100年ライフプラン, お金の摩訶不思議

貧しさの思い出とマズローの欲求5段階説

2021年11月11日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

小学校3年のときのお話です。

その頃は、
ゴールデンウイークを過ぎたあたりで『家庭訪問』がありました。
そう、先生が生徒の自宅までわざわざ訪ねてくる、あれです。

 

わたしの家には「玄関」がありませんでした。

 

 

扉を開けると
広いコンクリートの土間が広がり、
右手にビニール素材を保管する大きな倉庫(木で作られた)がありました。

その手前に二槽式の洗濯機があって、
母はいつもそこで洗濯をし、
路地に洗濯物を干していました。

(家庭訪問があると、
先生はそのコンクリートの土間のところで
母と話をすることになります。)

 

私たち家族は「ビニール素材の会社」の二階で暮らしていました。
もともと倉庫だったところです。
三階ではネズミが走っていました。

路地の道が舗装されたのはたしか小学5年のときで、
それまでは雨が降るとすぐぬかるみになってしまう状態でした。

 

 

犬は外で飼われていました。
残飯を食べ、尿もどぶ(溝)に垂れ流しでした。

 

わたしの家のまわりは
裁断の工場やミシンの作業所や内職の家が多く、
いつも機械の音とラジオの音が聞こえていました。

典型的な下町ですね。

(余談ですが、後年高校に上がって「銭湯」に行ったことがない同級生がいて驚きました。またほとんどの同級生の父親が「大卒」で仰天したのを覚えています。わたしの両親は中学卒業でそれが普通だと思っていたため。)

 

 

当時、担任の先生が『家庭訪問』に来て、
コンクリートの土間を見られるのが本当に恥ずかしかったのを覚えています。

 

が、それは換言すると、
「玄関」がある家に引っ越すだけで
幸せな気分になれるということでもあります。

 

ところで、

あなたは
マズローの「欲求5段階説」をご存じですか?

人間は低位の欲求が満たされると、
より高位な欲求に移っていくというものです。

 

 

第1段階や第2段階の欲求は、
お金うんぬん以前、
「生きる」を続ける根源的な欲求です。

『生理的欲求』(食べたい・寝たい)から、
第2段階の『安全欲求』

すなわち、安心・安全な暮らし(雨風をしのぐ家や、健康や、最低限のお金を確保)の移行には、
言い知れぬ「喜び」があるはずです。

 

 

実は人類の歴史の99.9%は
『第2段階』に到達するために費やされてきました。
1段階から2段階への移行の欲求は、太く刻まれた直線のように、普遍的かつストレートに(今も)存在します。

 

ところが、
第3段階『社会的欲求』に至るとどうでしょう?

 

 

 

〇 集団に属する
〇 仲間と会話する
〇 コミュニティに帰属している
⇒ そのことによって「一定の満足」を得ているという状態は、
現在、多くの人がすでに
第1段階、第2段階をクリアしているだけに、
達成がより難しくなっているのかもしれません。

 

第3段階に至れば、
もちろんお金にもある程度「余裕」があるはずですが、

 

人は年収800万円のラインを超えると、
それ以上収入が増えても、
『幸福度』はあまり上がらないのだそう。

 

 

さらに今はSNSの時代です。
第4段階の『承認欲求』がクローズアップされます。

 

他者から認められたい、尊敬されたい、有名になりたい、というような欲求です。

 

 

 

むかしは、
有名な人、尊敬を集める人なんて「テレビの中」にいるだけですから、
雑多な(余計な)情報が入ってこなくて、

 

わたしもあなたも、
コミュニティ内の相対的な立ち位置で
ある程度「満足」ができていたわけです。

 

誤解を恐れずにいえば、

つい50年前まで、
第3段階『社会的欲求』がある程度満たされたら、人生の「上がり」だったわけです。

 

それが人々のさまざまな欲求が可視化され、
互いに『承認欲求』で競い合う結果に・・。

そして第5段階の『自己実現欲求』です。

すなわち、夢をかなえる。
理想の生活を求める(それを実現する)。
自分の能力を生かして創造的活動を行う。などの欲求が、

なかば「当然視」されるのは、
ちょっと行きすぎのようにわたしには思えます。

 

私たちは「高次の欲求」に無理して登ることを
どことなく強いられているような気がするのです。

 

 

でも、です。

別に『夢』なんてなくてもよいではないですか。

「ゴール」とか「人生の目標」とか、一FPとして安易に口にしがちですが、正直、一個人としてのわたしは、

ちょっと胡散臭さを感じます。

 

「やりたいこと。」⇒「できるだけしよう。」
それだけで良いのでは・・。

 

あなたはどうですか?

今日、明日の暮らしの中で
一片でも面白味、楽しさを見つけられる。その連続が人の暮らしではないでしょうか・・。

 

 

わたしは人生の中で
貧しさを経験することは、

人間の欲求の「原始」近くを知るということであり、
満足の『間口』を広く持てるという意味で有益だと思っています。 

実はコロナ禍の影響が、暮らしの端々に生じるのは「これから」であり、経済状況も予断を許しませんが、

ほんらい、明石家さんまさんではないですが、
「生きてるだけで丸儲け」なのです。

そこがすべての原点です。


カテゴリ:100年ライフプラン, お金の摩訶不思議

おすすめの記事