投資の発想法

投資はよそ行きの服ではなく、誰にも必要な靴下のことです

2021年8月14日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

靴下って毎日、履いています(^^)

 

 

毎日履いてはいますが、
改まって
「オレは靴下履いてるぜ!」といちいち意識したりしません。

それと同じように
あなたはリスク資産を保有しますが、

「ワタシ今日も外国株式ファンド持ってる!」といちいち意識したりはしません。

 

投資も(靴下と同じように)
あなたの毎日を陰で支える存在なのです。

 

ココでのポイントは、

〇 毎日を、
〇 陰で支える。という点でしょう。

 

投資をしている状態って実は、

クラスの人気者のように
目立ったりすることではないですし、
別に華々しいものでもありません。

リビングの片隅で
目立たなくじっとしている「観葉植物」のようなもの・・。

 

半年に一回くらい、
ふとしたきっかけで、

「あっ、きみってココに居たんだ。」
と確認する存在でしかありません(ホントです!)

 

ところで投資(トウシ)という言葉を聞くと、
ちょっと驚いて
条件反射してしまう人がいますよね。

「えっ? そういうのはちょっと苦手で・・」

そのお気持ち、よーく分かります。

 

でも「そういうのはちょっと苦手で・・」と答える人って、
投資を『よそ行きの服』
勘違いしているのではないでしょうか。

 

 

特別なときにする、
特別なこと。

投資をそんなふうに捉えてしまうと、

「なんだかタイヘンそう。」
「ワタシには無理かも・・」と、気持ちが条件反射してしまうわけです。

 

そういえば、うんと昔、
神戸でオフィスを構えていた頃に
お客様から、
「カンさん、投資を始めるにはどんな覚悟が必要なんですか?」
と聞かれたことがあります。

 

 

だいたい「投資」という言葉そのものが
良くないのかもしれません。

投資 ⇒ 資を「投げる」ですから・・(><)

「投げる」ということばが、
エイヤーと一発勝負する、刹那な響きを想起させます。

 

 

短い時間内でずる賢く、
利益を奪い取るみたいな・・。
これ、× ですよ。

 

ほんとうは『長めの時間軸』で
経過をじーっとじーっと見守り続ける・・
それが投資の本質なのです。

 

毎日毎日見ているだけでは
成果(変化)が見えません。

しかし、
正月にしか会わない甥っ子、姪っ子のように、

1年、3年と経って久しぶりに見ると
『おお、変わったな。』と実感できるのが投資なのです。

 

ところで、
投資のリターンの源泉はどこにあるのでしょうか?

 

リスク資産の、
「今」と「将来の価値」の違い
『変化の中』にあります。

 

 

単純に2022年と2024年の変化より、
2022年と2041年の『変化』のほうが
大きいと思いませんか?

あなた自身が二十年も経てば、
まったく違った人間になっているのと同じことです(^^)

 

長期の時間には、
それだけ大きな変化のポテンシャルがあります。

 

これは投資を続ける上で重要なファクト(事実)でしょう。

 

ですから、
刹那的に「資」を投げるのではなく、

「資」を育てるという意識が必要。

そして投資は長くあなたの傍に居続けます。

『投資とはよそ行きの服ではなく、
誰にも必要な靴下のことなのです。』


カテゴリ:投資の発想法

おすすめの記事