NISA活用法

煌びやかな新NISAの販促トークには「反応」してしまうので、今から「反応しない」練習をしておきましょう

2023年12月2日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

新しいNISAは
金融業界にとって『一大イベント』です。

 

ですので
制度が始まったあとも、

コンテンツ(情報内容)の多くは、
煌びやかな、
私たちの願望を増幅するようなものが主体になるでしょう。

 

これもビジネスですから致し方ありません。

 

 

 

 

 

リターンを押し上げてくれそうな商品群とその魅力・特徴を、耳に心地よいキャッチフレーズと共に私たちに届けてくれるので、ついつい「反応」してしまいがちです。

 

ですので、

今からちょっと
『反応しない練習』をしておきましょう。

 

 

 

 

いかがですか?

 

上記はほんの一例です。

 

 

ダイレクトに言って、

 

金融機関にとって
NISAの『成長投資枠』のみが、
収益を大きくしてくれる「ドル箱」なのです。

 

 

つみたて投資枠で買える
たとえば運用管理費用
年0.05%台のインデックスファンドなんてぜんぜん儲からないわけですから。

 

 

 

 

もう一回だけ「練習」です。

 

新NISAで攻めの株式&投信運用術
『新NISA』松阪牛が当たるチャンス!
期間限定の豪華キャンペーンを開催します!
新NISA「テーマ型ファンド」は買っちゃだめ?
新NISA
身近になりつつある「米国株」投資が実は「初心者」に向いている理由
新NISAの㊙活用アイデア
「枠の使い分け」こそが超過リターンの源泉!
『新NISA』を使い倒す方法を解説
日本株が米国株より有利な理由とは?

 

 

どうです?

 

反応しない練習になりましたか。

 

 

「カンさん。
わたしは『つみたて投資枠』で
インデックスファンドを積み立てるだけだから大丈夫。」

 

はい、
頼もしいお言葉です。

 

でも、です。

 

 

仮に、ですが、

新NISAスタートから2年半がたった2026年の夏。

 

 

 

 

株式市場は絶好調で、
米国マーケットも高値を更新しており、

よりリスクの高い商品を『成長投資枠』で買った人が、あなたよりもずっと良い成績を上げているとしたら・・。

 

 

 

 

 

ちょっと
気になりませんか。

 

 

 

2026年夏、
ダイヤモンドZAiでは
『アナタもNISAで億り人』という特集記事を組み、

 

 

ちまちまインデックスファンドで
平均を獲得するだけの投資なんて(もはや)時代遅れかも?

 

みたいなキャッチコピーが踊っていても、

 

 

あなたは、

 

スルーできますか?

 

 

 

 

 

おそらく『新NISA』は、

あなたが今後、
どんな考えに基づいて、
どんな投資のやり方を『実践していくのか』という、大きな試金石となるでしょう。

 

あなたは『NISA』を機に

あなたの投資のやり方(スタイル)を、今一度選び直す必要があります。

 

 

コンテンツ(情報内容)というものは、

3時のおやつと同じで、
ただ「食べたい」という気持ちで食すとキリがありません。

 

 

たくさん食べてしまうと、
結果、自分が分からなくなる・・。

 

 

そうではなくて、

ワタシは『これ』を食べるんだ。と、

情報の絞り込みを行うことで、
あなたの投資は一貫性のあるものになるのです。

 

面白そうな情報ほど、ちょっと疑ってみる、という健全な懐疑心が必要かも。

 

 

より本質的な情報を、
より少なく。でOKなのです。

 

 

 

 

 

〇 ちょっと退屈かな・・

〇 これくらいのリターンなんて
ちょっと物足りないかな・・

くらいがちょうど良いのではないでしょうか。

 

投資という行いは、
あなたの生活、人生にとっては『付録』みたいなものですから。

 

 

 


カテゴリ:NISA活用法

おすすめの記事