つみたて投資

ダウ平均、日経平均ともマイナス15%内に戻したため、『通常つみたて』に切り換えます

2020年5月27日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

昨日、5月26日の日経平均株価(終値)は21,271円。

また、米国現地時間
5月26日のダウ平均(終値)は24,995ドルでした。

どちらも同時に
直近の高値からマイナス15%内に戻したため、
わたしは『通常つみたて』に切り換えます。


実は3月にこちらの記事で
「拡大つみたて」を宣言していました。

それって・・?

当クリニックが掲げる【暴落の定義

米国ダウ平均「29,000ドル」⇒「20,000ドル以下」
日経平均株価「24,000円」⇒「17,000円以下」に下落したため、

(= 直近の高値から『30%超のマイナス』となったため)


3月から「拡大つみたて」をスタートさせていたのです。


今のところ「拡大つみたて」の実施は
3月、4月のみとなります。


現状、主要なマーケットでの株価回復は、

〇 予想される期間内でワクチンが開発され、
かつそれが支障なく世界に行き渡る

〇 新型コロナウイルスは無事封じ込められる
(少なくとも第一波を上回るような再流行は起きない)

〇 人々の生活スタイル、消費スタイルはやがて
コロナ発生以前の姿に戻る


ということを「前提」とした、
ベストシナリオで動いていると当クリニックは考えます。


もちろん『ベストシナリオ』が現実に起これば、

私たちの日常生活、
日常の経済が再び戻ってくるわけですから。
これほど望ましいことはありません。

しかし、です。

 

もしそうならなかったら・・?

 

仮に第二波が再びやって来て、
経済活動に再度制限がかかり、

企業や生活者に金銭的負担が再び発生したとしても、

財政政策上、
(第一波と同じ規模の)資金供給を行う余裕は
(もはや)各国政府にはありません・・

これこそ、
現時点でもっともわたしが恐れることです。


先日、ツイッター上で
次のように呟きました。

 


この先、新型コロナウイルスを起因として、
思わぬところで、
思わぬ経済的影響が出てこないとは限りません。

わたしはあくまで「より悪いほうに備えて」思考します。

(ただし今から数カ月が経ち、
「より悪いほう」の可能性が著しく低下すれば、
直ちに自身の思考のアップグレードを行います)


相談者さまからもたびたび質問を受けるのですが、

 

わたしの場合、ふたたび直近の高値から30%超のマイナス
すなわちダウ平均20,000ドル以下、
日経平均株価17,000円以下に双方下落した場合は、
拡大つみたて」を再開する予定です。


「もし、そうはならなかったら?」

通常つみたてをずっと続けますよ(^^)


何も特別な行動を起こさなくても、
「フツーのつみたて」を粛々と続けるだけで立派なことなのですよ。

今日の文章はどちらかというと
ウイルスとの対決、試練!という雰囲気が漂いますが、
決してそういう意図ではありません。

人類はこれまでもこれからも、
ウイルスとは「共生」するしかないのです。


今回の出来事はむしろ、
ヒトがより強くなっていく進化の一環だと思っています。

新型コロナウイルスを機に
私たちの行動規範、生活スタイル、物事に対する考え方が
より「深み」を帯びるようになれば、

それは(試練などではなく)知恵の蓄積と捉えることができるはずです。


カテゴリ:つみたて投資

おすすめの記事