インデックス投資全般

2024年『投資』を始めるためには・・・

2024年1月5日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

自分のお金を全額「預金」で持っている人は
この国ではざっと7000万人はいると思います。

 

そのいっぽうで

毎日忙しく働く
勤労世代の中には、

全額「預金」でお金を持っていることに、
ちょっとしたモヤモヤ感を抱いている人がいるかもしれません。

 

 

すべて預貯金で持ってるのって
もしかしたらワタシ、
ちょっと損してない?

 

 

 

 

 

 

この言葉はすなわち、
あなたが「投資」を始めてみたいと思っている証拠でもあります。

 

かと言って
投資で「何を」すればよいのか、自分の中で整理がつきません。

 

いわば、
投資に対して
『半信半疑』の状態なのです・・。

 

それに、毎日忙しく
とても投資に対して時間を割いたり、エネルギーを掛けたりは出来ないので、

あっという間に4、5年くらい経ってしまった。という人が何十万人といるのです。この国では。

 

投資の方法論を向上させることも、アドバイザーとしては勿論大事なのですが、

 

 

『投資の河』を渡れない人に対して
適切なアドバイスを行うことも
同じくらい大事と考えています。

 

なので今、わたしはこの文章を書いています。

 

 

 

 

さて、
『投資』を始めるためには・・・、

 

 

1.SBI証券か楽天証券で口座を開設しましょう。
ついでに「NISA口座」も開設します。

 

 

2.ズバリ方法論のみとなりますが、
まずは「NISA口座」を使用します。

 

投資信託、その中でも
インデックスファンドを用いて「積立投資」を開始します。

 

イメージとして、
毎月残るお金の20%程度を目途に「積立金額」を決めます。

 

 

 

 

 

月に5万円程度お金が残る人なら、
1万円を積立投資に回すわけです。

 

ただし、
この「積立金額」は10年以上寝かせておけるお金であることが前提です。

 

10年内に使う予定があるお金を投資に回してはいけません。

 

 

 

3.実際に積み立てるインデックスファンドは、
以下の中から選ぶとよいでしょう。

 

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)
楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型)

 

 

4.毎月積み立てられるお金が10万円以下であれば、
NISA口座の「つみたて投資枠」のみを利用します。
10万円を超えるようなら、
「つみたて投資枠」「成長投資枠」とも利用します。
ただし積み立てるファンドは『ひとつ』だけでOKです。

 

 

 

 

 

最初、手続きや設定で時間がかかるかもしれませんが、不思議なことに、積立の設定まで終了してしまえば、あとは『やることがありません。』

実は
あなたにとって
もっとも理解し難いのが、

この『やることがありません。』という点でしょう。

 

 

最初の頃は
毎日ファンド価格が気になると思います。
(実際、毎日見てしまうでしょう)

でもだからといって、あなたに出来ることは『何もありません。』

 

 

ここに至って、
従来の投資のイメージとは真逆のことを、あなたは『やる』ことに気付くはずです。

 

 

最初のイメージと違って、

〇 情報を集めません
〇 機敏に動き回りません
〇 マーケットのタイミングを計りません

 

もっと言えば、

〇 投資のことを1週間で30分も1時間も考えたりもしません

 

なぜなら、
30分、1時間と投資のことを考えたほうが、
「よりお金が増える。」というわけではないためです。

 

 

 

 

そのうち、最初に決めた「方針」とは、
別のことをやりたくなるかもしれません。

あまりにも退屈ですから・・。

 

 

が、

『資産形成とは退屈なものなのです。』

 

 

それに我慢できずに、
個別株の話に耳を傾けたり、
華やかなリターンの数字に目がテンになったり、


いろいろと刺激がありそうなコミュニティに顔を出したり、行動(アクション)に次ぐ行動(アクション)にすごいなぁと感嘆したりし出すと、黄色信号「点滅」と思ってください。

 

 

 

 

別に投資はエンタメではないのです。

粛々と続けるだけの行為なのです。

 


カテゴリ:インデックス投資全般

おすすめの記事