投資信託あれこれ

サイト上で過去の『運用レポート』をもっとも網羅的に掲載してくれている運用会社はどこだ!?

2020年7月25日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

「投資信託でもっとも重要な情報源は?」と聞かれたら、
わたしは迷わず『月次運用レポート』と答えます。

『運用レポート(月報)』を読めば、
ファンドの基礎情報、そして
実際の運用の中身を知ることができるためです。

でも、です。


たとえば野村アセットマネジメントのWebサイトでは、
「最新の運用レポート」しか見ることが出来ません。

具体例)野村インド株投資

これってどうなのでしょう?

自分のなけなしのお金をリスク資産に託すという場合、
その『投資対象』のすべて、

―ここでは過去の運用の履歴、中身の変化もろもろ― を含めて、
「すべて知りたい!」と思ってもなんら不思議ではないはず。



ということで、
過去の「運用レポート」を
もっとも網羅的に載せてくれている運用会社はどこだ!?をわたしなりに調べてみました。

たとえば、
ありがとう投信』は
過去5年分遡って「月次レポート」を掲載しています。

 


 

画像元:ありがとう投信

(ここの運用レポートは可愛いイラスト付きなのです)


〇 三菱UFJ国際投信は
過去1年分の月報(運用レポート)を掲載しています。

具体例)eMAXIS Slim 先進国株式インデックス


〇 フィデリティ投信も同じく過去1年分を掲載。
具体例)フィデリティ・欧州株・ファンド

「運用レポート」を↑クリックしてみてください。


〇 またセゾン投信も
具体例)セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
過去1年分の運用レポートを掲載しています。

(ちなみに運用報告書は全期について載せています)


〇 次に、ニッセイアセットマネジメントです。

具体例)
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドでは、
運用レポート掲載は過去4ヵ月分でした。

〇 三井住友DSアセットマネジメント、
具体例)グローバル好配当株オープンは「過去3ヵ月分」でした。

(運用報告書は過去5年遡って閲覧できるのに・・)

 

わたしが調べた限り、
もっとも網羅的に運用レポートを掲載していたのは
ひふみ投信』です。


〇「運用レポート一覧

右側の「表示対象」のタブをクリックすれば、
運用開始時の2008年から時系列で全運用レポートを見ることができます。

たとえば・・。
2008年10月度の運用レポートより。





画像元:ひふみ投信(2008年10月度運用レポート


そして今・・。




画像元:ひふみ投信(2020年6月度運用レポート


運用レポートが時系列で全て見られるというのはスゴイです。

それにしても、
「これが同じファンドか」と思えるくらい、中身は大きく変遷しています。

まず運用の途中で運用責任者の交代がありました。
組み入れの銘柄数も大きく変化しています。
そして今では海外の株式も組み入れています。


これって悪いこと?

いいえ。必ずしもそうではありません。

ある意味、アクティブファンドにおいては
世の中の変化』に、
いかに先入観なく追随できるかが問われるわけです。


そういう観点でいえば、
ひふみ投信はまさに変化を嗅ぎ取り、
その変化を体現してきた投資信託と云えるでしょう。

 




私たち消費者からすれば、
アクティブファンドを購入するとは、

その運用会社の
その運用チームの、
世の中の変化に対する『行動センス』にお金を託すということなのです。


もちろん「インデックス・ファンド」を買っても、
自然と大きな変化は体現されてしまいます。

下表、30年のスパンで
『世界の株式時価総額ランキング』がどう変わったかを見てみると・・。

 



画像元:週刊ダイヤモンド編集部

まさに栄枯盛衰を感じます。。


 _/\/\/\/\/\_
< 9月13日()は【新・ファンド特化コース
/  Zoom(オンライン)上で新装開店します!       
 ̄|/\/\/\/\/ ̄

iDeCo、つみたてNISAにも
投資信託の【正しい知識】は必須!

当コースでは5時間をかけ、
「投資信託の用語」「ファンドの良し悪しの見分け方」「運用レポート」の読み解き方等を学びます。
(買ってはいけない投資信託ワースト10もあり!)

⇒ 9/13【ファンド特化コース】の詳細はコチラからどうぞ!


カテゴリ:投資信託あれこれ

おすすめの記事