インデックス投資全般

全世界株式インデックスファンドの意外なメリットについて

2021年6月25日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

ここだけの話、アメリカ人は海外投資が苦手です。
というか、その必要性をあまり感じていないのでは?

何しろ世界の最強国ですから・・。

全世界株式に投資を行う際の物差しに、
MSCIオールカントリー・ワールドインデックスがあります。

同指数内でも
アメリカ株式の割合が56%あります。

 

「私たち世界の中心だよ。
おまけにドルは世界の基軸通貨なんだから、
別に海外の株なんて買わなくてもいいんじゃない?」

 

という理屈は、
分からないでもありません。

 

しかし一方で、
「MSCI ACWI」の56%程度が米国株式ということは、
残りの44%程度には未投資、ということになってしまうのでは?

『もし、アメリカ人が米国株式にしか投資をしなければ。』

 

 

いわんや、
「MSCIオールカントリー・ワールドインデックス」に占める日本株式の割合は7%程度ですから、

もし日本人が
日本株式にしか投資をしなければ、
残りの93%程度に未投資、という状態になります。

たとえば秤で量ったように、わざわざ7%だけ日本株式を買って、
残りの93%程度で別途海外株式を買うとか、あなたは出来ますか?

ココに、
「全世界株式インデックスファンド」のメリットがあるわけです。

 

この道具を利用すれば、
あなたは
世界投資を、
半ば強制されます。
(自ら世界投資を強制している人は他にもたくさんいます。
ノルウェー人とか、シンガポール人とか。)

 

 

もうひとつ。

海外株式に投資を行う際、
いちいち円を「外貨」に替えて商品を購入すると、
いちいち「為替リスク」を意識します。

ほんとうは為替の変動は気にせず
粛々と購入していくべきなのに、

 

「自分は外貨建ての資産を買っている」と意識することで、
たちまち迷いのタネが育ってしまうのです。

 

ココにも、
「全世界株式インデックスファンド」のメリットがあります。

 

「全世界株式インデックスファンド」は
ファンド価格が「円建て」表示です。
あなたは円建てで当該商品を購入します。

 

これは為替リスクを取っていない、
という意味ではありませんよ。

ただ、決済の通貨が「円」で
価格も円建て表示なので、
よい意味で『外貨建て投資』の緊張感を和らげてくれるのです。

 

 

内訳をお話ししますと、

あなたがもし、
「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」を1万円分購入すれば、

円建て資産は700円程度。
残りの9300円はすべて外貨建ての株式となります。

(ドル建ての株やユーロ建ての株や、豪ドル建て株や、
台湾ドル建ての株や、インドルピー建ての株など多彩です)

 

間違いなく
広範に
「為替リスク」を負っています。
でも安心してください。
あなたは今後も『日本円』で給与をもらい続けますし、
リタイア後の公的年金も100%円資産です。

運用資産内で90%以上外貨建てになっても、
トータル資産のバランスがいびつになるわけではありません。

 

 

カウンセリングでは、

 

「もしも円高が続いて為替の損がかさんでしまうと、
長期で運用を続けても水の泡になるのでは・・」

 

というご心配もいただきます。

 

が、豪ドル建て個人年金保険ならいざ知らず、

世界株式型のインデックスファンドは、
20以上の通貨に分散され、
そのどれもに対して長期で「円高」が続くとは考えにくいです。

さらに、

実際に為替リスクが実現するのは、
当該ファンドを『解約する』際であり、
これも一度に売るわけではありません。

 

(20年超、ファンドを積み立ててきたように)
おそらく20年超にわたって
少しずつ少しずつ解約を続けることになるでしょう。

 

したがって結果として
円高局面で売るときもあれば、
円安局面で売るときもあると考えるのが自然ではないでしょうか。

(為替リスクという名のブレはある程度抑えられるのです。)

 

 

このコロナ渦で、
日本人の個人金融資産は
1946兆円(3月末時点)まで膨らんでいます。

が、その大半は
まだ『円資産』で占められています。

わたしは根っからの円安論者ですが、
それには理由があります。

それは
多くの日本人が
リスク分散を開始するのは「これから」であるためです。

ちょっと想像してみてください。

 

個人資産1900兆円のうち
たった10%(190兆円分)でも、
将来の不安からリスク分散を図ろうと、
外貨預金や外国株式ファンドなど、
外貨建て資産に資金の「移動」が起きれば、
それは190兆円分の「円売り」「外貨買い」需要となります。

 

日本経済の頭打ち感が顕著になればなるほど、
保有資産の「非円化」は
ある程度のボリュームまで膨らむことになるのではないでしょうか。

大胆な外貨資産の保有が可能になるのも、
「全世界株式インデックスファンド」のメリットのひとつなのです。


〇 関連記事
金融そして時々山
投資マネーの海外流出は一時的な現象ではありません。


カテゴリ:インデックス投資全般

おすすめの記事