お金の摩訶不思議

肥沃なお金を全部任せきりで、営利会社に貸し付けたりしていませんか?

2024年1月16日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

お金とは「記号」のようなものです。

たとえば 363,298円。

これが
先月(12月)の手取り収入だったとしましょう。

 

12月の1ヵ月間、

あなたは毎朝毎夕電車に揺られて、
上司と部下の板挟みに遭いながら
聞きたくもない小言も聞かされて、

 

あなたの身体もエネルギーも、
特定の営利団体(お勤めの会社)に注ぎ込んだ結果、363,298円を得ました。

 

このお金(数字)は象徴です。

そして、汗と涙の結晶として得た
リソース(資源)でもあります。

 

 

 

 

 

しかし、です。

不思議なことに
この大切な資源を、

あなたもわたしも、
たった一社の『営利会社』に貸し付けたりします。

 

ちょっと上記の 363,298円
『肥沃な土地』と想像してみましょう。

 

お金 = 土地 と喩えます。

 

 

 

 

あなたはこの資源(土地)を、
ぜんぶ『特定の営利会社(一社)』に貸しています。

 

まあ、貸してしまえば確かにラクです。

あなたは特段何もしなくていいわけですから。

 

 

「そうだよ、カンさん。
この土地(お金)を貸してさえいれば、
特定の営利会社が
四方に柵を張り巡らせてくれて、
「『土地』の価値を減らすことはありません!」と保証までしてくれるよ。
いつでも全部、あるいは一部の『土地』を返してもらうことも出来るし。」

 

フム。これは楽ですね。

 

でも、楽なウラには「からくり」もあります。

 

 

あなたから『土地』を借りた特定の営利会社は、
自らその土地を耕し、作物が実った分については、自身の収益として受け取ることが出来ます。

 

 

 

 

 

ココ、重要なのですが、

 

他者に、
自分の土地(お金)の管理をすべて任せてしまうと、あなたの実入りはほんの「わずか」になってしまうのです。

 

 

特定の営利会社 = 銀行 です。

銀行預金とは、営利の会社(銀行)にお金を貸すこと。

 

 

そもそも本日例に挙げた「肥沃な土地」とは何でしょう?

それは、あなたの汗と涙の結晶に他なりません。

 

 

 

 

 

それを単に
銀行に貸し付けるだけ?

 

(そもそも、)あなたは自分の土地(お金)の
潜在の力について想起したことがありますか。

 

 

土地(お金)とは、
何かを耕してこそ、
元々持っている『潜在の力』が開花するリソースではないでしょうか?

 

 

その一部を、
自分で『耕してみる』ということは、

あなたに元来付与された
立派なオプションのひとつです。

 

 

 

 

 

もちろん、
『耕す』がうまくいかないこともあるでしょう。
(最初の頃はとくにそう。)

 

思わぬ気象の変動や、
自然、生物の猛威に遭って、土地(お金)の価値が減じてしまうかもしれません。

 

が、別に
土地(お金)が全部なくなってしまうわけではありません。

 

 

その土地(お金)を、
あなた自身が(長い目で)慈しみ、育てよう!と思えるかどうか。

 

それが投資のマインドです。

 

最初の一歩こそが、
あとから振り返った時に「大きな一歩だった」と思えるはずなのです。

 

 


カテゴリ:お金の摩訶不思議

おすすめの記事