投資信託あれこれ

投資信託は(フランス語でいえば)超初級編のこと

2020年1月29日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

投資信託という道具は、
ちょっと臆病で心配性な人に向いています。

そのサービスを購入する前に、
2歩進んで、1歩下がって、逡巡して、
もう一回くらい悩んで・・、

そして(ようやく)「買ってみよう!」と思える人に
向いているのです。


なぜなら投資信託は、

1.500円、1000円のように
『少額』から買えますから!

(要は試し買いができる。)

 

2027年満期の豪ドル建て債券も、
日立の株も、
調布市のワンルームマンションも、

500円とか1000円では到底買えません。


投資信託というツールなら、
無理なく投資のスタートが切れるのです。

「ムリなく投資を始められる」とは?

万一、
「自分には投資は向かない。やっぱり無理だわ!」
となっても、

無理なく(いつでも)投資が止められるということ。← ココ、重要!

2.背中に背負うリスク量が計りやすい!

 

投資信託は最初から、
やみくもに高い収益を求めてはいません。

先に「悪いこと」を考えて、
面白くもない退屈な『分散』を施します。

リターンを求めるより、
リスクを抑えることに「重き」を置くわけです。




 

投資信託を持ち続けて、
『最悪の事態』ってどんなイメージかというと・・。

(たとえば暴落の年、)
株式のインデックスファンドなら、
マイナス50%程度になる可能性があります。

株式50、債券50のグローバルなバランスファンドなら、
マイナス30~35%程度に落ち込む可能性があります。

でも、そもそも投資信託は
たくさんの銘柄をパッケージ化していますから、

この商品の価値そのものが、
『ゼロ』になってしまうことはないわけです。


要するに2歩進んで1歩下がって、
少しずつ進んでいくというあなたの性格と、

投資信託の商品特性は
「わりとフィットしていますよ」ということ・・。

正直に言って、
究極の絞り込みを行いながら、大きなリターンを求める、

個別株(含む信用取引)
FX(外国為替証拠金取引)、
CFD、実物の不動産投資などとは
本質的に異なっています。


あのー、よくネット証券の「トップページ」などで
見かけますよね。



画像元:SBI証券


国内株式 外国株式 投信 債券 FX 先物・オプション CFD 金・プラチナ、というふうに、各商品が『横一列』で並んで提示されている姿が・・。

あれ、わたしは高尾山級に『違和感』を覚えます。


(同じようなリスク・リターンの特性を持っていると、
誤解を与えかねませんし。)

それぞれの金融商品は、
ターゲットとしている投資家の、
リスク・リターンの特性が大きく異なっています。

また、潜在的にその商品を購入するボリューム層(人数)も
まったく違っています。


フランス語でたとえるなら、

 

アン、デュ、トワァ、
・「はじめの一歩☆超初級・フランス語」と、

・「ビジネスに生かすフランス語」
・「フランス語・中級編」

・「フランス語の代表的スラング50選!」
・「~サルトルから学ぶ~ フランス語の哲学用語集。」が、
すべて【横一列】で同じように提示されているようなもの・・。

 

ヘンですよね?


フランス語を習い始めるときは、
やっぱり
「超初級・フランス語」から手に取らないと!


それと同じように、
はじめて投資に触れ、
これから投資をスタートさせようという人は、

『投資信託』という道具から始めるべきなのです。

 



投資の初心者が
FXや個別株からスタートすることは、
立派なアドベンチャーワールドになり得ます(-_-;)

誤解がないように言いますと、

わたしは別に
投資という行いそのものが、
「投資信託でないとダメ!」

と言っているわけではありません。

 

入門時、
最初の「入り口」のところでは、
投資信託から始めるべき、

と申し上げているのです。


その後、
投資信託 → 個別株・FXを買う。
     → REITを買う。実物の不動産投資する。

というのは、
ぜんぜん「アリ」だと思います。

最初はリスク分散に重きを置いたモノから始め、
本人が望むなら、

徐々にリスクが高いモノ
(= 投資対象を絞り込んだモノ、
レバレッジを効かせたモノ)にシフトしていく・・。

そういう『順番』『プロセス』こそが大切なのです。


最後に私見ですが
そろそろネット証券は、

〇 トレード(売買)を行う人に向けたサイトと、
〇 ポートフォリオで資産管理を行う人に向けたサイトに分け、

まったく別のコンセプトを持った別個のサービス提供に踏み切るべきでしょう。

 

もはやゼロベースから
マーケティングを見直すときに来ているのです。 

 


カテゴリ:投資信託あれこれ

おすすめの記事