業務連絡

2020年、青い状態を保つということ

2020年1月4日


新年明けましておめでとうございます!
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

(本年も当ブログをどうぞよろしくお願いいたします。)

また年末に名古屋、大阪、広島、福岡でのカウンセリングでお会いしたたくさんの相談者さま、
本当にありがとうございました。


わたしの実家は神戸にあり
年末はいつも通り帰省したのですが、
神戸出身の作家に陳舜臣さんがいます。

(陳さんは台湾がルーツの華僑の方です)

歴史小説「阿片戦争」や「琉球の風」で
ご存じの人もおられるのではないでしょうか。

その陳さんのエッセイ集に
「雨過天青」(うかてんせい)があります。

 

「雨過天青」って?


雨上がりの、雲が去った状態の
天の青さを表すことば。

 

(文字を↑見ているだけで、
すがすがしさが伝わってきます)


「青」は昔から
青春、青椒など、まだ熟れていない、

初々しい状態を表す文字として
用いられてきました。

(ちなみに当クリニックのイメージカラーも
『青』です(^^)

 


月並みですが、
今年も青さを忘れずに、

長期で資産形成を目指す生活者の皆さまに寄り添い、
愚直に仕事を続ける所存です。

 

ただし、です。

パフォーマンス的には
2020(ニンマリ・ニンマリ)になるとは限りません。

 

むしろマーケット環境としては、
『波乱の年』になると考えていたほうが良さそうです。

 

〇 リ・バランスでは
久々に『株式を買い増しする』年になるかもしれません。

 

〇 つみたて投資では
久々に『口数を大きく溜め込む』年になるかもしれません。

 

 

仮に10年間同じスタンスで運用を続けても、
3年はマイナスの成績になるのが投資の常です。

 

短期的なアップダウンではなく、
長期的なトレンド(= 世界経済の持続的な成長力)に
あなたのお金を託していることをどうかお忘れなく・・。

 

 

〇 何のために
〇 いつのために
ワタシは資産運用に取り組んでいるのか?

あなたがいちばん最初に抱いた
『青い心』を思い出しながら、
2020年も穏やかに過ごしてまいりましょう。

 

ついでに・・あなたの実生活でも。

たとえ小さな事ひとつでも、
何か新しいものごとにトライしてみることで、
意外な道が(意外なところから)開けたりするものです。

 

2020年ですから、
わたしはあなたに2020(フレー・フレー)!
愚直にエールを送り続けます。

本年も当クリニックをどうぞよろしくお願い致します。

 

追伸)個別カウンセリング直近は、3連休の11日(土)午後、13日(祝)に余裕がございます。


カテゴリ:業務連絡

おすすめの記事