バランスファンド

別に投資の上級者が「バランスファンド」を選んでもよいのです

2020年6月14日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

わたしは『相談業務』を通じ、
たくさんの相談者さまの「投資の実際」を見聞きしています。

たとえば「~これがいいですよ~」と囁く情報を聞かれて、
その金融商品を買いたくなる気持ちは分かります。

でも、
「これがいいですよ!」と言う情報を発している人と、
あなた自身は・・『違う人物』ですよね。

その人とご自分を同一視して、
まとまった金額で(その金融商品を)ポンッと買ってしまうのは、

なかなかにアドベンチャーなことではないでしょうか。

 



 

あるいは『つみたてNISA』に関する情報などを見ていると、
多くのブログで
「株式ファンドに100%投資します!」という意見を見かけます。

そもそもブロガーの皆さんって、
自分の時間を削ってまでブログ記事を書く人ですから、
資産運用に関してすごく勉強熱心なわけです。

自分がどのくらいの
リスクを負えるのかという【リスク許容度】が、
(平均と比べて)高めという人が多いのではないでしょうか。


ネット上の情報で
つみたてNISAでは「株式ファンドに100%投資!」が多数派を占めていても、

それは必ずしも、
【株式ファンドに100%投資している人】が全体像として多いわけではありません。

(つみたてNISAの加入者は190万人近くもいるわけです)

 



画像元:金融庁(2019年12月末時点)



誤解がないように・・)

あのー、
「株式ファンドのみ」を買うというのは、
決して悪い話ではないのですよ。

「理論的には」正しい行為です。

しかし、
理論として正しいことと、

あなたという運用者が
心地よく運用を続けられるかどうかはまったく【別の問題】・・。


そもそも、ヒトは感情の生き物ですから、
あなたが投資を始める際に、

自分のお金がどんなふうに
【減ってしまう恐れ】があるのかを
『シミュレーション』しておくことって、とても重要なことです。


「じゃあ、一体どんな投資がベストなの?」
と訊かれれば、

【あなたが継続できる投資がベストです!】
とわたしはお答えしています。


投資信託を買うことは、
誰にでも出来るのです。

しかし、投資を長く続けることは
誰にでも出来るわけではありません。

⇒ 自分を知る。

⇒ そして、
相手(投資対象)を知るということ。



投資の現場から
立ち去ってしまう「ほとんどのケース」は、

⇒ 自分の身の丈以上のリスクを取った人が、
その【損失幅】に耐えられなくなったときです。

 



たとえば、
お仕事に、プライベートに忙しいあなたが

複数の投資信託、ETFを自分で管理し、
定期的に「リ・バランス」することが出来るのでしょうか?

YES, かもしれません。
でも、NO,かもしれません・・。

実は以前わたしはメールにて
100名以上のお客様に
【追跡調査】をしたことがあります。

★ 「リ・バランスって出来ていますか?」

すると、
3割以上のお客様が
実は「リ・バランス」が出来ていないことが判明しました。。


ここ数年
「相談業務」を重ねれば重ねるほど、
バランスファンド」の効用を実感しています。

何から何まで、
自分で選んで、
自分で管理しないといけない・・、

という『投資の思い込み』から
(そろそろ)解放されてもよいのでは?


別にバランスファンドという【仕組み】に
リスク管理の大半を任せてしまってもよいのです。

(バランスファンドなら貴方に代わってファンドが
随時「リ・バランス」を実行してくれます。)

「バランスファンド」は
決して投資初心者「専用」の道具ではありません。


「バランスファンド」は投資の中上級者が
さまざまなスタイルを実践したうえで、
【最後に戻ってくる投資手法】でもあります。

(当クリニックはこれを
ブーメラン現象」と呼んでいます)

あなたが「長く続けられそう!」と
思える選択が、
資産運用における『正解』なのですよ。

Zoom(オンライン)で開催いたします。
  6月28日()13時30分~

【第38回】iDeCo、つみたてNISAはこう使おう!
 特定口座と合わせた 投資の三重奏セミナー

~つみたてNISA、確定拠出年金の法改正による最新情報もお届け!~




(全国どちらからでもご参加いただけます)

 


カテゴリ:バランスファンド

おすすめの記事