お金の摩訶不思議

寄付と投資は親せきです

2024年2月7日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

投資家にとって『寄付』という行為は縁遠いように思えます。

まず、イメージが違います。

 

「投資」は儲かるか損をするか。

リスクを負って、ひたすら自己の利益を求めて、
ギラギラ(ちょっと)貪欲な印象があります。

 

 

いっぽうの「寄付」は?

 

あなた個人のお金を社会的な役務に供すること。

 

何かに(自己のお金を)役立てて欲しいという、

『利他の気持ち』を具現化する行為であり、
どこか清々しいイメージがあります。

 

 

 

 

 

ひふみ投信の藤野英人さんが
困窮する若者を支援する認定NPO法人
DXPの今井紀明さんと対談されているYouTubeを聴いたことがあります。

 

 

 

(『音声のみ』なので、大事な言葉がすーっと頭の中に入ってくるよう。)

 

 

対談の中で、
藤野英人さんは「投資文化」と「寄付文化」について
独自の考えを語っておられました。

 

藤野さんは、

 

〇 投資と寄付は 似ている部分がある。
〇(どちらも)世の中を変える原動力になる。
〇(どちらも)人を通じて社会を変えていくものである。

 

と仰っています。

 

あなたはどう思われますか?

 

 

 

 

 

先ほど、

寄付は、
(自分のお金を)何かに役立てて欲しいという気持ちを具現化する行為。

と述べましたが、

 

これって、
「投資」の根底にも通じている、とわたしは思います。

 

 

(これは私見ですが、)どうも投資という行為は、
儲け・損失の部分 を大きく取り上げすぎだと思うのです。

 

ほんとうは、

投資 = 社会的なアクション + 自己の損益 なのでは。

 


同様に、寄付という行為も、
ちゃんとした人が・きちんと行う・堅苦しい行い の部分を取り上げすぎ。

 

 

誤解を恐れずにいえば、

寄付 = 自己満足 + 社会的なアクション なのです。

 

『寄付』って、
フツーの人がベタな気持ちで楽しくやってよいのではないでしょうか。

 

「もっと肩の力を抜きましょうよ。」 

 

 

例えば、仮に、ですが、
お笑い芸人のEXITのお二人が、

「いやぁ俺たち、
子宮頸がんの啓蒙のために寄付してるんすよ。」と言われても、

 

 

 


別にヘンな光景ではありません。

ぜんぜんおかしくありません。

 

『投資』という行いも、

今では
フツーの人が
肩ひじ張らずにフツーにやっていますし。

 

 

わたしは、

 

投資・・ 金銭的に不確定の社会貢献行為。
寄付・・ 金銭的に確定の社会貢献行為。であると考えます。

 

 

(投資は己の利益を求めると同時に、
社会的にコミットする行為でもあるわけです。)

 

 

寄付も(実は)利他の心のみではなく、
あなた自身の、
「誰かの役に立っているんだ!」という自己承認の発露であり、これは何を隠そう、自分自身に対する『リターン』が確認できる行為 なのです。

 

 

 

 

 

上記対談内での
藤野英人さんの主張は明快です。

 

(実は)寄付と投資は繋がっているから、
寄付文化を盛り上げないと、投資家は増えていかない。

 

たしかに・・・。

 

 

裏を返せば、
投資という行いにも、

「誰かの役に立っているかも・・」という自己承認の気持ちが隠されているのでは?

 

『寄付と投資は親せき。』

根底でつながっています。

 

これらの行動(アクション)に興味があること自体、
人として高尚であるとわたしは思います。

 


カテゴリ:お金の摩訶不思議

おすすめの記事