インデックス投資全般, リタイアメント・資産の取り崩し

17本の投資信託から数本のファンドに断捨離することは可能なのか?

2022年5月9日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

今日はのんびりさんの
こちらのツイートから。

 

 

のんびりさんが保有するファンドは16本ですが、
「平均に比べて恐ろしく多い本数!」というわけではありません。

 

また保有する投資信託の数が多いからといって、
(必ずしも)スタイルや考え方がバラバラになっているわけでもありません。

 

インデックス投資を例に挙げれば、
この7、8年の間に『インデックスファンド』の低コスト化が進んだため、

よりコスト(運用管理費用)が安いファンドに
「積立部分だけでも乗り換えよう!」と真面目に対応してきた人ほど、ファンドの数が多くなっているのです。

(実際カウンセリングでしばしば拝見します)

 

 

 

また特定口座だけではなくiDeCo、つみたてNISAという窓口もメジャーになり、

例えばこの10月から
企業型DC加入者がiDeCoも始めるとすると、

 

特定口座、iDeCo、つみたてNISA、企業型DCと窓口が『4つ』になるため、一つの窓口で3つのファンドだとしても、計12本の本数になり得るわけで・・。

 

 

〇 積立期とは「足し算」の時期です。

お金も知識も積み上げ、
資産の規模を大きくすることが目的です。

価格変動が多少激しくても、ファンドの本数が多少多くなっても、長期保有が続けられ、積立が続けられ、資産が増えていけばそれに越したことはないわけで・・。

 

ただ、それを『リタイア』が近くなっても続けてしまうと、ちょっと困ったことになります。

 

 

 

 

なぜなら、
〇 取り崩し期は・・「引き算」だからです。

 

あなたが今、投資信託を用いて資産を増やしている目的は?

いつかファンドから資産を取り崩し、
そのお金を使うためですね。

 

INPUT(積立投資)→ OUTPUT(ファンド解約・お金使う)

 

OUTPUTの時期になれば、
アウトプットしやすい「体制」に作り変える必要があります。← ココ大事。

 

 

定年退職の声が聞こえる頃には
心身とも衰えが見え始めても、
思考のリズムが多少緩やかになっても、

資産管理をスリム化しながら、
ファンドの取り崩しに注力できるような
『シンプルな投資信託の持ち方』にシフトしていく・・

 

 

 

 

実際今、保有する15本とか17本の投資信託を、

Aファンド・・
Bファンド・・
C・・・・
D・・・・

E・・・・
F・・・・
G・・・・

H・・・・
I・・・・
J・・・・
K・・・・

L・・・・
M・・・・

N・・・・
O・・・・
P・・・・
Q・・・・

 

こうやって並べて、
内部で「リ・バランス」を行いながら、すべてのファンドをバランスよく解約する作業が、果たして66歳のあなたに出来るでしょうか・・?

 

 

年を重ねれば、
(今より)複数の同時作業が面倒になる可能性があります。

 

 

なにもお金のことだけではありません。

老後に向けて住まいやお仕事も同じようにスリム化して、

暮らしをシンプル快適することは、
「あなた自身」が楽になる処方箋なのです。

 

 

 

 

17本のファンドを、
網羅的な分散を施すインデックスファンドに「集約」させることは可能です。

全世界株式インデックスファンドや、
世界株式、世界債券を組み込むバランスファンドが候補に挙がります。

 

また窓口ごとで、
異なった投資信託を選んでいく必要もありません。

窓口は違えど、同じタイプの、網羅的な分散を施すインデックスファンドに『揃えて』あげればよいのです。

あなた自身が楽になるために・・。

 


カテゴリ:インデックス投資全般, リタイアメント・資産の取り崩し

おすすめの記事