その他・雑記

山崎元さん。

2024年1月6日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

このブログをお読みのあなたなら、
山崎元さんのお名前は聞かれたことがあるでしょう。

 

わたしが山崎元さんの本を読んだのは、
『お金がふえるシンプルな考え方』(2001年)が最初だったと思います。

それは当時、ちょっとショックな出来事でした。

もちろん良い意味で。

 

まるで竹を割るように、

「長期投資でもリスクは減らない!」
「外貨投資は立派な”投機”だ!」

「コストは確実なマイナスだ!」(ここでのコストは投資信託の信託報酬のこと)と、痛快に語っている文章を読んで、

 

FP(ファイナンシャルプランナー)も
はっきり自分の考えを持っていいんだ。と励まされたものです。

 

わたしは
2009年に初めて山崎さんにお会いしたのですが、
その時は話し掛けることすら出来ませんでした。

 

山崎さんのことを「男前!」と思ったのは2011年のこと。

年初の「インデックス投資ナイト」で、
水瀬ケンイチさんとの共著『ほったらかし投資術』を、会場の皆さん全員分ポケットマネーで進呈される姿を見てカッコいいと思いました。

 

山崎さんといえば
歯に衣着せぬ物言いで有名ですが、
あれは山崎さんの職業上の「キャラ」であり、

本当は初対面の人には90度のお辞儀をされる律儀な方です。
(初めてその姿を見た時はビックリしました)

 

またカラオケでは、
安室奈美恵や華原朋美の歌を歌ったりするお茶目な面もお持ちでした。

 

ご自身のnoteで書かれている通り、
浪費の傾向があり、大酒飲みで、

「投資」は仕事のタネであり、ご自身はお金にも投資にもさほど興味を持たなかった点に、なぜかとても惹かれます。

 

 

 

画像元:東証 マネ部!

 

 

山崎さんは「昭和の男」だなと思うのですが、それは山崎さんが最期まで仕事に生きたところです。

 

余命を計りながら、
最期の最後まで、字を書き、YouTube等に出演されていました。

やっぱり生き様としてカッコいいです。

 

個人的には
「つみたてNISAフェスティバル」で私が金融庁長官と対談した際に「グッドジョブ」と声を掛けていただいたことが忘れられません。

 

山崎元さんは亡くなられましたが、
氏は膨大な著書と執筆された記事をお持ちです。

肉体は滅んでも山崎さんの言葉はずっと残るわけです。

 

私たちが、
ヤマゲン節を学ぶのはむしろ『これから』なのです。

 

(直近の山崎さんに出会われたいなら、
直近の山崎さんの記事をまずは読んでみましょう。

noteの、
『「癌」になって、考えたこと、感じたこと』シリーズをお勧めします)

 

山崎さん、本当にありがとうございました!

 

 


カテゴリ:その他・雑記

おすすめの記事