10とか20は『株主』に還元してくださいよ!」と言いたくなりますね。


これが『配当金』です。


今でこそ、
世界中で上場する株式が何十万社とありますが、
その昔は、上場する会社など「ごくごく僅か」でした。

非上場の株式だと、
A会社の「1株あたりの価値」の客観指標など
あってないようなものですから、

自分が売りたい時に、
その株にいくらの値が付くかなんて分かったものではありません。

だからこそ「配当金」が重要だったのです。

 



 

でも今、公募の株式ファンドが組み入れているのは
『上場している株式』ですね。

 

果たして株式ファンドで『分配金』を求めるのは
理に適っているのでしょうか?


「??カンさん。なに言っているの!
ファンドが組み入れる株式から出される配当金こそが、ファンドの分配金の原資じゃない。
これはワタシがもらう権利があるのよ!

はぁ、なるほど・・。


でも、いっぽうではですよ、

ファンドが組み入れる株式から出される配当金を、
(ファンドの分配金とはせずに、)
ファンドが保有する銘柄等に再投資する投資信託もありますよね。


両者の違いは?
カンタンです。

 

ファンドの外に「お金」が出るかどうか。

 

ファンドの作り手(運用会社)からすると、
株式の配当も「銘柄の購入」に充てられれば、とても効率的でラクなのでは?

(「分配金なし」だと、そもそも「分配金」のための現金や担当者を用意する必要がありません!


 

「分配金」が出されたあとの基準価格が、
あなたの個別元本を上回っていると、

その分配金(普通分配金)は課税されて、
あなたの手元に届きます。

もちろん、そこから、
分配金を自動再投資することも可能です。

でも、いちいち外には出さず、
(ファンドが組み入れる)株式から出される配当金を、
ファンド内部で再投資したほうが、

『複利の効果』がよりダイレクトに得られると思いませんか?

 

 

★ 結局、投資信託もETFも、
「分配金」という制度がないと、

各国の当局が『課税する機会』が損なわれてしまうために、
この制度が作り出されたとしか、わたしには思えません。

(いわゆる『オトナの事情』。)

 


あらゆるリスク資産について云えることですが、
繰り延べることが可能であるなら、
1年でも5年でも20年でも、

税の繰り延べ」は実践できたほうが、
あなたの実入りは大きくなります。

ということで、
「分配金あり」のファンドより
「分配金なし」のファンドのほうがいいですよというお話でした・・。

 


カテゴリ:投資信託あれこれ

おすすめの記事