NISA活用法, 確定拠出年金(iDeCo・企業型)

iDeCoの優位なところ、つみたてNISAの優位なところ

2022年4月23日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

洋食 VS.和食
お布団 VS.ベッド と同じように、

iDeCoとつみたてNISAは『好対照』です。

制度そのものの性格、
そして双方のキャラクターが、ずいぶん異なっているのです。

 

 

 

 

例えばiDeCoは昭和の厳格なお父さん。

iDeCo つみたてNISA
 書類 多い 少ない
 開設までの時間 長い 短め

 

iDeCoって、きちんと書類主義!なのです。 

もちろん皮肉です。

 

一方つみたてNISAは機能的でスリムな感じ。

厳格なお父さんのiDeCoは、
「60歳になるまでお金が出せません。」

(まるで厳しい門限を課しているよう)

投資家であるあなたは、↑ 時に息苦しさを感じます。

 

一方つみたてNISAは
いつでも(ファンドを解約して)お金を出すことが出来ます。

自由な空気が流れます(^^)

 

 

 

 

ところが、一見デメリットに映るiDeCoの「60歳になるまでお金が出せません」は、

考えようによっては、

 

あなたの投資スタイルを
知らず知らずのうちに「長期」に矯正していくギブスの役割も担っています。
選択肢が限られ、半ば強制されるからこそ、
健全なスタイルが身に付きやすいという側面があります。

 

実はここがiDeCoの優れている点だとわたしは思います。

 

 

一方つみたてNISAは
いつでもお金が出せる「自由」があるゆえに、

誘惑に負けず、雑音に惑わされずに
自助努力で
長期の投資スタイルを構築していかねばなりません。

これは「茨の道」です。

 

 

 

 

どうして茨の道かというと、
つみたてNISAの場合、
その長い道のりの途上で何の「ご褒美」もないのです。

これはつらい。

 

一方のiDeCoは、毎年「所得控除」という『ご褒美』があり、マーケットが荒れても、ファンド価格が急落しても、(節税効果が毎年あるため)「頑張って積立投資を続けよう!」という『インセンティブ』になります。

節税という威力は絶大。

 

 

 

ところが『出口』が近づいてくると、
また見える景色が違ってきます。

 

つみたてNISAは
ファンド売却時の「非課税」を約束してくれています。

一例ですが、

 

 

つみたてNISAで2030年に↑入れた40万円の、20年の非課税期間の満了は2049年末です。

 

つみたてNISAの真のメリットは、
将来、売却益に対する「税率」がどのように変化しても「利益」に対して非課税が約束されている点なのです。

 

 

仮に有価証券の譲渡益に対する税率が30%、35%になっていても、非課税が約束されている。

このメリットは絶大だと思います。

これこそ、つみたてNISAの優れている点なのです。

(2049年時点で売却益に対する「税率」が今と同じだとは、私には思えません。)

 

この、日本の財政上の『不安感』は
実はiDeCoにも影響すると考えます。

 

特に若いiDeCo加入者は、
今と同じ「退職所得控除」や「公的年金等控除」の大きさが、自身のiDeCo『受取り時』に存在するとは思わないほうがよいでしょう。
※長期的に各種「控除」の縮小は避けられないと考えるためです。

 

控除の大きさが小さくなれば、
それだけ課税対象の資産額が増えます。

 

iDeCoは年金制度ですから、受取額そのものが課税対象である。ココ(注意点)を抑えておくことはたいへん重要です。

 

 

 

 

つまりざっくり申し上げれば、

 

iDeCoは・・
行きは良い良い、
終わりは(ちょっと)怖い
つみたてNISAは・・
行きはつらいよー、
(でも)終わりは良い良い

 

ということなのです。


カテゴリ:NISA活用法, 確定拠出年金(iDeCo・企業型)

おすすめの記事