投資家の感情リスク

「A」と「B」のつなぎ合わせの間違いのことを、勘違いと云います(マネー編)

2021年11月26日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

勘違いは誰にでもあります。

ある「コト」と別の「コト」の
つなぎ合わせ方がちょっと間違っているのです。

たとえば・・

 

住宅ローン控除が縮小される見通しだから、
「早く家を買ったほうがいいよ。」

 

この言葉をあなたはどう思いますか?

「コト」と「コト」のつなぎ方がちょっとヘンだと思いませんか?

 

・住宅ローン控除「縮小」

・住宅を早く買う

住宅を買うことは人生の大きな「買い物」です。
紛れもなく『メイン』のイベント。

でも、住宅ローン控除は
『メイン』に付随する『おまけ』ですよね?

 

『おまけ』の良し・悪しで
『メインの買い物』を決めてしまっていいのでしょうか?

 

 

仮に住宅ローン控除が縮小され、
あなたの納税額からの「税額控除」が小さくなったとしても、

ライフプランに鑑み、「家」を保有することに有形無形の価値を感じる人は(やっぱり)「家」を買うわけです。
(より重要なことは不動産そのものの選別、そして無理のない返済計画であったりします。)

 

逆に、今より住宅ローン控除が拡充されても、
たとえば『金利負担』がローン終了までゼロになったとしても、自身のライフプラン上、マイホームを買う必要を感じない人は「家」を買わないわけです。

 


 

過去のカウンセリングではこんなこともありました。

 

『今、豪ドル建て終身保険を解約すると約40万円のマイナスです。「支払った保険料」と「戻ってくるお金」がトントンになるまであと4年ほどなので、あと4年だけこの保険に加入します。』

 

あと4年だけ・・?

 

ということは、
この「豪ドル建て終身保険」という商品が、あなたに必要ないと判断されているわけですね。

先ほどの「家」の例では、

マイホームの『ニーズ』あり → だから「家」を買う
スマホの『ニーズ』あり → 「iPhone」を買う

 

「豪ドル建て終身保険」という商品の『ニーズ』がない
→ でもその商品を持ち続ける。

 

んー「コト」と「コト」のつなぎ方としてヘンではないですか?

 

 

もしかすると、あなたのやるせない気持ちが、
ヘンな『つなぎ合わせ方』を強化してしまっているかもしれません。

~損失(40万円のマイナス)を抱えたまま、
この商品とサヨナラするなんて許しがたい。~ という気持ちです。

 

仮に、この保険商品を売ったあと、
あらゆる金融商品との付き合いが終わってしまうなら、それこそ悔しさ100倍だと思います。

 

でも、ちょっと待ってください。

 

 

スマホでも「iPhone」が気に入らなければ、
「Google Pixel」に乗り換えたりしますよね。

たとえば「豪ドル建て終身保険」から、
あなたのニーズに合った金融商品に乗り換えると考えれば、いかがでしょうか?

 

仮に今、月2万円保険料を払っているとしましょう。
このまま同保険に4年間入り続けると、
計96万円掛け金を支払うことになります。

(実際の支払いは豪ドル建てなので保険料は変動します)

スマホの場合、
「iPhone」が気に入らないのに、
4年(48ヵ月)も我慢しないはず・・。

 

「豪ドル建て終身保険」ではなく、
もしも「8資産均等型ファンド(投資信託)」のほうがあなたのニーズに合致しているとすれば、

今すぐ乗り換えたほうがいいでしょう。

 

 

理由はふたつです。

 

1.「8資産均等型ファンド」は投資商品ですから、
早く乗り換えれば、
それだけ『長い運用期間』を獲得できます。
2.もし今乗り換えることができえば、
4年分の掛け金(計96万円)を
ファンドのほうに積み増すことが出来ます。

 

マラソンでたとえれば、
今までの「遅れ」を気にするよりも、
これから先いかに「早く走れるか」に注力したほうが利口だと思いませんか?

過去は変えられませんが、未来は変えられるわけです。

 

最後に、住宅ローンのTips。

 

シンプルな住宅ローン商品より少し金利は高くなるが、「8大疾病保障付き住宅ローン」はどうでしょうか?

 

と、カウンセリングでご質問をいただきました。

 

 

 

その商品のキャッチには

~8大疾病と診断され、所定の条件を満たした場合、住宅ローンの残高が0円に。~ 

と謳われています。あなたはどう思われますか?

 

メインの「コト」・・住宅ローン

これはお金の貸し借りに係る商品です。
(いくら借ります、借入期間は何年、借入金利は・・%。支払う利息は・・円になります。)

 

この「コト」と、
「医療保障」という「コト」を
結び付けると話が歪曲してきませんか?

 

 

そもそも住宅ローンという商品を買う際に
「生命保険」の加入は義務付けられています。

ヘンな言い方ですが「死んでしまった場合」は生命保険でローンを返すわけです。

 

じゃあ「死なずに」病気とかケガでお仕事が長く出来なかったら・・、でも住宅ローンは返済しないといけないよ!!

 

そういうケースを想定されているなら、
(=そういうニーズがあるなら)

シンプルに『就業不能保険』を、別途買えばいいわけです。

 

ライフネット生命で見ましたら、
30歳(男性)標準的な設定で月2000円ほどの保険料でした。

 

そもそもこの「8大疾病保障付き住宅ローン」は、
「8大疾病保障」のコストを明示していません借り入れ金利に含んでしまっているわけです。)

 

一例ですが、
4000万円の借り入れ金利「0.2%」は8万円にあたります。
そして、借り入れ金利(利息)はけっこう長ーく払い続けるコストなのです・・。

 

住宅ローン8大疾病保障、ふたつの機能が合わさってお得(安そう!)というのは、単なる思い込みに過ぎません。

くれぐれも注意しましょう。


カテゴリ:投資家の感情リスク

おすすめの記事