ポートフォリオ運用

『要点検!』株価下落が続く中、つみたて経験2年弱、運用資産100万円の鈴木さんへのアドバイスとは?

2020年3月2日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

31歳の鈴木さんは
つみたて投資を始めてまだ2年弱。

今回はじめて本格的な下落相場を迎えました。

これまで積み上げてきたプラスのリターンは、
泡のように消えてしまい、とても戸惑っています。

が、鈴木さん・・。

投資家であれば
一時的な『損失』は誰しも経験することですよ。

 



ちょっとだけ発想の転換をしてみましょう。

書籍による単なる情報ではなく、
生の体験』として市場の下落に見舞われること自体が、

(考えようによっては)
お金では買えない『貴重な経験』と云えるのでは・・。

できるだけ冷静に、
今、鈴木さんが『何を感じているのか』書き留めておきませんか?

そのメモは次回、
また市場の乱気流に見舞われた際にきっと役立つはずです。


ところで今、鈴木さんは
先進国株式インデックス」のみに積み立てをされていますね。
(運用資産額は現在100万円ほど。)

今の段階で『10数%の下落』ですが、
お気持ち的に大丈夫ですか?

お仕事に影響が出たり、
夜寝つきが悪くなったりしていませんか?

これが運用資産500万円になったときに
(同じことが)起こっても平気でしょうか?

自分の許せる「リスクの範囲内」だと言えますか?)



誤解がないように申し上げると、
これは我慢比べ大会云々ではなく、

鈴木さんが余裕を持って
マーケットの波に気を取られずに、
自らの投資スタイルを続けられる「リスクの振れ幅」とはどの程度なのかを知るためのご質問です。

 

・・実は急落が続く局面は、
自分がどの程度のリスク(価格の振れ幅)を許容できるかを知る『絶好の機会』なのです。


リスクを取り過ぎたと(正直)感じているなら、
つみたて先
「株式インデックスファンド」ではなく、

株式50、債券50程度の
「バランスファンド」に変えるのもひとつの選択肢です。

今まで積み上げた先進国株式インデックスファンドを
無理に売る必要はありません。

 



上記の例でいうと、
毎月「債券を半分」積み立て続けていくと、

トータルの運用資産内における債券の割合が
少しずつ少しずつ増えていきます。


次の具体例です。)

鈴木さんが米国の投資の教科書 60/40 を旨に、

 

「先進国株式インデックス」60%
「先進国債券インデックス」40% で

積み立てをしていたらという例です。



鈴木さんは際限なく下落が続くせいで、

下記のように
つみたて金額の「配分」を変えたくなりました。

「先進国株式インデックス」20%
「先進国債券インデックス」80%

フム。
株式がずっと下がりっぱなしですからね。


でも、です。

これは『ある投資対象』が下がったから、
⇒ そのつみたての割合を減らすという、
完全な「後追い行動」になっていないでしょうか?


「先進国株式インデックス」20%
「先進国債券インデックス」80% への変更は、

20/80 が
自分のリスク許容度に合った
『自分らしいポートフォリオだ』と感じているのではなく、

株式市場の急変を受け半ば気分的に
(かつ)一時的な気持ちで、
ひとまず 20/80 にしておこうという感覚ではないでしょうか?


ちょっと深呼吸してみましょう。

(そもそも)
「先進国株式インデックス」60%
「先進国債券インデックス」40% の配分割合が

自分が許せるリスクの範囲内かを再確認するべきです。


もし仮に「YES」であるなら、

「先進国株式インデックス」60%
「先進国債券インデックス」40% という毎月の配分比率に、
固執してよいと思います。

 

「カンさん。違うんです。
わたし以下のように毎月の配分比率を変えたんです!」

「先進国株式インデックス」80%
「先進国債券インデックス」20% !


あっ、そうでしたか。

株式が大きく下がっているため、
株式の割合を増やされたいのですね。

理には適っています。


が・・・
この先株式市場がさらに下げ続けても、

「先進国株式インデックス」80%
「先進国債券インデックス」20% の割合を維持できますか?


大きな変化が起こればまた、
掛金の「配分割合」を変えたくなるかもしれませんよ。

カウンセリング業務の中で思うこと。
それは、

⇒ 毎月行うつみたての
『掛金の割合』を都度変えることで、

自分の気持ちを落ち着かせようとするお客様が
たいへんに多いということです。

 

FINANCIAL PLANNER


誤解を恐れずに言いますが、

ネット証券の通常口座で
(あるいはiDeCOで、)
(あるいはつみたてNISAで、)

毎月の掛金の「配分比率」を触り過ぎると、
変えることが『クセ』になってしまう可能性が大です。


それに(実は)
鈴木さんの運用資産全体(100万円)の今の姿は、
毎月の掛金の配分には現れてきません。

2年弱、
「先進国株式インデックス」60%
「先進国債券インデックス」40% で積み立てを続けてきたとしても、

今、積み上がっている資産(100万円)では
おそらく、

「先進国株式インデックス」50%
「先進国債券インデックス」50%


くらいになっているはず・・。

これが、今の鈴木さんの姿なのです。


まとまった資産ベースで
ほんらいのポートフォリオからズレが起こっていたら、

まとまった資産ベースで
元の割合に戻す作業『リ・バランス』が必要になります。


運用資産が
200万円、300万円と増えてくると実感できると思いますが、

 

ある程度資産が大きくなると、
毎月の掛金の配分を変えるだけでは、
資産の割合を元に戻す『リ・バランス』はきつくなってくるのです。


「先進国株式インデックス」60%
「先進国債券インデックス」40% が

仮に自分が許せるリスクの範囲内なら、
毎月の掛金の「配分比率」は【固定】しておいてよいのです。

 



それからもうひとつ。

急落が続く局面では、
マネー全般について総点検』をする良い機会でもあります。

もし、毎月の貯蓄を犠牲にして、
全力でつみたて投資に回していたのなら、

つみたて投資の掛金を
減らすことも一考してみましょう。

これを機会に、
毎月の「貯蓄」と「投資」の割合、

トータル資産における、
「貯蓄」と「投資」の割合を再点検してみましょう。
(もしかすると、過大なリスクを取ってしまっているかもしれません。)


もちろん投資においても、

 

〇 どの投資信託を選ぶかがメインではなく、

〇 あなたが許せるリスクの大きさを知り、
それに基づいた運用の基本図(ポートフォリオ)を作って
それに投資信託を当てはめ、同じ姿勢を維持していくことこそ、

メインイシューとすべきです。



あと、昨日「医療保険」のお話をしましたが、
保険など無駄な支出を省くことでも
手元に残るお金は増やせますね。

資産運用は息が長い行いであり、
『走りながら考える』行為です。

ですので、途中で軌道修正が何度かあって普通なのです。


お知らせ)

3月のカウンセリング
ポートフォリオ点検!強化月間

今回のコロナショックは
あなたのリスク許容度をチェックし、
シンプルで継続しやすい運用ポリシーを作り上げる絶好の機会となります。

(スカイプでの面談も歓迎!)


カテゴリ:ポートフォリオ運用

おすすめの記事