投資家の感情リスク

パトリック・リー氏があなたに『東南アジア小型株ファンド』を勧めてきたら・・

2021年6月23日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

人はかみ砕いて論理的に説明されると、
フムフムと頷きます。
(すなわち納得します)

でも「これを買おう!」と行動に移すのはあくまで感情の領域です。

したがって
『煽情的な情報』がしばしば、
人を動かす武器になってしまいます。

 

 緊急出版!!
「何も知らないダメサラリーマンが、
5,000万円を手にした暗号資産☆超マル秘必勝法!

 

とか。

 

以下、本当に
たとえば、の『たとえ話』ですが、

わたしが次のような【話】を真剣にしたら、
あなたはどう思われますか?

※ 以下は「フィクション」です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あのですね、香港で
「東南アジアの小型株」を専門に扱っている
運用会社がありまして。

本社はイギリスにあり、
その運用会社で15年以上ファンドマネージャーをやっている
パトリック・リー氏と、
実はわたしは知り合いなのです。

リー氏はある日、わたしにこう言いました。

 

「ミスターカン。
この『東南アジアハイパーXファンド』は満期が8年だ。

最初の1年は解約不可とさせていただく。

 

でも、満期になるまで保有してくれたら、
アメリカドル建てベースで
年率8%のリターンを【保証】するよ。

どうだい? 最低購入単位は50万円からだ。」

 

あなたはどうお感じになりましたか?

 

A「へえ~、良さそうじゃん。」
B「ちょっとおかしいなあ・・」

 

どっちですか?

 

今、述べた金融商品について、
「良さそうじゃん。イイかも!」と思ったあなた。

一度、思考のでんぐり返りをしてみましょう。

 

 

この先、あなたがどこで
どんな金融商品と出会おうが、
投資の世界ではひとつの『原則』があります。

 

それは・・
『リターンは不確定である』ということ。

 

さっきの、パトリック・リー氏の発言を
思い出してみてください。

この『東南アジアハイパーXファンド』は満期が8年だ。
満期になるまで保有してくれたら、
アメリカドル建てベースで
年率8%のリターンを『保証』するよ。

って言っていますけど、
「保証する」って一体どうやって・・?と思いませんか?

 

英語の格言に、
「If it sounds too good to be true, it probably is.」
というものがあります。
「えっ、これって現実的に考えて良すぎね?」という場合、
だいたいその感覚は当たっているよ。という意味です。

 

 

もうひとつ『出題』してみましょう。

 

〇 あなたなら、以下の3つの『債券商品』の中からどれを選びますか?
(いずれも円建て商品です)
1.5年満期の国債(年利0.1%)
2.トヨタ自動車の5年物社債(年利0.8%)
3.ワタミ株式会社の5年物社債(年利3.3%)
※上記数字はあくまでフィクション(架空)です。

 

今、ワタミの社債に魅力を感じましたか?
(果たして3.を選んで正解なのでしょうか?)

よーく考えてみましょう。

 

債券は約束した利息を
定期的に支給してくれる金融商品です。
万一のことがなければ、貸した元本も「満期時」に返ってきます。

 

えっ、万一のことって?

 

『日本国政府やトヨタやワタミが破綻するケース』です。

そういう意味で
(実は)債券商品も
『リターンは不確定である』と定義できます。

 

たとえば、
ワタミ社債の「年3.3%」という利回りは、
あなたが背中に背負うリスク量に見合っていると思いますか?

数字はあくまでフィクション(架空)ですが、

 

そもそもどうして
ワタミは3.3%という利回りを提示しているのでしょう?

 

 

事業会社がお金を借りる場合、
「銀行」から資金調達するという手もあります。

しかし(もしかして、ですよ)

もしかして、
銀行で5年間の借り入れで、
年2.7%とか3.0%の借り入れ金利が実現できなかったから、
(もしくはそもそも銀行から断られたから)

直接、投資家から借り入れ(社債発行)を行っている?

 

3.3%という高い金利を提示せざるを得ない「事情」が(もしかすると)どこかに存在しているのでは?と、類推すべきでは?

 

~金利の高さとは、リスクの大きさを示しているのです。~

 

いつでも胸の奥で、

「If it sounds too good to be true, it probably is.」

「えっ、これって現実的に考えて良すぎね?」という場合、
だいたいその感覚は当たっていることを覚えておきましょう。

 

 

さて、パトリック・リー氏に戻ります。

今、ドル建てで安全資産とされる
『10年もののアメリカ国債』で
年1.5%程度の利回りしか得られません。

 

このような状況のもと、
どうして年8%の利回り(USドルベース)が、
リー氏が所属する運用会社に
【保証】できるのでしょうか?

 

彼ら/彼女らは、
なにか特別な「魔法の杖」でも持っているのでしょうか?

そんなモノはありません。)

 

先ほど、

 

~満期になるまで保有してくれたら、
アメリカドル建てベースで年率8%のリターンを【保証】するよ。~

 

の『部分』を読んだときに、

あなた自身が日常生活で培った常識、
「健全な懐疑心」のようなものが、

ピピッと反応して
その商品に対して
直ちに『黄色信号』を発しないといけません。

それこそがマネーリテラシーなのです。


カテゴリ:投資家の感情リスク

おすすめの記事