つみたて投資

つみたて投資は人生の変化に対応しやすいシステムです

2021年5月16日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

わたしは、
20代の人が持っている最大の資産は
『時間』だと思います。

「時間が味方に付いている・・」という感覚は
つみたて投資を続けるうえでたいへん重要です。

 

今、日本のネット証券各社は
世界一と云ってもいいくらいの
「投信積立インフラ」を有しています。

毎月100円程度から、銀行口座経由の自動引き落としができますし、
低コストのインデックスファンドの品ぞろえも充実しています。

たとえば一例ですが、
毎月3万円、つみたて投資が出来れば、
1年間で36万円、10年で360万円の投資元本となります。

 

「カンさん。そんなに原資ないですよ!」

 

あっ、失礼。。

20万円の手取りがある人は
その5%の1万円。

14万円の手取りの人は、
(5%の)7000円を、
まずは毎月のつみたて金額の目安にしてください。

もし収入が増えれば、それに合わせて
投資信託への積み立ても増やしてあげればよいのです。

つみたて金額そのものは
あなたの収入の増減によって何度も『変更』して構いません。

 

 

新型コロナウイルスがまき散らした
社会に対する混乱は、
おそらくタイムラグを置いて
日本の社会に影を投げかけてくると思われます。

 

ほんとうに「つらい状況」に陥る可能性があるのは、
数年後ではないでしょうか・・。

 

ですので、あまり無理をせず、
仮に収入が減ったのなら、
それに合わせてつみたて金額も減らす。

万一失業してしまったら、
その間つみたてをお休みする・・。

全然OKです。

 

たとえ積み立てをお休みしても、
それまで積み上げた投資信託の運用は続いているわけですから、
そんなに深刻に考える必要はありません。

短い目標を置くのではなく
できるだけ長い時間スパンで、
おおまかな標(しるべ)を持つようにしましょう。

 

 

また、社会がたいへんな勢いで変化しているため、
少々ヘンな言い方ですが、

今のお仕事だけでなく
『ウラの顔』にも磨きをかけておくべきでしょう。

 

あなたが得意とする、
あなたが興味があってのめり込める「事象」を見つけ、
それを育てることを、
『ウラの顔』を磨くといいます。

 

この際、注意すべきは、
社会のニーズを考えると、□□より、○○を選んだほうが良さそうだとか、忖度をしないこと。

純粋に(わがままに)あなたの興味に従ってください。

 

なぜなら、変化とは不規則に
かつランダムに起こり続けるため、

(表面上)道を踏み外しているように見えて、
2周くらい世の中が回ると、

逆にあなたがやっていることが
大通りに出てきて脚光を浴びたりするからです。←ホントです!

 

 

ところで、
ふつうは新しいことを始めようとすると、

緊張したり「失敗したらどうしよう?」とか考えてしまいます。

つみたて投資の場合、
ぜんぜん緊張する必要はありません。

なにせ、
今月から(たとえば)毎月1万円、
6回投資信託に積立てをしても、
費やすお金は6万円です。

その6万円がまるまる消えてなくなることは、
決してありません。

 

また、つみたて投資では
【出口】は確保されています。

いつでも止めることが出来ますし、
いつでも自分の資産を全額売却して現金化できます。

 

 

万一、あなたが上司と折り合わず
会社を退職してしまったとしましょう。

転職先の会社が見つかるまで
10カ月かかっても、全然かまいません。

体調が悪くなって入院したり、
田舎にUターンして再就職したり、そこで出会いがあって結婚したり、

共稼ぎの時期があったり、
シングルインカムの時期を迎えたり・・。

また、パートナーの親御さんと同居するようになったり、勤務先のシフトを変更したり、

時短で働いたり、またフルタイムで働くようになったり、

親の介護に携わるようになったり、どうしようもなくなって離婚したり、また再婚したり、突如甥っ子の面倒を見なければならなくなったり、

とにかくどんなことが起こっても、

 

『つみたて投資』は、
あなたやわたしの人生の【変化】に対応しやすいシステムなのです。

 

なので、
騙されたと思ってスタートさせてみてください。

ただし、くれぐれもスタート時点で
「これから始めるぞ!」と意気込んだりしないように・・。


カテゴリ:つみたて投資

おすすめの記事