100年ライフプラン

アクサダイレクト生命の「収入保障2死亡保険」について

2021年8月20日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

誤解があるようですが、
わたしは保険不要論者ではありません。

保険は他の金融商品では代替できない、独自の役割を有しています。

もしもあなたが40歳で
今年子どもを授かって、
お手元の資産が1000万円を下回っているなら、

お子さんのために「生命保険」に加入されるべきでしょう。

 

自分がこの瞬間死んでしまった場合、
子どもが成人するまで、
生活費や教育費を用立てる責任が(親として)在るためです。

 

このように
それが起こる「可能性」はごくごく小さいが、
「万一」それが起こってしまうと
経済的負担が莫大になるため、
『保険』という道具を買ってそれに備えておく。

 

理に適っています。

 

ここで大事なのは、
『保障』だけを買うということ。

こう申し上げると
死亡保障3000万円!とか「大金」を想起しますが、
一度深呼吸をして落ち着いてください。

 

(以下、縁起の悪い話で恐縮です・・)

今あなたが死んでも、
残された子どもが
すぐに2000万円、3000万円の大金が要るわけではありません。

どちらかというと
毎月決まった『お金』が定期的に、
かつ継続して入ってきたほうが「生活の足し」にしやすいと思いませんか?

(残された人の立場に立ってみましょう!)

 

 

つまり『死亡保障』のみを買うのですが、
いわゆる「定期保険」のように
死亡保障が一括で振り込まれるパターンより、

 

死亡保険金が『年金形式』で
一定額、継続して入ってくる掛け捨ての生命保険のことを
『収入保障保険』と呼んでいます。

 

『収入保障保険』を保有するあなたは?

毎月毎月、死亡保障というニーズ(商品)を
ローコストで合理的に購入し続けているのです。

ヤクルト400を毎日消費。
死亡保障を毎日消費。

同じです。

 

具体例を挙げてみましょう。

アクサダイレクト生命に
収入保障2死亡保険(掛け捨て型)」という商品があります。
(いわゆる収入保障保険です)

 

画像元:アクサダイレクト生命

 

上の図表を見てみましょう。

40歳のあなたがこの保険を契約したとします。
保険期間は60歳までです。
(保険料の払い込みも60歳まで。)

図を見ると、年金月額10万円と書いてあります。

(引き続き、縁起の悪い話で恐縮です。)

あなたがたった今死んでしまったら、月10万円 × 12ヵ月 × 20年(40歳-60歳)の計算で、年金(死亡保険金)の受取総額は2400万円になります。

 

ではその下、47歳で亡くなった場合、そして53歳で亡くなった場合を見ると、年金(死亡保険金)の「受取総額」が違っていますよね?

 

ココが、
収入保障保険の優れているところなのです。

 

 

あなたが47歳で死ぬと、
お子さんは「7歳」です。

でも53歳で死ぬと?
お子さんは「13歳」ですね。

つまり?

 

つまり、
お子さんが成人するまでの期間が
13歳 → 20歳? 
それだけ短くなっていれば、
残すべき『お金』つまり死亡保障額も
減らしていっていいよ・・という考え方なのです。
(それに47歳より53歳のほうが手元の資産額も増えているでしょうし。)

 

 

自分で定期保険を買って、
「死亡保障額を減らしていく」

=『保険金額』を減らしながら契約更新することも可能ですが、これもタイヘンなので、

あなたが年を重ねる。
→ 子どもさんが大きくなる。
→ 経済的責任の金額が下がっていく。

という機能を備えた『収入保障保険』を購入するのは賢い選択でしょう。

 

画像元:保険の窓口 インズウェブ!

 

 

たまに、「カンさん。60歳までに私が死ななかったら、やっぱり掛け捨てはもったいないのでは?」という声もいただきます。

 

(今のケースで言えば、)
60歳までに死ななかったら、みんなハッピーですよね?

そしてこう叫んでみましょう。

「ワタシは無事に20年間、死亡保障という商品を消費し終えたのだ!」と。

 

 

ちなみに40歳のあなたは、
もしかすると投資信託の「つみたて投資」をスタートされているかもしれません。

「稼ぐチカラ」を向上させ、
「つみたて投資」に励み、

 

たとえばあなたが56歳になったときに、
= 子どもさんが16歳になったときに、
お手元の資産が3900万円くらいに増えていて、
「別にワタシがたった今死んでも、
現に残せるお金で子どもへの責任は果たせるし、プラスアルファ十分なお金があるわ・・」と判断すれば、
もう収入保障保険を『解約』してもよいわけです。

 

 

ちなみに40歳・男性のあなたが、
年金月額10万円、
保険期間60歳まで(保険料払い込み60歳まで)で
アクサダイレクト生命の「収入保障2死亡保険(掛け捨て型)」に加入すると、月の保険料負担は2880円になります。 

(同僚と一回飲みに行くくらいのコストですねw)

おまけ!)

「非喫煙者健康体」のあなたなら、こちらもお得です。
SOMPOひまわり生命『じぶんと家族のお守り


カテゴリ:100年ライフプラン

おすすめの記事