ポートフォリオ運用

『教育資金』はつみたて定期とつみたて投資のハイブリッドで準備する

2020年9月22日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

「ワタシってけっこう真面目」と思う人、
ちょっと右手を挙げてみてください。

きちんきちんと『目的別』に
お金の増やし方を分けたほうが心地よいと感じる人・・?

『教育費』の準備のためには、
○○(金融商品)を買っておこう。

『△△△』用には
□□(金融商品)を購入しよう。


・ライフイベントごとで、
・保有する金融商品を
・分けて考えてもらうことで、

いちばん得(とく)をするのは「誰」だと思いますか?


金融業界ですね(^^)

(それだけ接触機会が多くなり、
紹介できる商品の数が増えるためです)

 




そもそも、
お金に「色」はないわけですから、
仮にあなたがリスクを負える人なら、

別に、
『一家族単位で』
万能型の、ひとつのポートフォリオ』を作ってもよいわけです。


「これが吉田家のポートフォリオです・・」とか。


その「ポートフォリオ」の目的は?

〇 主には「リタイア後の資金準備」。
○ 途中、家の「リフォーム資金」で一部使うかもしれません。

〇 途中「教育資金」として、
一定期間にわたり、ポートフォリオから一部引き出しもします。


で、ぜんぜんOKなわけです。


ただし、教育資金はおおむね
「必要になる時期」が決まっていますから、
(高校、大学を想定)

投資信託のみで準備をしようとすると、
資産のアップダウンが大きくなってしまいます。

(たとえば娘さんが大学入学する年に、
株価が急落する可能性もあるわけで・・)

 




したがって『教育資金』の準備は・・

・半分は「投資信託」から
・半分は「預金」からという、
『ハイブリッド型』がちょうどよいのではないでしょうか。


たとえば、
〇 つみたて定期       1万円/月
〇 つみたて投資(投資信託) 1万円/月

みたいに・・。

(上記15年間で元本が「360万円」になります)



また、小学校、中学校は
「公立」と割り切ることが出来れば、

基本、中学卒業までは年間の「収支」の中で
教育関連費は賄うことが可能になります。

換言すれば?

高校以降の入学金や授業料について
まとまったお金を準備すればよいわけですから、

今年オギャーと生まれた赤ちゃんなら、
運用において15年という「時間の利益」を獲得できますね。


もちろん親御さんとして、

教育インフラを整えてあげたい、
(金銭的に)最大限のことをしてあげたい、
という気持ちはよーく分かります。

しかしです。

教育費の出費で
お財布のガマ口が大きく開いたままになり、
リタイア後の生活資金の準備』がおろそかになってしまったら・・


(それはそれでけっこう深刻な問題です。)


(そもそも)私たちは
より近いイベントへの出費を、より遠いイベントより
「重視」してしまうバイアスを持っています。


このような感情リスクを意識しながら、

リタイア後の資金ニーズと
教育資金と
(もしかしたら住居関連費を、)

冷めた目で「振り分ける」必要があるでしょう。

(もちろん、教育費の一部は奨学金で賄う、
という考え方もアリです。)


ところで、
教育資金の準備でよく言われるのが
「ジュニアNISA」です。

利益に対して非課税という恩恵はもちろん大きいのですが、

(すでに制度の廃止が決まっているため)
あなたが資金投入できるのは、

今年(2020年)を含め、
2021年、2022年、2023年の「計4年間」のみです。

年間の限度額は80万円です)


仮に、教育資金用のお金が
すでに「数百万円」手元にあるなら、
ジュニアNISAを利用する手もありでしょう。

しかし、毎月少額でも、
長く「つみたて」を続けていくおつもりなら、

投資信託の窓口は『特定口座』で、
以下一例ですが、

〇 つみたて定期       1万円/月
〇 つみたて投資(投資信託) 1万円/月

のようなイメージでつみたてを続けるのが良いのでは・・。

 



 

一家族単位で
シンプルなひとつのポートフォリオ』を目指すなら、
別にお子さん名義にこだわる必要はありません。

投資信託に関しては
ご両親の名義でつみたてを行い、

たとえば月4万円のファンド積み立てのうち、

〇 教育資金用     1万円/月
○ リタイアメント用  3万円/月 と

お気持ちの中で振り分けをすればよいわけです。


(もちろん、未成年口座にして、
お子さんの名義でつみたて投資をしてあげても構いません)


あなたが『ご一家』として行う
投資信託のつみたての【一部】を、

教育資金に充てると割り切れれば、
資産管理はとってもシンプルになりますよ。

そして実は、
いくらでも資金の積み上げが出来て、
柔軟につみたて金額の調整が出来て、

またいつでも好きな金額ベースで、
追加でファンドを購入したり、
任意にファンドを売却したりできるのは・・

『特定口座』(ふつうの課税口座)なのです。



わたしは、
iDeCo、つみたてNISAからつみたて投資を始める人でも、
「特定口座」からのつみたても準備しておくべきだと思います。


カテゴリ:ポートフォリオ運用

おすすめの記事