投資家の感情リスク

どうか投資で頑張らないでください。

2024年1月4日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

投資で肝要なのは、
長く続けること = 市場に居続けること です。

 

ですから、
崇高な心構えは特に必要ありません。

大げさな決意表明もお勧めしません。

書籍を10冊読んでやっと身に付くような理論武装も(本当のことを言うと)必要ありません。

 

 

誤解を恐れずにいえば、
「嫌々」「渋々」始めてもよいわけです。

 

 

 

 

ヘンな日本語で恐縮ですが、

あまり賢くなり過ぎると、
逆に(投資を)始められなくなります。

 

何となく、
「あぁー、そういうことなのか」と合点がいくまで10年位かかってもOKです。

とにかく頑張らない。

 

好きな人が毎朝川沿いをランしているから、
自分も走ってみようかな。みたいな心持ちでよいのです。

 

 

 

あなたが『頑張らない』というのは、
マーケット(市場)に対する、立派な対抗手段です。

 

なぜなら、
あなたがたとえ頑張ったとしても、
市場が上がらないことは多々あるためです。

 

あなたが『頑張らない』というのは、
あなたが投資に対して労力をかけないということ。

 

 

 

 

ふだんは投資のことを気にせず、重視もしていなければ、あなたは「投資」と距離を保ちやすくなります。

 

X(旧ツイッター)で
投資界隈のインフルエンサーをフォローしたり、
有名YouTuberのチャンネル登録をしたりすることは、『頑張ろう』というきっかけになってしまう可能性があります。

 

他に、生活の中で『より大事なこと』があるのでは?

 

 

とにかく、
投資に関しては、

早く、
すべてを分かろうとしないこと。

 

投資という行いでユニークなのは、
『分からないことだらけが普通』という点でしょう。

 

 

ちょうど半年後
2024年7月4日の、
米国ダウ平均の『終値』を正確に言い当てられる人が、果たしてこの世にいるのでしょうか?

 

円とドルのレートも同様でしょう。

 

 

 

 

そもそも私たちの未来は、
『予想し得ること』と『予想し得ないこと』の混合なのです。

 

 

ですので投資を頑張らないくらいのほうが、
その、分からない未来の『膨大な時間』と、ほどよく付き合い続けるのに、ちょうど都合がよいのです。

 

 

 

それって、
奇人変人なヒトを、

何十年とかけて
やっと理解するに至った。というのと似ているかもしれません。

 

 

 

 

今の市場環境を、過大評価しない。

このファンドこそがファイナルアンサーと、
道具を過大評価しない。

 

いくら下げてもワタシは絶対持ち続けると、
自分のリスク耐性も過大評価しない。

 

決して頑張らずに、

のらりくらりと、
なんとか市場に居続けるだけでよいのです。

 

まあ、年始から『頑張らない』って言うのもなんだかヘンな話かもしれませんが(笑)

 


カテゴリ:投資家の感情リスク

おすすめの記事