投資信託あれこれ

投資信託の「出口戦略」の答えは、投資信託を「買っていく戦略」の中にあります

2021年9月17日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

Googleアナリティクスで
検索上位キーワードを調べると、
興味深いワードに出くわすことがあります。

当サイト(投資信託クリニック)の
9月以降の検索ワード内に、
以下のものが含まれていました。

 

〇 投資信託出口戦略
〇 投資信託上がったら取崩し
〇 投資信託 切り崩しかグロース分か

 

フム。

検索をしている人の
悩ましい気持ちがこちらに伝わってきますね。

 

正直言って投資信託で難しいのは、
「買っていくこと」ではなく、
「売っていくこと」すなわち出口戦略です。

 

 

 

「カンさん。ファンドはいつ解約すればいいですか?」

 

頻繁にいただく質問です。

多くの場合 ⇒ あなたにお金が必要になったときです。
(そのとき、正々堂々と売るわけです)

ふつう「継続的に」「一定の金額」が必要になるのは「定年退職後」ですね。

なので退職後に売ります。

 

ただし、定年退職したからといって
投資信託をいっぺんに(全部)売ることもないわけです。

ですので、
『いつ』売るべきか?と
あまり考えないほうがよいでしょう。

『いつ』を連想すると、
どうしても「一括売却」に引っ張られてしまいます。

 

ところで、上記の注意点は
『つみたて投資』をしているあなたの日常を考えれば、
より理解しやすいでしょう。

 

あなたは
投資信託を『いつ』買うべきか? 悩んでいますか?

 

NON、ですよね。

 

なぜなら「自動つみたて」で
『規則的に』『決まった金額』を買っているだけだから。

(また、たとえば500万円分、一括で購入するという考えも自然に放棄しているはずです。)

 

⇒ 今日のポイント!
この「買っていく戦略(つみたて投資)」を、
投資信託を「売っていく戦略」にそのまま当てはめましょう。

 

 

すなわち、
ファンドは定年退職後に、
『規則的に』『決まった金額で(あるいは率で)』売っていくのです。

 

冒頭の検索ワードに戻ってみましょう。

〇 投資信託 切り崩しかグロース分か

このワードの意味は?

 

「投資信託を売る時って、
果たして儲かってる分のみを売るのか、
それともそんなのは気にせずに「切り崩して(取り崩して)」いいものなのか?」

 

ということ。

『答え』は規則的に、取り崩して良いのです!

 

ココでもまた、
現に「つみたて投資」をしているあなたの日常を振り返る必要があります。

 

 

あなたは(つみたて投資の中で、)
今、ファンドが儲かっているか損しているかで、
来月の積立を「やろうか?」「止めようか?」なんて悩みますか?

 

NON、ですよね。

自動つみたて投資の「買い戦略」では、
今、投資信託に利益が出ているか、損失が発生しているかなんて、気にしていないはずです。

 

それと同じように、ファンドの「出口戦略」でも、
投資信託に利益が出ているか、損失が発生しているかは気にする必要はありません。

 

ちょっと想像してみてください。

65歳で完全リタイアして、
85歳まで『ファンド取り崩し』を続けるとして20年、90歳までなら25年です。

下手すると、
ファンドの積立期間と同じくらいになりませんか!

 

 

 

ファンドの解約『長期ロード』では、

どのみち投資信託の価格が下がる、上がる両方含まれてしまいます(「暴落」と「バブル」も含まれるでしょう)

「取り崩し」をしている20~25年間という時間軸で、
ざっくり投資信託の価格が上昇していれば、
「まあ、悪くない値段で解約できたよね。」という帰結になるのでは?

 

 

最後に、

 

「カンさん。どのくらいの金額ベース解約すれば?」

 

これもよくいただくご質問です。

 

同じく「つみたて投資」の『対(つい)』で捉えるのですよ。

積立をしているあなたは?
「どのくらいの金額ベースで積み立てますか?」

(まずは)毎月の収支の範囲内、ですよね。

月に6万円位お金が残るなら、
4万円とか5万円とか毎月「つみたて投資」に回せるはずです。

 

 

上記と同じ『発想』で、
投資信託をどのくらい「解約」すべきかは、
ざっくり年ベースで、あなたの収支がどれくらい「不足」するか?によります。

 

たとえば公的年金以外で
年間100万円位必要だ。
であれば、年100万円で(あるいはそれに相当する「率」で)ファンドを解約し続けるわけです。

 

 

積立戦略 積み立てを続ける
出口戦略 解約を続ける
どちらも『続ける教』です! 恐ろしく長い取り組みになります。

 

もちろん投資信託の出口戦略では、
「投資信託・定期売却サービス」を利用して、
『仕組み』にファンドを自動解約してもらうのがラクなやり方ですよ。

 

SBI証券「投資信託定期売却サービス
楽天証券「投信定期売却サービス
フィデリティ証券「投信自動定期売却、自動定期出金

セゾン投信「定期換金サービス
ありがとう投信「定期換金サービス

いずれの金融機関も素晴らしいです!

 


カテゴリ:投資信託あれこれ

おすすめの記事