確定拠出年金(iDeCo・企業型)

思わず椅子からずり落ちそうになった、米国の確定拠出年金401(k)プラン『マッチング拠出』の威力とは?

2021年11月10日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

米国のファイナンシャルプランナーの動画を観ていると、必ず401(k)プランの話が出てきます。

アメリカの代表的な確定拠出年金制度ですね。

8日のブログで
2022年、アメリカの確定拠出年金401(k)プランの年間拠出限度額は20500ドルに増えます』と記しました。

この限度額「20500ドル」は、
あくまで従業員側の年間拠出の限度額。

 

(引き出し時まで課税は繰り延べ。全額所得控除可)

??

 

 

そう、米国の401(k)プランにも
実は『マッチング拠出』があります。
(Employer matchと呼ばれます)

ちょっと「おさらい」しましょう。

 

日本の確定拠出年金(企業型)の「マッチング拠出」とは?
1.あなたの勤め先(企業)が「拠出金」を出す。
それに合わせて、
2.あなたも「拠出金」が出せるというもの。

 

アメリカでは【逆】なのです。

 

1.あなたがまず「拠出」する。
(その限度額が来年から年20500ドルに。)
それに合わせて、
2.勤め先の会社も「拠出金」が出せるというもの。

 

もちろん勤め先(会社)によっては、
『マッチング拠出』に対応していないところもあります。

それに、
どの程度「マッチング」してくれるかは企業(雇用主)次第・・。

 

 

『具体例(その1)』を挙げてみましょう。

 

あなたが月100ドル拠出しています。

勤務先の会社が『マッチング率』25%で
掛金を出してくれる場合、
会社は「25ドル」拠出することに。

すると、
あなたの拠出額は(自動的に)
100ドル + 25ドル = 125ドルに増えます。

 

『具体例(その2)』

 

あなたの勤め先(企業)はこう言います。

 

あなたの拠出額に対して、
あなたの給与の「5%」までは、
100%マッチングしてあげましょう。

 

そしてあなたが「5%」にプラスして
もう「2%」自ら拠出するなら、

 

その分については、
50%マッチングしてあげましょう!

 

上記は一般的な『マッチング事例』のひとつです。

(実は米国在住の相談者さまにカウンセリングをする機会があり、上記はお客様に教えていただいた一例です。)

 

 

『具体例(その2)』を数字に落とし込んでみましょう。

 

あなたの給与が
年間5万ドル(課税前)だとします。

給与の5%は?
「2500ドル」です。

つまり、
あなたが年に「2500ドル」拠出すると、

それと同じ2500ドルが
会社からの「拠出分」としてプラスアルファされます。

 

次に、追加の2%分、
つまりあなたが「もう1000ドル」拠出すると、
この分については『50%のマッチング』となりますので、

会社からの「拠出分」が年500ドル、プラスされます。 

ちょっとだけ『計算』してみていいですか?

 

 

この『ケース』だと、
あなたが自分で出す
2500ドル+1000ドル = 3500ドルに加え、
会社の「マッチング分」が
2500ドル+500ドル = 3000ドルあるので、
年間の【拠出額】合計は?
(ナント)6500ドルに!

 

(あなた自身は、3500ドルしか出していないのですよ!)

 

 

 

スゴイですね。
(なお、会社側の拠出金は一定限度まで損金算入できるのだそう。)

 

これはわたしの想像ですが、

 

アメリカの『転職市場』では、
転職を検討している企業の
401(k)プラン「商品ラインナップ」
そして「マッチング率」をリサーチするのは必須になっているのでは?

 

転職エージェントの人たちの重要な仕事の一部なのでしょうね。

 

米国の確定拠出年金401(k)プランは、
今お話ししたような『大きなインセンティブ』を有するため、

アメリカ人はふつうに401(k)を利用し、
その結果、
投資信託を用いたつみたて投資に
体の内部から自然に「なじんでいる」わけです。 ← ココ重要!

 

日本でも、

拠出限度額を引き上げ
マッチング拠出をさらに普及させる

ことによって、

 

転職の際に、
その企業の『確定拠出年金の状況』をリサーチすることが当たり前になるはずです。

 

 

米国のFP(ファイナンシャルプランナー)が
テレビ、ラジオなどの相談コーナーで

 

まずは401(k)から!
マッチング制度はありますか? マッチング率は何パーセントですか?


と連呼するように、

 

 

日本でも企業型・確定拠出年金の「拠出限度額」が上がり「マッチング」が盛んになれば、

「まずは確定拠出年金から!」
「マッチング制度はありますか?」が、

FPにとってより日常語になっていくことでしょう。

 

最後に、Kay Sugaiさんのこちらの記事もとっても分かりやすいですよ!

【完全ガイド】アメリカ版確定拠出年金401(k)プラン


カテゴリ:確定拠出年金(iDeCo・企業型)

おすすめの記事