インデックス投資全般

打ち勝つのではなく、ミスをしないこと。チャールズ・エリス氏のことば

2021年1月22日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

もう10年近く前になりますでしょうか。
東京でチャールズ・エリス氏の講演会に参加したことがあります。

氏の存在を世に知らしめたのは
「敗者のゲーム」(Loser’s Game)という有名な論文です。
(その後、書かれた著書にも同じタイトルが振られました)




この「敗者のゲーム」のエッセンスを
エリス氏は妻とのテニスを例に挙げ説明していました。

 

彼女は優秀なテニスプレーヤーですよ。
でも、しきりに「わたしが勝った。わたしが勝った」って言うんです。
まるで、自分が主人公のように・・。

でも、彼女が勝ったのではなく、
わたしが彼女のサーブを取り損なって、
(つまりはわたしがミスをしたから)
彼女に軍配が上がっただけ・・。

ゲームの主人公はわたしだったのです(笑)


資産運用においても、
あなたが誰かに勝つというより、
運用の途上で「いかにミスをしないか」が勝敗を分けるということ。

(⇒要は「負けないゲーム」を心がけることが重要なのです)

 



エリス氏はまた、
行動心理学の話もされました。

〇 わたしは出来る症候群

「わたしなら(市場平均を)
上回るリターンをあげることが可能だ」という、
自信過剰がどんな結果をもたらしているか。

(60%の機関投資家は市場平均に負けている。
個人投資家はもっとひどい・・)

〇 その銘柄なり商品なりを知れば知るほど、
人は過剰な評価をしてしまう

(「親しみ」と「ほんとうの理解」を混同してしまう)


〇 人は直近の出来事に大きな影響を受けてしまう

ほかにも、
売買回転率が100%を超えるポートフォリオを例に挙げ、
無限の選択肢の中から
銘柄のピックアップを行っている実態を説いていました。


いちばん印象に残ったのは、
【重要なのは市場ではなく、私たち自身です。】
ということばです。


市場はこれまでも、これからも、
変わらずわがままに存在し続ける。

大切なことは、
『私たちが』市場に対してどのように振る舞えるのか・・。


エリス氏はまた「スキー」を例に挙げ、

・はじめてスキーをする人は、なだらかな斜面を選びます
・スキーの熟練者は頂上近くから滑り始め、
アップダウンのある斜面を選びますね。

「貴方はあなたにふさわしい
市場との接し方を選ぶべきでしょう」と話されていました。

 



今でも思い出すのですが、
氏の口から、

「(ポートフォリオは)放っておきなさい。」
「インデックスファンドでグローバルに分散するのです。」

「退屈ですよ・・・。」
(↑ご自身があくびのマネをしながら言われていた!)

のような言葉を聞くにつれ、
わたし自身「投資スタイルの原点」を
再確認しているような気持ちになったものです。


真に優れた人は、その主張にブレがありません。
それは荒野に生える葦のようです。

頑なという意味ではなく、
日常の些細な例を挙げながら、
同じことを幾通りものパターンで平易に説明できる人なのです。

シンプルさは決して単純ではなく、高みに咲く華なのですね。


カテゴリ:インデックス投資全般

おすすめの記事