投資信託あれこれ

カンさん『運用管理費用』ってそんなにタイヘンな手数料なの?

2019年12月12日


こんにちは。
投資信託クリニック代表の カン・チュンド です。

パーセント(%)で数字を言われても
ふつうはピンと来ません。

別途請求書が来て、
それを定期的に自分のお財布から支払うわけでもないですし。

あっ、今お話ししているのは、
投資信託のけいぞくコスト
運用管理費用』のことです。

これほど分かりにくい手数料も(まあ)あまりないでしょう。


教科書的にいうと・・、

 

〇 あなたが投資信託を持ち続ける限り、
一定のパーセント(割合)がファンド資産から
差し引かれ続ける手数料・・

 


それは、
運用会社さんや販売会社さんや
IFAさんの「報酬」となるわけです。

ファンド資産から差し引かれる
→ それが果たして大した『手数料』なの?

あなたはそう思われるかもしれません。


ちょっと突飛な想像をしてみませんか?
あなたは(実は)とてつもない『大富豪』です。

 




世界中の株式を(なんの問題もなく)
まんべんなく買っちゃうことが出来ます。

たとえば、
世界50ヶ国、2000や3000の株式を、
資産管理画面の中に持っているわけです。

ついでに、
時価総額(会社の規模)が大きな株式ほど
多くの割合を持ち、

各株式の配分比率も
優秀なソフトが逐一管理してくれています。

そう、
あなたはけいぞくコスト『ゼロ』で
全世界株式を直接所有している状態なのです。

 


さて、ここからですよ。

仮に、
全世界株式の年率リターンを「6.5%」としますね。

この状態なら、

〇 全世界株式の年率リターンと、
〇 あなたの投資のリターンは『一致』します。

 


でも実際は・・・。

あなたもわたしも、
世界50ヶ国、2000や3000の株式を自分で買って、
自分で管理するなんて出来ません。

そんなお金ないですから・・(-_-;)

ですから、それを「投資信託」という道具に
委ねるわけです。

換言すれば、

「投資信託」という商品を通じて、
あなたは世界50ヶ国、
2000や3000の株式を所有できるようになります。

★『運用管理費用』とは、
まさに投資信託の利用料のこと!



 

ちょっとここから耳慣れない
コスト比率】ということばが出てきます。

たとえば2020年、
全世界株式の結果リターンは「6.5%」だったとします。

でも、あなたは
「投資信託」という道具に
その利用料として『運用管理費用』を1.5%分支払いました。

すると、どうなります?

 

あなたの実入り【実績リターン】は
6.5% - 1.5% = 5% となります。

 


これが『運用管理費用』のインパクトです。


今の場合、
全世界株式の名目リターン「6.5%」に対して、
利用料の「1.5%」は?

【コスト比率】でいうと 23%にもなるのです。


不動産であれ、金・貴金属であれ、
投資信託であれ、

 

けいぞく的にかかるコストが、
期待できるリターンに対して
どのくらいの割合になるのか・・

私たちは【コスト比率】という物差しを持つべきなのです。

 


先ほどの話題に戻りますよ。

全世界株式の名目リターンが「6.5%」でした。

あなたは投資信託を通じて
全世界株式を保有していますから、

投資信託の「けいぞく利用料」として
運用管理費用を払います。

仮にそれが「1.0%」なら、それは?
金融機関側の取り分に。

5.5% があなたの取り分になります。

もし、運用管理費用が「2.0%」なら?

それが、金融機関側の取り分に。
4.5%」があなたの取り分になります。

 

 

ではでは、
もし、運用管理費用が「0.2%」なら?

それは金融機関側の取り分です。
「6.3%」があなたの取り分に!

もうお分かりですね。

コストが低い投資信託を選ぶとは、
(今の例でいうと、)

全世界株式からもたらされるリターンのうち、
金融機関側ではなく、

私たち消費者側の「取り分」を極力増やすよ、
という【決意表明】なのです。


先ほどは耳障りのよい、
リターン「プラス6.5%」を例に挙げましたが、

株式の結果リターンは毎年バラバラで、
ときに「大きなマイナスのリターン」にもなります。

2020年、
全世界株式の名目リターンが仮に「マイナス16.5%」に陥り、
運用管理費用が「2.0%」なら、

あなたの実入り『実績リターン』は・・?
マイナス18.5%になってしまいます。


投資の世界では
・リターンは不確実
・コストは確実 ですから、

まずは『コストを抑えること』を心がけるべきでしょう。

 

【冬の西日本☆出張コンサルティングの旅♪】
 大阪 12月23日~25日(残り1枠) 
 福岡 12月27日~29日(残り1枠)

「今年のお悩みは今年のうちに。」

 


カテゴリ:投資信託あれこれ

おすすめの記事