つみたてNISA, 投資信託あれこれ

グラマーな投資信託、地味な投資信託(シンNISAからの考察)

2023年1月13日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

来年になれば、
「シンNISA」が投資の代名詞のように語られ始め、

ネット証券でも
店舗を持った銀行、証券会社でも、

「新しいNISAを用いた資産運用!」というキャッチコピーのオンパレードになると予想します。

 

 

 

 

制度上、
シンNISAは
「つみたて投資枠」「成長投資枠」に分かれます。

 

が、仮にあなたが
現行「つみたてNISA」に採用されているインデックスファンドを利用していれば、

下記「つみたて投資枠」と「成長投資枠」は『ワンセット』で捉えてOKです。

 

 

画像元:金融庁 

 

なぜなら、

シンNISAの「つみたて投資枠」に採用されるファンドは、
現行「つみたてNISA」に採用されているファンドであり、

それらのファンドは「成長投資枠」でも投資可能となるためです。

 

 

つまり、
一人当たりざっくり月30万円、
年間360万円までの『投資枠』があるという理解でよいでしょう。

※一人当たりの生涯投資枠は1800万円。

 

 

わたしは『シンNISA』をきっかけに、

 

「ザ★投資信託コレクション」、つまり世間に出回る投資信託の『様相』が大きく変わると予想します。

 

 

ひと言でいえば、

グラマーな投資信託が減って、
地味な投資信託が増えることでしょう。

 

 

 

 

今一度、
シンNISAの表の右側、
「成長投資枠」の投資信託の要件を確認してみましょう。

 

 

画像元:金融庁 

 

 

〇 信託期間(運用期間)20年未満のものは除外
〇 高レバレッジ型のファンドも除外
〇 毎月分配型の投資信託も除外と明記されています。

 

 

わたしの解釈では、

・信託期間(運用を定めた期間)が20年未満のファンド
・レバレッジ型のファンド、インバース型のファンド、
・毎月分配型のファンド等は、

まさに「グラマーな投資信託」であり、

 

 

 

 

ぱっと見は人々の目を引くものの、
過剰な装飾を施しており、

・運用期間を不必要に区切って射幸心を煽り、

・てこの原理(レバレッジ)で
もしかすると大きな利益が転がり込んでくる可能性のみを誇張し(大きな損失の可能性は過小宣伝し)、

あるいは、
・定期的な「お小遣い」が難なく入ってくると吹聴するような、

投資信託群を指すのです。

 

 

「あれ? テーマ型のファンドが入っていないけど・・」
と思われる人がいるかもしれません。

 

 

『テーマ型ファンド』も、
グラマーな投資信託の典型ですが、

この種のファンドはたいてい信託期間が20年未満なのです。

(中には信託期間が「5年」だけ!というテーマ型ファンドもあります)

 

 

わたしは、
これら投資信託を
「シンNISA」の枠から外した意味は大きいと考えます。

 

ほんらい普通の生活者に、
グラマーな投資信託など必要ないためです。

 

投資信託とはほんらい『地味』なもの。

 

 

 

 

 

たまにはお菓子でも食べながら、

 

「そもそも『なぜ』
投資信託という道具が生まれたのか?」

 

を考えてみませんか?

 

まだ、
個別の債券や個別の株式しかなかった時分。

 

 

 

 

投資は、大きな資金を持ち、
かつ、損失への許容度が大きな資本家(事業家)だけが参入できる『特殊なフィールド』だったのです。

 

いわば、
「一攫千金」か、一夜にして「資産を失うか」という究極の『ハイ・アンド・ローの世界』でした。

 

 

投資信託とは、
『リスク分散』を十分施し、
大きなお金がなくても『小口』で売り買いできる道具が欲しい!という生活者のニーズから生まれたのです。

 

 

(そもそも、)多くの銘柄に最初から分散投資していますから、一攫千金などないわけです。

 

また、多くの銘柄に深く分散しますから、
半年くらいで価格が高騰!ということもないわけで。

(結果、おのずと長期で持って育てていくスタイルになる。)

 

 

 

 

地味な投資信託がメインとなれば、
ファンドの運用会社の「意識改革」につながると考えます。

 

 

シンNISAの「成長投資枠」に当てはまる投信を作ろうとするのではなく、「つみたて投資枠」に当てはまる骨太のアクティブファンドを組成することが、今後の運用会社の生き残る道だとわたしは思います。

アクティブファンドあっての、インデックスファンド。


カテゴリ:つみたてNISA, 投資信託あれこれ

おすすめの記事