投資の発想法, 投資家の感情リスク

長期投資は株式の『価値』に着目し、短期投資は株式の「価格」に惑わされる

2024年2月3日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

NightWalkerさんの下記記事内で
興味深い一節を見つけました。

 

 

 

株式投資のやり方は大きくふたつあります。

 

(1)「価格(Price)」に着眼した手法
(2)「価値(Value)」に着眼した手法 

 

なるほど。

 

 

冷めた目線で見ると、
「株式市場」はちょっと変わった所かもしれません。

 

 

 

 

 

例えば、
「本日のマイクロソフトの株価は440ドルでした。」とか、値段は毎日付くわけです。

 

(市場全体でいえば、)
今日のダウ平均(終値)は 38246ドルでした、とか。

 

このように
都度「価格」は決定するのですが、

 

ではその『価格』
株式という資産の「価値」(現在の価値)を

正しく表しているかといえば、大いに疑問でしょう。

 

 

 

 

 

ココ、少し深掘りしてみたいのですが、

 

株式市場の「価格」は大抵の場合、

 

〇 その『価値』より高めに提示されるか、
〇 その『価値』より安めに提示されるかの、どちらかになると思います。

 

 

つまり多くのケースで、

株式の「価格」と、
その『価値』の間にズレが生じるわけです。

 

ではなぜ、
『価格』と『価値』のズレが生じるのでしょう?

 

 

それは、

 

株式の『市場参加者』が
―あなたやわたしも含めて、―
『恐怖』と『欲望』に満ち溢れて、
冷静な判断がなかなか出来ないためです。

 

 

 

 

 

言い換えると、

マーケットに集う人々の
欲望と恐怖の増幅の『度合い』によって、

価値と、価格の「差」は
大きくなったり小さくなったりを不規則に繰り返すのです。

それが株式市場の本質。

 

 

以下、典型的なケースを挙げてみましょう。

 

バブル時・・ 「価格」『価値』

です。

 

暴落時・・ 「価格」『価値』

です。

 

 

「なんか人間ってバカだね・・」


と言われれば、

「短期的には そうですよね。」と答えるしかありません。

 

 

 

 

 

なにせ、
『価値』と「価格」が大きくズレるわけですから。

 

翻って、私たちの反応です。

 

株式市場では毎日『価格』が付くため、私たちはどうしても『価格』そのものに影響を受けがちになります。

いちいち反応してしまうわけです。

 

 

しかし、

どのみち 価格 > 価値 になったり、
価格 < 価値 になったりを繰り返すのが『市場』なのですから、

 

 

『株価』も、
市場の『株価指数』も、

気休め程度に「ふ~ん、そうなのね。」くらいに見ておいたほうが利口というもの。

 

 

 

 

 

たとえば、

あなたが保有するファンドの価格が順調に上がり過ぎて、少し居心地が悪いなと思う時は、

 

あぁ、
価格 > 価値 なのね。

と思って自分を落ち着かせましょう。

(実際、価格 > 価値 が顕著になる事はしばしば起こります。今もそうかも・・。)

 

 

逆に、
保有するファンドの価格が
だらだらと下がり続け、あーぁ居心地が悪いなと思う時は、

 

あぁ、価格 < 価値 が顕著になってるのね。と思って自分を落ち着かせるのです。

 

 

 

 

 

マーケットにおいては、
『価値』と「価格」2種類の指標があり、

 

短期的に見れば、
そのズレは時に顕著になるため、

 

株式の価格も
株式市場の価格も「かりそめ」なんだ・・と思っておきましょう。

 

NightWalkerさんの記事では、

 

 (1)「価格(Price)」に着眼した手法
 (2)「価値(Value)」に着眼した手法 

 

という、二つの投資のやり方が記されていますが、

 

株式の価格に着眼した株式投資を行うと、

市場参加者の「恐怖と欲望」による増幅度合いを考慮しながら、トレード(取引)することになり、そこで利益を上げ続けることが、いかに難しいかが分かります。

 

 

では、

「価値(Value)」に着眼した手法 とは?

 

 

 

 

 

現在の株式の価格、
あるいは
株式市場の『価格』を無視するわけです。スルーします。

 

そして、
短期的にはまったく表に現れない『価値』という指標に重きを置きます。

 

換言すれば、

株式の「価格」も
株式市場の「価格」も、

 

長~い目でみれば、
『価値』に収斂していくよ。という考え方を持つ投資手法なのです。

 

 

 

 

あなたは、

株式の「価格」は
長期の視点で見た場合、
『価値』に収斂していくと思えますか?

 

もしYESであるなら、あなたは生粋の「長期投資家」であるといえるでしょう。

 


カテゴリ:投資の発想法, 投資家の感情リスク

おすすめの記事