インデックス投資全般

インデックスファンドの超低コスト化が進み過ぎると、インデックスファンドの繰り上げ償還が頻発する?

2023年12月5日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

新NISAの導入が決まって、
今、投資信託の運用会社間で「苛烈な競争」が起こっています。

 

超低コストのインデックスファンドの運用管理費用が、さらに引き下げられているのです。

 

 

以下、小数点が長く並んでしまうのですが、

例えば、
運用管理費用 年0.05%のファンドを1万円分保有したとすると、年間のコストは5円です。

 

ごえん!

 

 

あなたが支払うコストが年5円ということは、
投資信託の関連三社(販売会社・運用会社・受託会社)が受け取る「報酬」が年5円ということ。

 

 

 

 

 

100万円なら、500円の報酬。
1億円で   5万円の報酬。

ファンドの純資産額が1000億円で、5000万円の報酬です。

 

 

10兆円の純資産総額で『50億円』。
この50億円のうち、
運用会社の取り分が50%あるとして 25億円。

 

 

たとえば「オルカン」の場合、
10兆円規模の純資産残高になってはじめて、

運用会社は「フム。利益が出ているね」と言えるようになるのでは?

 

 

どうして本日、
この記事を書いているかというと、

とんかつ@インデックス投資さんのツイートに触発されたためです。

 

 

 

まさに同感です。

 

ファンドの運用業もビジネスですから、
運用会社には薄く利益を取ってもらって
長く長くファンドの運用を続けてもらわないといけません。

 

 

そもそも投資信託という商品に求められる『性能の』第一義とは?
運用が末永く続くこと。

 

 

が、しかし、
10月も11月も12月も、

新NISAの
ファンドコスト競争に参加すべく、

新たに設定される
超低コストのインデックスファンドの『ラッシュ』が続いています。

 

 

 

 

 

正直申し上げて、
ファンドの設定ラッシュでさらに運用管理費用が下がってくると(ちょっと)心配になります。

 

 

長い時間をかけて
ビジネスベースに乗る、
超低コストのインデックスファンドは一部だけであり、

その他のファンドは苦しい戦いを強いられる・・・

これは『消耗戦』です。

 

 

一部ファンドは
最悪『繰り上げ償還』という選択を下すようになるのでは。

 

 

 

また、逆説的になりますが、

際限なくインデックスファンドの運用管理費用が下がり続けると、投資信託全体の運用管理費用が、下がらなくなります。

 

 

 

 

最近、
信託報酬0.8%とか、0.9%の投資信託を見ないと思いませんか?
おそらくこれから先も見ないのでは。

 

インデックスファンドの超低コスト化が進むと、それ以外のファンドの運用管理費用がたとえば「年1%台」などで安定化してしまう可能性があります。

 

 

投資信託は
その『本数』でいえば、

 

95%の、
そこそこ年間コストが高いモノと、
5%の、
年間コストが安いモノに「二極化」しているように思えます。

 

 

 

 

 

この先、私たち投資家も賢くなって、
そこそこ年間コストが高いファンドを選ぶ人が減り、
超コストが安いインデックスファンドを選ぶ人が増えると、

 

『純資産残高ベース』で、

 

仮に、ですが、

 

そこそこ年間コストが高いファンド 90%
年間コストが安いファンド 10%

 

のような「状態」から、

 

 

そこそこ年間コストが高いファンド 60%
年間コストが安いファンド 40%

 

というような『大変動』が起こる可能性があります。

 

 

すると・・・、

運用会社は
運用ファンド全体で見ても、
なかなか利益が上がらない体制になってしまうわけです。

 

 

 

 

 

※注 一投資家としては
純資産額ベースでも、

そこそこ年間コストが高いファンド 60%
年間コストが安いファンド 40%

のような状態になって欲しいのですよ。

 

 

繰り返しですが、

各運用会社が消耗戦的に
超低コストのインデックスファンドを次々設定するのは、誰の特にもならないと感じるのはわたしだけでしょうか?

 

 

インデックスファンドの更なる「低コスト化」よりも、
商品そのものの『存続性』をより重視すべきとわたしは考えます。

 

 

 

 

・・ファンドの数だけが増えた。
(そして)繰り上げ償還されるファンドが増えた。

 

という事態だけは避けたいもの。

 

 

最後に、しんたろうさんのツイートより。

 

 


カテゴリ:インデックス投資全般

おすすめの記事