つみたて投資

コロナショックは投資の大きなチャンスです!(早期リタイアしたアマンとクリスティーナの場合)

2020年4月1日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

アマンとクリスティーナは
チャンネル登録者数20万人を超える著名ユーチューバ―です。

Our Rich Journey」という
YouTubeチャネルを運営されています。

このご夫妻、
サンフランシスコのベイエリアのご出身ですが、

2019年8月に「アーリーリタイア」を達成され、
今はご家族4人でポルトガルにお住まいなのだそう。

 




いわゆる
FIRE(Financial Independence, Retire Early
= 経済的に独立、早期に退職)組なのです。

昨年アマン39歳、クリスティーナ41歳のときに
FIREを達成され、9カ月間は新たな投資はしていなかったのだそう。


それが、
(時々わたしは彼らのYouTubeを観ていたのですが、)

今月(この3月に)投資を再開され、
3月25日に5,000ドルをインデックスファンドに投資されています。

それを伝えているのが、このYouTube動画。


 



アマン曰く、

これから毎月投資をしていくよ!


※以下、わたくしカンによる意訳です。
解釈の微妙な違い等は何卒ご容赦くださいませ。


アマン)

株式市場が30%も40%も下がるのを見るのは
恐ろしく感じてしまうもの。

でも、これって実はすごい投資の機会なんだよ。
下落相場の間こそ、making moneyのときなんだ。

30%も市場が下がっている今だからこそ、
投資を始めるには最適。

実際、富裕層は株式に限らず不動産でも
安いときにこそ勇んで資金を投入し、よりリッチになっているんだ。

 


・・そして
アマンとクリスティーナは
一体どんなポートフォリオで
5,000ドル分の投資を行ったのか?

全米株式      60%
世界株式(除く米国)20%
米国REIT      20%


二人は実際投資を行ったインデックスファンドについても
解説しています。

いわゆるVTIや、
バンガード・トータルストックマーケット・インデックスファンドと
似通った投資対象である、

〇「フィデリティ・ゼロ・トータル・マーケット・インデックス・ファンド」(FZROX)
これが全米株式6割の枠です。

2018年に鳴り物入りで登場した
年間経費比率が文字通り『ゼロ』のインデックスファンドです。

クリスティーナ曰く、
このファンドは年初から比べると、25%オフで買えたわよ。

 

 

 

次は20%を、
〇「フィデリティ・ゼロ・インターナショナル・インデックス・ファンド」(FZILX)に。

米国を除く、世界の先進国、新興国の株式に投資を行います。
(銘柄数は2100銘柄以上)

当ファンドも年間経費率『ゼロ』のファンド。

 

アマン曰く、
このファンドも年初から比べると、25%以上ディスカウントで買えたよ。

 


最後の20%は、
〇「フィデリティ・リアルエステート・インデックス・ファンド」(FSRNX)

アメリカの97のREITに投資を行います。
経費率は年0.07%

アマン曰く、
このファンドは年初から比べると33%以上安く、
ビッグディスカウントで買えたよ。


(※ちなみに上記3本のファンドとも要求される「最低購入金額」はありません。)


続けて・・アマン曰く、

この3つのファンドをこの価格で買えるなんて
僕たちはとてもハッピーだ。

もちろん来月はファンド価格がもっと下がっているかもしれない。
でもそれはぜんぜんOKさ。

なぜなら、ドルコスト平均法で
(価格がより下がれば)より多くの口数が買えるし、
それはより大きなディスカウント状態で買えたということ。


はい、まったく同感です。。

 

最後に、
アマン、クリスティーナ夫妻は来月以降、
毎月1200ドルずつ、3つのインデックスファンドを、
60%、20%、20%の割合で投資していくのだそう。

そう、
海の向こうでも、
つみたて投資をしている『仲間』がいるのです。

あなたは決して独りではありません・・。



わたしの「拡大つみたて投資」も、
昨日、一回目の引き落しがされました。
毎月毎月、平常心で安くなった市場を買い続けていきます!

参照記事
カン・チュンドの『つみたて投資』拡大宣言。


カテゴリ:つみたて投資

おすすめの記事