NISA活用法

特定口座のファンドを残しつつ、シンNISAを活用してもOKですか?

2023年7月23日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

この半年くらい、
シンNISAについて継続して考えています。

記事では繰り返し、

 

特定口座のファンドを売却して、
シンNISAでファンドを買い直す(=乗り換える)ほうがよいでしょう。

 

と述べています。

 

これは理屈的には正しいと思います。

ただし、以下条件に当てはまる場合です。

 

・特定口座内のファンド残高が概ね500万円以上
・手元の預貯金からは投資には回せない
・リタイアまで概ね10~15年以上ある

 

 

仮に今、
稲岡さん(仮名)というお客様がいて、上記『条件』に当てはまっているとしましょう。

 

 

 

 

 

ここから、
アドバイザーの吐露になりますが、

理屈的には正しくても、
シンNISA関連のことは
『一筋縄ではいかないな』と実感しています。

 

どういうことでしょうか?

ちょっと稲岡さん(仮名)の胸の内を伺ってみましょう。

 

 

稲岡さんはこれまで、

 

特定口座への通常積立、ボーナス時の増額積立で
コツコツ900万円になるまで資産を積み上げてきました(10年に渡って)。

 

シンNISAでは月6万円程度、
積立金額を確保できそうです。

 

 

アドバイザーとしての私の見解)

 

この先の投資期間が長ければ、
「非課税」で運用できる金額ベースを増やすことは理に適っています。

 

特定口座内のファンドがあるなら、
一時的に『利益』に対して課税されるというデメリットはあるものの、

 

ファンド資産を非課税口座(シンNISA)に移してしまえば、

 

その後、
大きな残高になった状態で「非課税」での運用ができるため、長い目で見れば、

 

乗り換えをしないより、
思い切って『乗り換え』をされたほうが、運用の効率性は増します。

 

したがって、
来年(24年)から数年~5年を掛けて、
特定口座→シンNISA口座の『乗り換え』を実施するのはおススメです・・

 

 

 

でも、この言葉を聞いた稲岡さんは
苦渋の表情を浮かべます。

 

 

 

 

 

そのお気持ちには、理解できる部分があります。

 

わたしは先ほど

(稲岡さんは)
900万円(特定口座)になるまで資産を積み上げてきました。

と、
さらっと流すように述べましたが、

 

 

ご本人にとっては、
この900万円は、
これまでの資産運用の「すべて」ともいえる成果物でしょう。

 

 

毎月毎月『つみたて』という習慣運動を欠かさず、

市場が下がる時も上がる時も、
自身の不穏な感情と折り合いをつけながら、
10年をかけて積み上げてきた結晶なのです。

 

 

 

 

これを、随時売って
シンNISAに乗り換えるというのは、

 

今まで自分が築いてきたモノをいったん切り崩して、
『ゼロ』に戻すような感覚に近いのかもしれません。
もちろん『譲渡益』に対して税金がかかることにも心中複雑なものがあります。

 

 

なるほど理屈的にいえば、

 

2024年・・360万円
2025年・・360万円
2026年・・180万円 と、

 

シンNISAに乗り換えさえすれば、

 

ファンドを保有する場所は違えど、
長期投資するマインドは『同じ』であり、本質が変わるわけではありません。

 

 

 

 

しかし、

 

360万円、360万円、180万円と、3年にも渡って
ファンドを継続して「解約する」ことは、
明らかに非日常的な行いです。

 

 

10年間にわたった、保有するファンド内での、個々の銘柄から生じる配当や利息を「再投資」する、その営みも、いったんチャラにしてしまうような、

そんな残念さを(稲岡さんは)予期されているのかもしれません。

 

 

 

 

 

何より稲岡さんが恐れるのは
ご自身の投資のリズム(一貫性)が崩れてしまうことなのでしょう。

 

 

理屈としては「B」の選択が正しいと分かっていても、
「A」というやり方に落ち着きを覚える。

これは投資に限らずあると思います。

 

 

個人の資産運用でもっとも重要なことは、
ベストなやり方に固執し過ぎないこと。

 

 

ベストなやり方にこだわり過ぎ、
それが自分にフィットせずに
(投資を)途中で断念してしまうより、

ベストではないが、ベターなやり方で
投資を長く続けてしまったほうが『実入り』は大きくなります。

 

 

したがって、
稲岡さん(仮名)が
特定口座内でファンドを保有し続けて、

しかし、
毎月の積立(6万円)はシンNISA口座にて行う。← ココは大事。

このような『折衷案』を採用しても、わたしは全然OKだと思います。

 

 

 

 

ただし、です。

 

ここにも「前提条件」が!

 

 

それは、

 

特定口座で保有するファンドと、
シンNISAで積み立てるファンドが
「同じ」である場合はOKです、という意味です。

 

 

 

もしも稲岡さんが
特定口座で保有するファンドが、

 

・自分の投資スタイルとは少しずれている
・手数料が(今となっては)高いと感じている
・今の自分ならホントは持っていたくはないもの

 

である場合、

 

やっぱり(やっぱり)、

長~い目で見て、

稲岡さんが【持つべきファンド、持ちたいファンド】
これを機に、
移し替えてしまったほうがよいと思うのです。

 

 

シンNISAは、その『チャンス』なのだと思います。

 

 

 

 

その場合は、
特定口座→シンNISAの『乗り換え』を貫徹すること。

 

非日常で
少しまとまった作業にはなりますが、

3日も5日も拘束される大仕事ではありません。

 

きっと20年後の稲岡さんが、
今の稲岡さんに対して

「あのとき、エイヤーと引っ越しをしてくれていたおかげ。ありがとう。」と感謝してくれるはずです。

 

 


カテゴリ:NISA活用法

おすすめの記事