投資の発想法

あなたの「インベストメントセンター」を図解してみる

2024年1月23日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

自分の中での今年の目標はズバリ、
『本をしっかり読むこと』です。

 

 

 

 

上記、さっそく実践しているのですが、

ある書籍を読んでいて、
「なるほど!」と思える図表を見つけました。

 

それがコチラ。

 

 

 

書籍:「具体⇔抽象」トレーニング 思考力が飛躍的にアップする29問 (PHPビジネス新書) Kindle版より。 

 

 

上図は「企業経営」を解説する図ですが、

 

「個人のマネー管理にも当てはまるやん!」
と思ったのです。

 

 

 

コストセンターとは?

 

個人の家計における
『節約センター』に当てはまります。

(ムダな支出を削りましょう!という、
節約術系のコンテンツでおなじみですね。)

 

 

 

書籍:「具体⇔抽象」トレーニング 思考力が飛躍的にアップする29問 (PHPビジネス新書) Kindle版より。 

 

 

プロフィットセンター
『貯蓄センター』と言い換えられます。

 

よく、「収入(売上)を増やして支出(コスト)を減らし、恒常的に「貯蓄」できる体質に変えていきましょう!」と言われますね。

 

 

そして、

インベストメントセンターとは
文字通り『投資センター』のこと。

 

 

 

この図表は意味深です。

 

 

コスト(支出)を削減 →「1階」部分とすると、

 

売上(収入)を増やしながら、
コスト(支出)を削りましょう。が、

「2階」部分に当てはまります。

 

そこに、
『時間』という要素を加味すると、

まさに、

3変数
(コスト+売上+時間)となります。

 

 

いや、
より資産運用的に言えば、
【3変数】
(収入-支出)×時間 でしょう。

 

 

 

 

 

(ところで、)どうして × 時間 なのでしょう?

 

支出を削る(コストセンター)や
収入増、支出減を目指す(貯蓄センター)は、所詮『一次関数』であります。

 

ココはもちろん重要で、
その延長上に「投資」が存在するわけですが、

 

そこから、
× 時間

 

より正確には、

× 時間 × 利回り という乗数効果をもって、

はじめて「貯蓄センター」では想像し得なかった、資産の増大が可能になる・・、それが『投資センター』なのです。

 

 

 

 

 

あなたの節約心得と、
あなたの貯蓄マインドと、ダイレクトに「つながっている」のが、あなたの投資でしょう。

 

投資に詳しくなればなるほど、
微細な、テクニカルな情報に人は流されてしまいがちですが、

 

『貯蓄』のベクトルの延長上に、『投資』は(シンプルに)在るわけです。

 

 

 

 

 

そして、
(収入-支出)× 時間 × 利回り の、

× 時間 × 利回り の部分で、

わたしは「わざと」時間を先に記しました。

 

Why?

 

 

それは、

 

『時間』という長い帯を渡って、
= 投資を長く続けてはじめて、
平均回帰的な『利回り』を獲得できるためです。← ココ、重要。

 

 

ですので、
例えば昨年(2023年)のS&P500のリターン「24%」にこだわることに意味はありません。

それは、一昨年(2022年)のS&P500のリターン「マイナス19%」に、こだわることに意味がないのと同様です。

 

 

図表では、

 

 

 

 

『インベストメントセンター』
(生涯利益を最大化)

と記されていますが、
個人の資産運用もまさに同様です。

 

一貫した姿勢で【長く】投資を続けることが、
×「時間」×「利回り」という乗数効果を大きくしてくれるのです。

 


カテゴリ:投資の発想法

おすすめの記事