つみたて投資

カン・チュンドの『つみたて投資』拡大宣言。

2020年3月19日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。 

都内では桜が咲き始め、
春めいた空気が漂いますが、

マーケットでは
容赦なく冷たい雨が降り注いでいます。

以前の記事、
今やってはいけないこと(それは)安易な買い増しです
の中で、

多少の「下げ」で
安易に買い増しをしないよう警鐘を鳴らしました。


今回、
当クリニックが掲げる【暴落の定義

米国ダウ平均なら、
「29,000ドル」 ⇒ 「20,000ドル以下」

日経平均株価なら、
「24,000円」 ⇒ 「17,000円以下」を
双方クリアしたため、

(= 直近の高値から『30%超のマイナス』が発生)

このブログでも、
はっきり『暴落』と記します。

そしてわたし個人として、
『つみたて投資』拡大宣言をします。


地上は雨が降り止みませんが、
かなた雲の上では
(にわかに信じられないかもしれませんが、)

空は晴れ渡っています。

 

長期投資家として必要なことは
今この瞬間の出来事に反応するのではなく、
6ヶ月後、1年後の『景色』を妄想することなのです。

わたしは
わたしの「つみたて投資人生」の中でも、
そう何度もない『千載一遇のチャンス』がここから訪れると考えています。


※ ただし、ご注意!

以下の手法は不特定多数の皆さまに
普遍的にお勧めできるものでは決してございません。

 

1.今、そしてこれからも当面、
お仕事がきちんと存在していること。

ココ、重要。
仕事があってはじめて(続けられる)運用ですから。

2.手元に潤沢な安全資産を有していること。

3.今後、さらなる株価の下落、
あるいは株価下落の長期化といった多くの不確実性(リスク)を、
許容し保持できる【胆力】を持っていること。

これらが「前提条件」となります。

 


わたし個人は
株式市場が暴落に至ったと認識したため、

 

〇 臨時の『リ・バランス』を来週実行します。


資産ベースで割合が増えた先進国債券を売って、
割合が減った先進国株式インデックス、
新興国株式インデックスを買い増します。



※ ご注意!
誰にでもお勧めする手法ではございません。

このような市場環境下では
年1回、半年に1回の
『通常のリ・バランス』が遂行できるだけで立派なことです。


また、わたしは、

〇 3月末からインデックスファンドに対する
毎月のつみたて金額を
通常の3倍にして「買い増し」をスタートさせます。

 


※ ご注意!
誰にでもお勧めできる手法ではございません。
このような市場環境下で、
『通常のつみたて』を継続できるだけで素晴らしいことです。


(以下あくまでわたし個人の場合ですが、)

手元の現預金(安全資産)と、
投資信託(先進国債券、先進国株式、新興国株式)の
骨太割合』を、

安全資産:投資信託 20:80 と規定しています。

ですが現状、
かなり「安全資産」の割合が多くなっています。


言い方を換えれば、トータル資産の通常内訳、
『安全資産 20%  投資信託 80%』に戻すための
つみたて金額の増加とも云えるでしょう・・。

 



 

さて、ここでのポイントは何でしょうか?

〇 決して『スポット』で買い増しはしないということ。


あくまで『つみたて金額』を増やすことで
買い増しを継続させましょう。

自動引き落しの「つみたて」の
『金額』を増やすだけですから、

自分の心の迷いで
良くない選択をしてしまう可能性が減ります。

 

また、〇 資金の投入は1ケ月に1回です。

これも重要で、
1ケ月に1回のつみたて金額を増やすということは、

自身の「買いたい」気持ちを自制しながら、
中期にわたって買い増しを続ける意思表示にほかなりません。

(ここに至っても決して慌てない・・)

 

 

わたしの計画では
以下 1.2.いずれかの状態に至った場合、
つみたて金額の増額は終了し、
もとの「通常つみたて」に戻す予定です。

 

1.米国ダウ平均、日経平均株価ともに
直近の高値から『マイナス15%』の地点まで戻した場合。


すなわち(数字はおおまかです、)

米国ダウ平均
「29,000ドル」⇒「24,600ドル」

日経平均株価
「24,000円」⇒「20,400円」まで共に戻したら、
つみたて金額の増額は終了。

2.あくまで個人の話ですが、

わたしのトータル資産配分
安全資産:投資信託 = 20:80 にまで戻した時点で
つみたて金額の増額は終了。

 


いずれにしろ、
わたしのつみたて投資「拡大宣言」にはリスクが伴います。

 



最大のリスクとは?

現在の下落が(実は)まだ五合目あたりで
今後さらなる下落が続き、
かつマーケットの低迷が長期化する(数年~5年位)点です。


が、しかし、それでも、
わたし個人は『市場が安く買えること』に
大いなるメリットを感じる一人です。

マーケットが荒れ狂い、乱気流を繰り返す中、
やがて下落そのものにも注目が集まらなくなり、

多くの人やお金が無言で立ち去り、
まるで地方の廃れた公民館のように
誰も寄り付かなくなったマーケットになっても、

小さな足音ながら
小さな金づち(意思)を持って、

コツ
コツ
コツ
コツ
コツと、

わたしは市場にお金を入れていきます。

暴落はピンチではなく、チャンスなのです。

 


カテゴリ:つみたて投資

おすすめの記事