確定拠出年金(iDeCo・企業型)

3つの窓口(iDeCo・つみたてNISA・特定口座)での、全世界株式の攻め方について

2020年1月11日


こんにちは。
投資信託クリニック代表の カン・チュンド です。

『全世界株式インデックスファンド』は、
それ自体が理に適った投資のスタイルといえるでしょう。

ただし、注意点もあります。
当該ファンドは「株式市場のリスク」を
もろに被ることになります。

ときに「フリーフォール」のように
落下することもあるのが株式市場の定め。

(現に2008年には、
日本株式も先進国株式もマイナス50%程度
パフォーマンスとなったわけです)


したがって、

〇 運用に回す以外に安全資産が潤沢にある。
〇 毎月残るお金のうち、貯蓄に回す余裕も持っている。
〇 リスク資産が半分程度になっても
投資を続けられるマインドを持っている。

このような人のみが、
「全世界株式インデックスファンド」を
投資対象としてよいのです。


ところで、
iDeCO、つみたてNISA、特定口座と
「窓口」が変わると、

その窓口ごとで別の戦略を練り、
その窓口ごとで「○○を買いましょう!」
という議論になる場合があります。

 

でも、これってヘンだと思いませんか?


たとえ「窓口」は別でも、
巨大な胃袋ではないですが、いったん入ってしまえば

あなたにとってはすべて
あなたの資産運用の一部」となるはず。

超々シンプルに資産管理を行うなら、

異なる複数の窓口はあるけれど、
すべて同じ「投資信託」で統一する。
という考え方も(もちろん)アリです。

金額ベースは違っても、お金の入れ方の頻度が違っても、
すべて同じ「投資信託」で統一すれば、すべて同じ型(かた)になりますから。

 


具体的に見ていきましょう。

<SBI証券で一括管理>

iDeCo(セレクトプラン)
SBI・全世界株式インデックス・ファンド
つみたてNISA
SBI・全世界株式インデックス・ファンド
特定口座
SBI・全世界株式インデックス・ファンド

 

と整えることが可能です。

<楽天証券で一括管理>

iDeCo
楽天・全世界株式インデックス・ファンド
つみたてNISA
楽天・全世界株式インデックス・ファンド
特定口座
楽天・全世界株式インデックス・ファンド

 

そして、このたび
マネックス証券』で
以下のように一括管理が可能になりました。

 

<マネックス証券で一括管理>

iDeCo
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
つみたてNISA
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
特定口座
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

 

iDeCoで
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)が
買えるようになったのは画期的です。

また、連動を目指す指数は異なりますが、

つみたてNISA、特定口座ではSlim オール・カントリーを買付け、
iDeCoでは SBI・全世界株式や、楽天・全世界株式の保有となっても、そんなに大きな違いが生じるわけではありません。 

 

それにしても、iDeCoの皮肉

遅く制度を立ち上げた金融機関ほど、
(商品ラインナップの面で)優位に立ちやすいという点なのですね。

本年の『スタートダッシュ』をぜひ当セミナーにて!
 第31回 2月1日()in 東京・田町


 

 


カテゴリ:確定拠出年金(iDeCo・企業型)

おすすめの記事