金融機関にモノ申す

レモネード(Lemonade)は飲み物ではなく、米国の損害保険会社のことです

2020年7月20日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

たとえば、です。

火災保険の契約から保険金の支払いまで、
すべてアプリで完結するしくみがあったら、
あなたは利用したいと思いますか?


米国の損保会社『レモネード(Lemonade)』なら、
それが実現できます。

同社はAIなどのテクノロジーを駆使した新興の保険会社です。


Webサイトのトップページはこんな感じ。






キャッチコピーを読んでみましょう。

保険について知っていること
(当たり前だと思っていること)を全部忘れてみて!


Cool(クール)だと思いませんか?


論より証拠ということで、
わたしも『仮想見積り』をしてみました。

 

〇 賃貸、持ち家、それともペット(保険)?

〇 名前を入力

〇 住所を入力(部屋番号まで)


(以下、質問に答えていきます)

・ルームメートは居ますか?
・火災警報器は設置されていますか?
・ペットを飼っていますか?

・家財で高価なものはお持ちですか?
・現在、他の火災保険に入っていますか?


などの質問に答えていくと、


ちょっと待ってくださいね・・
という文字とともに、

物件の「特性」を

・建物の築年数
・建物の耐久性
・海岸からの距離 などの観点から、

『5つ星』で評価していきます。






そして、
最後に火災保険料が算出されます。






次いで家財、個人賠償責任の保険金額も出てきます。

 






レモネードについてウィキペディアから引用してみますと・・。

保険約款策定業務の大部分はAIチャットボットを利用した
コンピューター処理によって自動化されており人手は介在しない。

AIはリスク分析や保険プランの内容や価格設定にも用いられており
徹底したコストダウンを実現させている。



なるほど・・。

シンプルで洗練された仕組みであるため、
同社の顧客のうち、
はじめて保険を購入する人が27%以上を占めるのだそう。

(先日ご紹介した投資アプリ会社「ロビンフッド」と同じように、
若者に熱狂的に支持されているようです。)


ちなみに、わたしの仮想見積りでは
火災保険料が月17ドルになりましたが、

レモネード利用者(賃借人の場合)の
平均保険料は月5.7ドル程度で、
米保険大手4社の平均17.8ドルよりも安いのだそう。

(こちらもウィキペディアより)


Lemonadeの火災保険のしくみを日本で実現することは?
もちろん可能でしょう。

が、Lemonadeは保険を直接販売する会社です。

日本の損保業界は数多の保険代理店で成り立っているため、
Lemonade型の保険サービスを目指すことは
業界の「大」地殻変動を意味します。

しかしそれで得をするのは・・?
(もちろん)私たち消費者ですね。

 



今回わたしが感心したのは、
Lemonadeという会社が
保険サービスの概念をゼロから『デザインし直して』いるところ。


実はLemonadeでは、
保険金の支払いがなかった「保険料」を
自社の利益としては受け取りません。

これら保険料の大半は『寄付』されます。

同社のユーザーは保険加入時に、
Lemonadeが提示する社会問題の中から
自身が貢献したいテーマを選ぶことが出来ます。

(そしてそのテーマに関連する団体に「寄付」を行うことになるのです)

 

消費者側から見ると、
保険商品を購入することで

「補償をカバーする」と同時に、
「社会貢献(social good)」も実現できることになります。

プラス、保険料を「掛け捨て」にするという
あの「もったいない感」からも解放されますし・・。

 

いっぽうLemonade側は、
顧客が支払う保険料の一律20%を手数料として受け取る。
という簡潔なビジネスモデル。

考えてみますと、
金融は元々大きなマーケットであるのに、

同じ会社が長らく同じようなサービスのみを提供し、
多くの消費者から「胡散臭い」と煙たがられています。

だからこそ?
イノベーションの宝庫でもあるわけです!


(ちなみに同社は2015年の設立。
この7月2日に
ニューヨーク証券取引所に上場したばかりです。)


カテゴリ:金融機関にモノ申す

おすすめの記事