投資信託あれこれ

(関西人限定?)投資信託やん!

2020年5月14日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。 

本日は関西地区の皆さま「限定」です(^^)
ズバリ、『やん』の話です。

やん?

中国人の楊(やん)さんのことではありません。

<具体例>

醤油ラーメンと思ってスープを飲んでみたら、
「みそ味」だと気づいた場合、関西人は

「これ、味噌ラーメンやん!」と言います。


その『やん』でございます。


基本、何にでも使えます。

「Windows10やん!」
「きょう祝日やん!」
「リバース機能付きやん!」


名詞だけではありません。


一見暖かそうで、
上着を置いてシャツ一枚で外に出てみたら、
思いのほか寒かったときに、

「寒いやん!」
関西人は言います。


要するにその事実を強調したいときに
「やん」は使われるわけです。

翻って金融商品のお話です・・。

これから投資を始めようとしている滋賀県の佐藤さん。

 


 

今、佐藤さんの目の前には、
同じ距離感』でいろいろな金融商品が
等しい大きさ』で並んでいます。


つまり、佐藤さんにとっては、

マザーズの個別株も、FXも、
優待目的の株式も、トルコリラの債券も、
グローバル3倍3分法ファンドも、プラチナも、

接道義務を果たしていない、
粗利回り20%の木造2階建て収益物件も、


同じように選ばれる可能性を秘めた
『投資対象』なのです。

ここ、伝わっていますか?)


ちょっと佐藤さんに聞いてみましょう。

「これから投資を始めるんですよね?」

 

ハイ。あんまりリスクは取り過ぎないで始めてみたいです。


「そうですよね。
無理なく『小さく始める』って大事ですよ。
今はコロナショックの真っ最中ですし。」


ともかく、佐藤さんは生まれて初めて
『投資』という行いを経験するわけです。

実際、自分がどんなふうに感じるのか、
やってみないとちょっと分かりません。

ですので、『時間をかけて
少しずつ』投資に慣れていけばよいと思いませんか?

 



特に、昨今のマーケット状況では、

・できるだけ早く始めないと!
・できるだけまとまったお金を入れないと!

とか、「焦る必要は・ぜんぜん・ありません。」


わたしはいつも思うのですが、
別に1年くらいかけて
「お試し期間」⇒「本格始動」というふうに、

投資に慣れるステップを踏んでもよいと思います。

結局、投資とは?
短距離走ではなく、マラソンなのですから。

 


それでも多少ウキウキして、
アドレナリンが上がってしまうのがビギナーというもの。

佐藤さんにはどうしても
マザーズの個別株も、FXも、
優待目的の株式も、トルコリラの債券も、金・貴金属も、

接道義務を果たしていない、
粗利回り20%の木造2階建て収益物件も、

みな等しく投資の【候補】に映ってしまうのです。

そこであなたはどう言うのですか?

「そこは投資信託やん!」


そうです。)


あらゆる種類のあらゆる投資家にとって、
最初の投資対象として
『投資信託』より優れた道具はないとわたしは思います。

すなわち、

 

・広範な分散でリスク低め。
・1000円程度から小さく始められ、
・毎日価格が確認でき、
・換金性にもすぐれる


そのあとで、
具体的にどんな道に進むかは、その人の「選択次第」です。

「まずは投資信託やん!」


カテゴリ:投資信託あれこれ

おすすめの記事