インデックス投資全般, 指数のお話

再確認! Slim 全世界株式(オール・カントリー)の日本株式、先進国株式、新興国株式の中には「REIT」が若干入っていますよ

2022年7月9日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

登山業界(マーケット)では、

モンベル(mont-bell)
THE NORTH FACE
パタゴニアなどが

ひしめきあっています。

 

株価指数、
いわゆる『指数の算出』マーケットを世界で二分しているのが、
「MSCI」と
「S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス」です。

 

 

MSCIの指数でいうと、

「MSCIジャパン指数」も、
日本以外の先進国株式指数である「MSCIコクサイ指数」も、
新興国株式指数である「MSCIエマージングマーケッツ指数」も、

株価指数ながら、

実はすべて
『REIT』(不動産投資信託)を若干含んでいます。

 

 

結果として、あなたがSlim 全世界株式(オール・カントリー)を保有すると、併せて「REIT」も保有することになります。

 

 

これは知っておいて損はない豆知識でしょう。

 

 

そもそも一般的な『株価指数』の概念として、

 

株式市場に上場する銘柄群で
「市場平均」たる株価指数を構成するというコンセプトがあるため、

REITも
『株価指数』の構成銘柄に組み入れられるわけです。

(なぜなら「REIT」も
株式市場に上場する銘柄の一部ですから。)

 

ちなみにS&P500指数にも
「REIT」が20銘柄以上含まれています。

 

 

 

 

いっぽう、
ドメスティックな指数算出会社は、

たとえば
「日経平均株価」を算出する日本経済新聞社、
TOPIX(トピックス)を算出する「東京証券取引所」などは、

構成銘柄を「株式」のみとし、
REITは除外しています。

 

 

以下図表は、
「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」の運用報告書(全体版)から。

日本REIT)

 

 

MSCIジャパン指数に含まれます。

 

 

日本除く先進国のREIT)

 

 

MSCIコクサイ指数に含まれます。

上図は一部抜粋であり、実際はオランダ、ドイツ、イギリス、オーストラリアなどREITは多岐にわたります。

 

 

新興国REIT)

 

 

MSCIエマージングマーケットツ指数に含まれます。

 

 

もしもあなたが
「Slim全世界株式(オール・カントリー)」にプラスして、先進国REITなどの組み入れを考慮されているなら、それはおそらく必要ないでしょう。

なぜなら、全世界株式インデックスの中に(すでに)REITは含まれるためです。


カテゴリ:インデックス投資全般, 指数のお話

おすすめの記事