確定拠出年金(iDeCo・企業型)

三菱UFJプライムバランス(8資産)(確定拠出年金)から見えてくる、DC専用ファンドの情報開示のちぐはぐさ

2020年9月18日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

突然ですがあなたは、
『三菱UFJプライムバランス(8資産)(確定拠出年金)』というバランスファンドをご存じですか?

多くの方は「いいえ」だと思います。

なぜなら当該ファンドは
「確定拠出年金(DC)専用ファンド」であるためです。


この『三菱UFJプライムバランス』は
ひとつの「シリーズ」をなしており、

「安定型」
「安定成長型」
「成長型」
「8資産」の4本が存在します。


「あー、そういうの、なんかあったな。」と感じた方はおそらく、
企業型の確定拠出年金(企業型DC)に加入されている人では。

わたしは、
『三菱UFJプライムバランス(8資産)(確定拠出年金)』など、
悪くないバランスファンドだと思っています。

資産の分散もしっかりしており、
株式に関しては国内・外国の比率もいびつではなく、
運用管理費用も年0.352%と低廉です。

 

画像元:三菱UFJ国際投信

 



ところで、
『プライムバランス(8資産)』の各種情報掲載ページを見ると、

 



画像元:三菱UFJ国際投信


何かが足りないですね?

そう、「月次の運用レポート(最新の月報)」が載っていないのです!

ココ、運用会社さんの怠慢だと思います。


(なにも三菱UFJ国際投信だけではありません。

ほとんどの運用会社では、
DC専用ファンドの情報開示において、
「運用レポート」の掲載を怠っています!)


ちょっと目を転じてみましょう。
7月末現在、企業型DCに加入する人は749 万5000人です。

そのうち、
投資信託を実際に買っている人が4割位しかいないとしても、
その数はおよそ300万人。


そのうち、バランスファンドを買っている人は
3割くらいしかいないと見ても、約90万人。

そのうち、
わずか2%の人が、
『三菱UFJプライムバランスシリーズ』の、
いずれかのバランスファンドを積み立てているとしても、

その数は18,000人です。


ちなみにわたしは仕事柄、これまで百例以上の
企業型DCの『商品ラインナップ表』を拝見してきましたが、

『三菱UFJプライムバランスシリーズ』は
もっとも頻度高く拝見したバランスファンドのひとつです。


何が言いたいかというと、
自社の商品(ファンド)を買ってくれている人が相当数いるはずなのに、

(銀行や証券会社を通じて購入する投資信託では)
「最新の月報」を掲載しつつ、

確定拠出年金専用ファンドではそれをしなくてもよい。
という論法はないですよ!ということ。

 

 

運用会社さん、
DC専用ファンドでも、きちんと『運用レポート』を載せてください!


正直、
企業型DCを通じて投資信託と出会っている人は、
とても「細い糸」なのです。

「細い糸?」

そうです。

 



 

その人と、投資信託は
なんとか「つながっている」状態ではありますが、

そもそも自分から望んで
投資信託に興味を持ったわけではありませんし。

なんか企業型DCみたいな制度があるみたいだから、
せっかくだから「運用」というものにもトライしてみようかなと、

ぼんやり『前向き』という名の看板を見上げている状態かもしれません・・。


そういう人たちが、
分からないながらも、
時系列で、かつ定期的に、

投資信託の知りたい情報について閲覧できるのが、
何を隠そう「運用レポート(月報)」なのです。


わたしは運用レポートこそ、
投資信託における「最重要コンテンツ」と思っています。

最新の、ファンドが組み入れる各資産の割合、
最新の、ファンドが組み入れている銘柄、

ファンドの基準価格と純資産額の傾向、
その他諸情報の確認のために、

最新の月報(運用レポート)が見られるか否かは、
一介の、ファンド保有者にとって『死活問題』なのです。

 



 

さて、お話はまったく違う方向に向かいますよ。

先ほどの
『プライムバランス(8資産)』の情報掲載ページを再見すると、




画像元:三菱UFJ国際投信

あれ?

担(PDF)という項目があって、
『運用担当:インデックス運用部』と書かれてあります。

なんとここには、
『三菱UFJプライムバランス(8資産)(確定拠出年金)』の、

運用担当者に係る事項として、
当ファンドの運用に関わる
運用者(責任者)の『名前』まで掲載されているのです!

 




画像元:三菱UFJ国際投信


恥ずかしながら、わたくし今まで見落としていました。。

これって、
一般の投資信託、
つまり、ふつうに銀行や証券会社を通じて購入する、

たとえば、
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の情報掲載ページには、





画像元:三菱UFJ国際投信


載っていません。

なんだか「ちぐはぐ」ですね・・。


三菱UFJ国際投信さん、
逆に、『運用担当:・・』のような貴重な情報は、

DC専用ファンドに限らず、
すべての投資信託について
積極的に情報開示をお願いします!

(あっ、もちろん他の運用会社さんも、ぜひぜひお願いします!)

 


カテゴリ:確定拠出年金(iDeCo・企業型)

おすすめの記事