金融機関にモノ申す

証券会社の店舗が忘れ去られる日

2020年4月27日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

新型コロナウイルスの影響が日々大きくなっていますが、
「銀行」の店舗は開いています。

・・『生活インフラ』であるためでしょう。

じゃあ、証券会社は?

実は4月20日から
主要な証券会社はすべて店舗を閉めています。
(店頭業務の休止です。)





画像元:野村證券

 



画像元:大和証券


これって?

「証券は生活インフラではないってこと?」


(ココ、大いに突っ込みたいのですが、また別の機会に。)


野村證券のサイトでは
「オンラインサービスご活用のお願い」と銘打っています。

 


画像元:野村證券

また大和証券のサイトも久しぶりに見てみたのですが、
投資信託の『つみたて』インフラが、

 



というふうに
スゴイことになっていて、

「これってSBI証券のインフラに寄せてきている?」

画像元:大和証券


コロナがなくてもそうでしたが、
新型コロナウイルスという向かい風のために、

既存の店舗型証券会社が
ますますネット証券のサービスに「寄せてきている」、
あるいは「寄せられている現実」があります。


コロナ後の社会は金融だけでなく、
さまざまな方面で
「オンラインでのやり取り」が促されることになるでしょう。

もはや店舗型証券会社はその存在意義が薄れていく一方なのです。


わたしはこの分野でも
壮大な二極化』が起こると予想します。

 



すなわち、
「店舗型」は富裕層に特化したプレミアサービス的な箱になる。
それ以外の大部分の顧客は「オンライン・コールセンター」が窓口になる。

(もちろんフィデリティ証券のように、
ネット証券ではあるが
富裕層に向けたプレミアサービスを模索する金融機関もあります)

 

 


画像元:フィデリティ証券


いずれにせよ、
中間的な、どっちつかずのサービスは
早晩淘汰されていくことでしょう。

(もしかすると)わたしの予想より早く、
野村證券はSBI証券に追い抜かれるかもしれません。

〇 関連記事
SBI証券が野村證券を追い抜くなんて・・


カテゴリ:金融機関にモノ申す

おすすめの記事