つみたてNISA

つみたてNISAの特典「利益に対して非課税」を忘れた頃に、貴方はつみたてNISAに馴染んでくるのです

2020年7月2日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

「つみたてNISA」で積立てが出来る期間が延長されて、
最大年40万円の積立てが
2042年まで出来るようになっています。

 



画像元:トウシル
竹川美奈子さんの
2024年から新NISAがスタート。一般NISAとつみたての合体版』より。


上の図表を見ていただくと、
2042年に入れたお金の、
『20年の非課税期間』の満期っていつになりますか?

・・2061年末です。

ワタシはもう死んでいます(笑)


つまり、
それだけ長い・長い制度であり、

つみたてNISAはその「全体像」を把握するのに
あなた自身が壮大なイメージ図を描く必要があるのです。


さて、制度期間が長いということは?

メリット1)

もしかするとつみたてNISAの恩恵である
「将来の利益に対して非課税」という利益の規模が、
とてつもなく大きくなる可能性があるということ。


(投資において時間は『資源』ですから。)


しかしいっぽう、

注意点1)

制度期間が長いということは、
「利益に対して非課税」という恩恵はずっと先、
人生の後半、終盤でもらえるご褒美となります。

 


つみたてNISAを初めて1年以上経ったあなたは、
すでに気付いているはずです。

『将来の利益に対して非課税』って聞いてたけど、
「将来」ってなかなかやって来ないなと・・(><)

そう、一筋縄ではいかないのです。


「つみたてNISAを始めた!
つみたてNISA続けているよ!
アップがあった、ダウンがあった、
しんどいな、大丈夫かな、でも頑張って続けようと思っているその長い長い『途上』では、特別なことは何も起こらないのです。」


(ふつうの特定口座での積立てと変わりがありません。)

 

〇 誤解を恐れずにいえば、
つみたてNISAの『将来の利益に対して非課税』という特典を忘れた頃に、
ようやく貴方はつみたてNISAに馴染んでくるわけです。

この「つまらなさ」は半端じゃありません!

ついつい投資元本180万円に対して
20万円くらい利益が出ようものなら、
「売っちゃおうか。」という誘惑に駆られてしまいます。

でも、これが特定口座(課税口座)ならどうでしょう?

投資元本180万円に対して、
20万円くらい利益が出ても、
あんまり「売ろう」とは思いませんね。

4万円以上税金を払うなんてイヤだからです。


つみたてNISAは利益に対して非課税であるがゆえに、
小さな小さな利益については無視できる
ある種の「鈍感さ」「いい加減さ」が要求されます。←ホントです!


その点、iDeCoって「あきらめ」が付きやすいのです。

そもそも60歳以前に「お金」を引き出せないですし、
つまらない投資を続けるインセンティブとしては、
「所得控除」というご褒美が確実に、継続して存在していますし。

つみたてNISAには何もありません・・。

 

なんと云いますか
つみたてNISAという制度は、

映画「ロッキー」のように、
最後の最後になってはじめて『やったー!』というイメージなのです。

 




映画なら2時間ですが、
この制度は丸40年付き合うくらいの時間の長さ。

80歳で亡くなる人なら、
人生の半分の制度となり得るのです・・。

 

Zoom(オンライン)で開催いたします。
  8月1日()13時30分~

【第39回】iDeCo、つみたてNISAはこう使おう!
 特定口座と合わせた 投資の三重奏セミナー

~つみたてNISA、確定拠出年金の法改正による最新情報もお届け!~




(全国どちらからでもご参加いただけます)

 


カテゴリ:つみたてNISA

おすすめの記事