投資信託あれこれ

『総口数の推移』こそ、ファンド評価のバロメーターです

2020年5月31日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

投資信託ってちょっと分かりづらいと言われます。

何がというと、
投資信託の『時価』の計算方法がです。

ファンドの値段(基準価格)は毎日変わりますので、
途中経過は忘れて「最新の価格」だけを気にしてください。

あとは、
これまで買ってきた『口数』の合計です。
(あなたのトータルの口数です。)


たとえば、20ヶ月積み立てを続けていれば、
20回に渡って『口数』を積み上げているはず。

もし、途中で投資信託を一部売ると?
そのぶん、あなたの口数は減ります。

つまり、

・基準価格は常に変わりますが、
・一度稼いだ口数は(売らない限り)減りません。


そして今の時点の
あなたの投資信託の『評価額』は?

【持っている口数】×【投資信託価格】です。
(※ 実際は10,000で割る必要あり)


「トータル口数」×「最新価格」なのです。


次に『トータルの口数』を
ちょっと拡大解釈してみましょう。

ABCファンドを保有する人が23,000人いるとします。
それらの人が【持っている口数】を全部合わせると
その投資信託の『総口数』となります。

23,000人を総体として見た場合、
ABCファンドを「売る人」もいれば、
積立てを通じて「買い増す人」もいますね。

ということは・・?
『総口数』も上下するわけです。


ざっくり、
ファンドの「解約」のほうが「買い付け」よりも多いと、
『総口数』は減ります。

逆に、
ファンドの「買い付け」のほうが「解約」より多いと、
『総口数』は増えます。

そう、
『総口数』のアップダウンは、
ファンドへの純資金流入、純資金流出を表すわけです。



 

著名投信ブロガーのrennyさんは
長きにわたって、

『セゾン投信ウオッチ』という
継続記事を書かれています。

「セゾン投信ウオッチ2020年3月号」の記事はこちら

rennyさんは記事内で
セゾン投信のふたつのファンド、

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドと
セゾン資産形成の達人ファンドの
『総口数』の推移を挙げられています。


これはぜひ元記事を見てみてください。

(受益権総口数という長~い表のところです!)

 




画像元:rennyの備忘録 (※一部引用です)


セゾン投信では、
なんと74ヶ月も資金の【純流入】が続いているのだそう。

これはすなわち何を意味する?


『総口数』がコンスタントに増加しているということ。

 

この『総口数』の増加
= 資金の純流入の継続こそ、

ファンドがこの先長く元気で存在してくれるであろう、
もっとも期待できる『物差し』ではないでしょうか?


あっもちろん、
ファンドの『純資産額』が増えることも重要ですよ。
(大事な物差しです)

しかし『純資産額』というものは
たとえ資金の【純流入】が続かなくても、

ファンドが組み入れる株式の価格がどんどん上昇することで、
増えるという側面もあります。


ファンド保有者から真に支持されているか否かは
『総口数の推移』を見ることではじめて分かるのです。

ぜひともモーニングスターさんあたりに、
ファンドの『総口数増加率のランキング』あるいは、
『総口数減少率ランキング』などの指標を作って欲しいなあと思います。

 


 _/\/\/\/\/\_
< 6月13日()は【ファンド特化コース in 東京】
 / ライブでは『最後』となります。       
  ̄|/\/\/\/\/ ̄

iDeCo、つみたてNISAにも
投資信託の【正しい知識】は必須!

当コースでは1日をかけて
「投資信託の用語」「ファンドの数字の見方」
「運用レポート」「運用報告書」の読み方を学びます。

(買ってはいけない投資信託ワースト10もあり!)

 

6月13日()東京・田町「森永ヴィレッジ会議室」
ファンド特化コースの詳細はコチラからどうぞ! 


カテゴリ:投資信託あれこれ

おすすめの記事