つみたてNISA

一般NISA、それともつみたてNISA?(その前に、あなたの家計はストック型、それともフロー型?)

2020年1月27日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

投資の『1丁目1番地』に立つ看板には、
いったいどんな文字が記されているのでしょう?

「税制優遇口座を活用すべし」
書かれている可能性 大 でしょう。

このメリットの意義は、
あなたもわたしもすでに知っていますね。

たとえば・・、
『一般NISA』と『つみたてNISA』

 

 

今般の税制大綱で
一般NISAは2024年以降「新NISA」として
存続することがほぼ決まりました。

したがって、

 

「カンさん。
一般NISA(新NISA)とつみたてNISA、どっちがいいの?」というご質問も、
今後続いていくことになります(^^)

 

シンプルに考えてみましょう。

 

一般NISA(新NISA)は、

 

〇 年あたり投入できる金額が多い。
〇 でも、非課税期間短め。
(ロールオーバーしても計10年。)

 

 

いっぽうのつみたてNISAは、

 

〇 年あたり投入できる金額少ない。
〇 でも、非課税期間長め(20年間)


当クリニックでは、
投入できる金額ベースより、
非課税で運用できる期間の長さを重視すべきと考えます。

(したがって「つみたてNISA」推し!)

 



が、個々人の
真っ白な地平に立った場合、

一般NISAなのか
それともつみたてNISAなのかの「解」は、

(実は)制度側にあるのではなく、
あなたの側に存在すると自覚すべきでしょう。

??

具体的に言えば、

 

1.まずは自分のおサイフ(お金)の状況を把握する。
2.あなたの家計のタイプによって(実は)
一般NISA、つみたてNISA
どちらがよりフィットするかは分かれてくる。という事実です。

 

(ご注意・・。ここからあえて一般NISA、
つみたてNISAいずれかを「はめ込む」お話をします。

当クリニックとしては
「つみたてNISA」をよりおススメしている事実を
どうかお忘れなく。)


さっそくですが、
片岡さんのお宅を覗いてみましょう。

 



片岡さんのストック(資産)は2200万円程度あります。
(ほぼ預貯金です)

ただ、お子さんの教育費などで
毎月の支出は膨れてしまっていて、
月ベースで残るのは3~4万円程度


片岡さんの場合、
(リスクの許容度がある程度高いという前提ですが、)
一般NISA(新NISA)もアリかもしれません。

なぜなら、
典型的な『ストック型家計』であるためです。

税制優遇口座に
ある程度まとまった金額を入れられるご余裕をお持ちですね。

(投資期間についても、
できるだけ伸ばされたいのであれば、
当初5年プラス5年(ロールオーバー)後も、
特定口座に移して課税口座内で運用を続けるという手もあります)


もう一人、
杉田さんのお宅を覗いてみましょう。

 



杉田家のストック(資産)は300万円弱
(ほぼ預貯金です)

共働きでご収支には余裕があり、
月ベースでコンスタントに10~12万円程度
お金が残っています。

杉田家は典型的な『フロー型家計』ですね。
ですので、つみたてNISA向きです。

杉田さんはつみたてNISAだけでなく、

iDeCoも実践し、もしかすると特定口座(課税口座)でも
多少つみたて投資が可能かもしれません。

もちろん杉田さんの場合も
『価格変動(リスク)を許容できる』というのが
前提条件となります。

 

最後に、
実はご家計がフロー型なのか、ストック型なのかで、
「ジュニアNISA」「未成年口座(特定口座)」
どっちを選ぶ?というケースにも応用ができます。


片岡さんはストック型の家計ですから、
「ジュニアNISA」がフィットする可能性があります。

フロー型の杉田家は
シンプルに「未成年口座(特定口座)」を開き、
毎月コツコツつみたて投資を行ったほうが良さそうです。


金融商品そのもの、各種優遇制度などを概観する際、
「どっちが良いのだろう?」
考える前に、

「どちらが自分により合っているのか?」という
視点を持つようにすべきですね。

 

春一番!全国4ヵ所縦断セミナー

  3月14日() 東京
 3月20日() 大阪
 3月21日() 名古屋
 4月18日() 東京
 4月19日() 札幌

(※ 各会場の会議室内にアルコール消毒液を設置させていただきます。)

 


カテゴリ:つみたてNISA

おすすめの記事